8月20日 聖日礼拝

テトスへの手紙 2章1~6節
「若者へのススメ」
       KGK副総主事 吉澤慎也師

私が副総主事を務めているKGKは、超教派の学生への宣教団体です。
主に大学生に宣教しています。

「しかし、あなたは健全な教えにふさわしいことを話しなさい。
老人たちには、自制し、謹厳で、慎み深くし、信仰と愛と忍耐とにおいて健全であるように。
同じように、年をとった婦人たちには、神に仕えている者らしく敬虔にふるまい、悪口を言わず、大酒のとりこにならず、良いことを教える者であるように。
そうすれば、彼女たちは、若い婦人たちに向かって、夫を愛し、子どもを愛し、
慎み深く、貞潔で、家事に励み、優しく、自分の夫に従順であるようにと、さとすことができるのです。それは、神のことばがそしられるようなことのないためです。
同じように、若い人々には、思慮深くあるように勧めなさい。」
2:1~6

今日の箇所は、年老いた人や婦人にこう勧めるようにと、クレテ教会の牧師であったテトスに書いた手紙です。
6節には若い人への勧めが書かれています。

「同じように、若い人々には、思慮深くあるように勧めなさい。」

私はKGKでクリスチャンの学生と関わることが多いです。
その時に「思慮深くあるように」という言葉を大切にしたいと考えています。
「教会に若者が少ない」とか「いない」とかいうことが言われています。
日本の社会は高齢社会であって、教会でもそれは同じです。
次世代を担う若者を育てていくこと、明日の教会を担う人を育てることが、課題のひとつとなっています。

クリスチャンの青年に対して、教会はどのようなススメをしていったらよいのでしょうか。
教会は彼らに、どのようなクリスチャンになってほしいと願うのでしょうか。
「中高生」ではなく、10代後半から20代前半のクリスチャン学生に対して、どのように勧めたらよいのでしょうか。
大学時代は大人への移行期です。
自立に向かう時期であり、未決定な時期です。
なにが決まっていないのか、というと、「仕事・配偶者」というような人生に大きな影響を及ぼすものが決まっていないのです。
それを決めていくのが学生時代です。
人生の重大なことをこれから決めていかなければならない時期。
だからこそ、思慮深くあるようにすすめたいのです。
「思慮深い」とは「深く物事を考える様子」です。
他の箇所では「慎み深く」とも訳されている単語です。

パウロはテトスに、「異端やニセ教師に対抗するための勧め」としてこの手紙を書きました。
当時異端やニセ教師が教会に入り込んでいました。

「実は、反抗的な者、空論に走る者、人を惑わす者が多くいます。特に、割礼を受けた人々がそうです。
彼らの口を封じなければいけません。彼らは、不正な利を得るために、教えてはいけないことを教え、家々を破壊しています。」
1:10,11

このような人々が教会の中にいたのです。
それに惑わされないようにと、パウロは教えました。

異端に流されて離れていった人々はこのような人々でした。
① 非本質的なことに心を奪われ、知性が腐っている
② 正しい良心をなくしている
③ 譜敬虔な生活をしている
こうならないように、「思慮深く」なるよう勧めているのです。

すなわち、「思慮深さとは」
① 知性を失わないこと
② 良心を失わないこと
③ 敬虔さを失わないこと
です。
これらが、次代育成のキーワードです。
健全な心を持って、自制心のある生活をすること=セルフコントロールです。
ノリや勢いや世の価値観、欲望に流されないことです。

思慮深く生きる生き方にはなにが必要でしょうか。
自分と向き合う強さ。
自分の内にある罪をしっかり見つめる強さ。
欲望をコントロールするしなやかな強さ。
「自分がやりたいことをするのが一番いい。自分らしく生きたい。そうすれば幸せになれる」
それを全否定するつもりはありませんが、信仰は、自分の願いを遮ってでも神に従うことを要求するものです。
「やりたいようにする」のが本当の自由とも限りません。

思慮深さに欠けると、良心をなくします。
善悪を判断するセンスが欠けます。
神への恐れをなくします。
信仰と生活を切り離した歩みに陥ってしまいます。
「教会での日曜日の世界」と「平日の世界」
「キリスト教の世界」と「それ以外の世界」
それぞれ別のこととして捕らえてしまうようになります。
あるとき、教会の若いクリスチャンの女性と話していて「今まで恋愛の事を祈ったことはありませんでした」と言われました。
「そういうことも祈っていいんですね」と。
また、「学校にいる自分を、教会の人に見られたくない」と告白する若者もいます。
いつもと違う自分がそこにいるからです。

