6月11日 聖日礼拝

コリント人への手紙 第2 4章 7~16節
「内なる人は日々新た」
          緑バプテスト教会 河野勇師

クリスチャンはなにを目指して生きているのでしょうか。
クリスチャンでなくても立派な人はたくさんいます。
クリスチャンか否かで、目指すものが違います。

ゴールデンウィーク中に長野県の小布施に行ってきました。
そこには葛飾北斎美術館があります。
富岳三十六景や赤富士がとても有名です。
その作品はヨーロッパまで持って行かれ、多くの芸術家や音楽家にインパクトを与えました。
ドビュッシーの「海」は、富岳三十六景の波の絵から影響を受けていると言われています。
では、なぜ小布施に美術館があるのでしょうか。
北斎は86歳から4年間そこにいたからです。
当時はすでに人気は落ち目でした。
広重のほうが有名でした。
北斎はもう版画は造らず肉筆で絵を残しています。
町の祭り屋台の天井画として龍と波の絵を描きました。
彼は89歳になって江戸に行き、90歳で亡くなりました。
93歳の頃の彼の言葉がミュージアムに残されていました。

「私は6歳より物の形状を写し取る癖があり、50歳の頃から数々の図画を表した。とは言え、70歳までに描いたものは本当に取るに足らぬものばかりである。(そのような私であるが、)73歳になってさまざまな生き物や草木の生まれと造りをいくらかは知ることができた。ゆえに、86歳になればますます腕は上達し、90歳ともなると奥義を極め、100歳に至っては正に神妙の域に達するであろうか。(そして、)100歳を超えて描く一点は一つの命を得たかのように生きたものとなろう。長寿の神には、このような私の言葉が世迷い言などではないことをご覧いただきたく願いたいものだ。」

という内容です。
北斎は奇人とも言われましたが、彼の人生を考えてみると、だれにもまねできない見事な絵を描き、金も残り、名も永遠に残ることでしょう。
しかし、どんなに作品が素晴らしく、名を残しても、90まで生きてそれで滅ぶとしたら、空しいのではないでしょうか。
私はなにも作れないし、名も残さないでしょう。
100年経ったら、私の名を覚えている人はいないでしょう。
では、人はなにを目指して生きているのでしょうか。
人生には何の意味もないのでしょうか。

地上の人生は、人生の終わりで無になるのではありません。
イエスの復活にあずかり、天国に入れられるという約束があります。
地上の人生で終わりではありません。
では、なにを目指すのですか?

先週はペンテコステでした。
過ぎ越の祭りにイエスは十字架に掛かり、三日目によみがえり天に帰られ、ペンテコステに聖霊が下りました。

「私たちは、この宝を、土の器の中に入れているのです。それは、この測り知れない力が神のものであって、私たちから出たものでないことが明らかにされるためです。」4:7

「土の器」とパウロは言います。
その中に宝を入れていると。
私たちには「復活の命」があります。

「私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。いま私が肉にあって生きているのは、私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです。」ガラテヤ2:20

キリストが私のうちに生きている、ということは、私の内に聖霊がおられるということです。
今までの、「土の器」としての命ではありません。
また、聖書のある箇所では私たちの体は神殿であるとも書かれています。
つまり、聖霊が住まわれる神殿です。
人間は、元々そのように造られていたのに、土の器になってしまいました。
そして、キリストによって再び神殿になったということです。
パウロは死ぬような目にあったり、迫害されたこともありました。
また、病にあっても打ち倒されることはありませんでした。
それは神が中におられるからです。

「それは、主イエスをよみがえらせた方が、私たちをもイエスとともによみがえらせ、あなたがたといっしょに御前に立たせてくださることを知っているからです。」4:14

人生はいつかは終わりますが、復活します。
そのときどうなるのでしょうか。
「御前に立たせて」くださいます。
ある人はその時を怖がります。
神が裁判官で、私たちの失敗を言われるというイメージです。
しかし、ここには「御前に立たせて」くださると書いてあります。
「引っ張り出される」とは書いてありません。
生きているときにしたひとつひとつの良いこと、奉仕、祈り、全てを、イエスが明らかにして褒めて下さるのです。
表彰式と行ってもいいでしょう。
怖がる必要はありません。
イエスは私たちを御前に立たせ、全てを見せて下さり、よくやったと褒めて下さいます。
だから、クリスチャンは神に仕える働きをし始めます。
人生をイエスの為に遣いたいと思って奉仕します。
たとえ結果が出なくても。

「ですから、私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる人は日々新たにされています。」4:16

パウロはそれを知っているから勇気を失いません。
内なる人は日々新たなのです。
主は、クリスチャンになって、どういう人間になったかをごらんになります。
外と内。
「外」とは、クリスチャンになる前の自分です。
「内」とは。イエスを信じて与えられた新しい自分。
新しい命です。
地上の人生は「助走」です。
復活殻が本当の人生です。
地上の人生は本番につながっています。

「新しい」という意味の言葉がギリシャ語にはふたつあります。
ネオスνέοσは、新しいけれどもすぐに古くなり始めること。
カイノスκαινóσは異質の物を表します。

私たちは栄光から栄光へと変えられていきます。
御霊が地上の人生のうちから、そうして下さいます。
天国に行くということは、キリストに似たものになっていくという意味です。
天国に入るのにふさわしい人にとっては、天国は幸せな場所です。
そうでない人にとっては幸せではなく地獄でしょう。
イエスの救いは、人間性を作り替えて天国にふさわしい人間にして下さるというアフターケアまでして下さいます。
聖霊はすでに始めて下さっています。
地上で完璧にはなれませんが、天に迎えられたときには完璧にされます。
やがて新しい世界の一部になるものを、もう作りかけておられます。
もう今から始まっています。
私たちは天国にすでに参加しています。
地上の評価も悪いことではありません。
が、神の国の一部として完成に参加することになると言うことを忘れずに生きましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ステファニー

Author:ステファニー
プロテスタントのクリスチャンです。
佐藤たけるさんおたくです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザータグ

るろうに剣心 イベントレポ 天皇の料理番 バクマン。 セカネコ PFフライヤーズ 鶴瓶の家族に乾杯! 2010カレンダー 真田丸 何者 懸賞 あさが来た 知多 超ネプの法則 Q10 ピンポン 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
//折りたたみ