若者を励ますために必要なのは、私たち大人自身が思慮深くあることです。
私たちがクリスチャンとしてどう生きているのか、若者はちゃんと見ています。
若者がクリスチャンとして生きていきたいと思うのは、思慮深く生きていこうとしている大人を見た時です。
世に流されまいと奮闘している、本気の大人に接する時です。

私は若者が成長する姿を見てきました。
そのプロセスには他のクリスチャンとの出会いがあります。
「こんなクリスチャンが本当にいるんだと驚いた」
「本物のクリスチャンを見た気がします」
といった、よいモデルとの出会いがあるのです。
教会にはよいモデルが必要です。
立派でなくても、カッコよくなくても、本気でもがいているクリスチャンです。
職場や家庭で奮闘している大人がそこにいるという、存在そのものが励ましとなります。

若者が変えられていく姿を見るのは喜びであり特権です。
ここに教会の未来・教会の明日があります。
若者に勧めながら、自分も思慮深く生きていきたいと思います。

最後に、「慎み深い」ことについて書かれている聖書の箇所を読みます。

「私は、自分に与えられた恵みによって、あなたがたひとりひとりに言います。だれでも、思うべき限度を越えて思い上がってはいけません。いや、むしろ、神がおのおのに分け与えてくださった信仰の量りに応じて、慎み深い考え方をしなさい。」ローマ12:3

「万物の終わりが近づきました。ですから、祈りのために、心を整え身を慎みなさい。」ペテロⅠ 4:7

キリストの体なる教会を建て上げるという文脈の中で使われている言葉です。
スポンサーサイト

8月13日 聖日礼拝

ヨハネの福音書 14章6節
「真理は呼ばわる」
   クライストコミュニティチャーチ 北九州チャペル
三木健師

「イエスは彼に言われた。『わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。』」ヨハネ14:6

2年半前にもここでメッセージをしました。
きのうまでキャンプでした。
10年前にも中部に来たことがあるのですが、当時まだ若かった方が今回ベテランスタッフとして働いていることに感動しました。
私は大阪生まれの兵庫育ち。
武庫之荘で救われました。
服部先生と共に協議会の役員をしていました。

さて、毎年年末に話題になることがあります。
「新語・流行語大賞」です。
この賞は「自由国民社」という出版社が主催しているそうです。
昨年の大賞はなんだったか覚えていますか?
「神ってる」でした。
クリスチャンとしては微妙な言葉ですが。(笑)
広島カープの神がかり的な快進撃を言い表しています。
この「流行語大賞」はいつからやっているのでしょうか。
調べてみると、1984年が最初で、その時の大賞が「おしんドローム」。
当時NHKの朝ドラで放映されていた「おしん」が社会現象になったのです。
私はその頃浪人中で、それも二浪目。
さすがに親にこれ以上負担はかけられないと思って「宅浪」していました。
なので、朝は「おしん」を見るのが日課でした。
昼は「いいとも」を見てから、1時から5時まで勉強することにしていました。
「流行語大賞」のサイトにはリストがあります。

このように世相を表す言葉を選ぶのは日本だけではありません。
イギリスのオクスフォード大学出版局は、世界中を見渡して、毎年言葉を選んでいます。
では、2016年はなんだったのでしょうか。
それは、post truth。
日本語にすると「ポスト真実」。
ポストというのは、郵便ポストのことではありません。
「~の後の」という意味の言葉です。
たとえば「ポスト安倍」といえば、「安倍に続く次の人物」ということです。
つまり「真実の後」「真実以降」という意味になります。
実は、この言葉は新しい物ではなく、1990年代前半に生まれたものです。
昨年、この言葉が意味する世の中になってしまったことを表すふたつの大きな出来事がありました。
ひとつはイギリスのEU離脱を決める国民投票。
もうひとつはアメリカでのトランプ勝利。
イギリス国民の多くがEU離脱を選んだひとつの大きな理由は、「損得資産」を信じたことでした。
ところが、後になってその資産がまちがっていることが分かりました。
また、クリントンとの選挙戦で、クリントンが人身売買に関わっているといううわさが流れ、それが影響したことは間違いありません。
それはうわさにすぎなかったのですが。
これらの出来事は、「真実が大切にされない時代がやってきた」ことを示しています。
真理で人が動く時代ではない事への嘆きが、そこにあります。
かつて言われた「ポストモダン」は、「真理はひとつとは限らない」ということを示していました。
現代の「ポストトゥルース」は、「真理はどうでもいい」という意味です。

みんながそうなった、ということではないと思います。
人間には心理を求める心があることの裏返しなのではないかと思うのです。
求める心はあっても、求めにくい時代になってしまった。
いわば「ツンデレ」の時代なのかもしれません。
また、求めただけムダだと思わざるを得ない世の中になってきています。
「真実はある」ということを私たちは知っています。
真実がなくなったわけではありません。
ただ、真実がないがしろにされやすくなっているのです。
金正男氏の暗殺事件の結末はどうなりましたか?
本国による暗殺か。
本国による暗殺と見せかける謀略か。
闇の中です。
それでも必ず真実はあるはずです。
わからないだけで。

どんな人にとっても大切な真理があるのに、人はそれに対しても同じ態度をとります。
「真理の押しつけはやめてくれ」
「益をもたらさない真理はいらない」
そして、真理を主張する人は笑われます。
宗教の基盤こそ真理です。
現代は、真理に挑戦状を突きつける時代です。

イエスは、

「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。」14:6

と表明しました。
2,000年前に、父なる神に行き着くためには「私」しか道はないのだと。

「もしあなたがたが、わたしのことばにとどまるなら、あなたがたはほんとうにわたしの弟子です。
そして、あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。
」ヨハネ8:31,32

とも言われました。
イエスは堂々と言い放ちました。
本物か、気が狂っているのか。
詐欺師かペテン師か。
自分を「救世主」扱いする人物は歴史上にたくさんいます。
近年ではサリン事件を起こした教祖がいます。
人々は狂人に魅力や力を感じることもあるかもしれません。
イエスは「人間」でした。
「人間」が、「自分は真理、命、道である」と言うのを目の当たりにしたらどうでしょうか?
「何だこいつ?うさんくさい」
と思うのではないでしょうか。
こいつの嘘をあばこう、とするのではないでしょうか。
しかし、人々はイエスを信じるしかなくなっていきました。

昔の人々は無知だったのでしょうか。
今の知識は過去の人々の知恵の上に立っています。
この世界には今こそ真理が必要です。
人の生きる価値を、世界は求める叫び声を上げています。
ここに真理があります。
ここ以外にはありません。
時代に流されずに、イエスとみことばに希望を置いて、
「だが、真理はイエスにある」
と叫びたいのです。

8月6日 聖日礼拝

創世記 39章 1~9節
「主が共におられる祝福」
        大治福音自由教会 服部真光師

このヨセフという人は、聖書の中でも最も有名な人です。
奴隷としてエジプトに売られてから、大臣にまでなった人。
一見すると成功物語と読めます。
しかしそう読むと、聖書が語るメッセイー時を聞き逃してしまいます。
神のみこころを教えるためにこの物語が書かれていることを忘れてはいけません。
ヨセフのようなことは私の人生にも起こりうることです。
「私にはこんな事は起こらない」と思いますか?

この話には4つの場面があり、今日学ぶのは2つめの場面です。

①兄たちと共に過ごした時代:ヨセフびいきの父ヤコブのせいで、兄たちのひがみから殺されそうになるが、命拾いして奴隷としてエジプトへ売られる

②ポティファルの家の僕として仕えた時代:主人から目を留められ、用いられて全財産を管理するようになる

③ポティファルの妻の誘惑から陰謀、投獄へ:獄中で長から目を掛けられ囚人を管理する仕事に就き、囚人の夢を解き明かしたお返しに王への進言を頼むが忘れられる

④王の夢:王が解き明かす人を求めたときに、元囚人がヨセフのことを思いだし、解放され、やがてエジプト全土を管理する大臣に

「神が共におられたら、人生全てが思い通りになる」
そうでしょうか?

「主がヨセフとともにおられたので、彼は幸運な人となり、そのエジプト人の主人の家にいた。」39:2

ヨセフを通して、ポティファルは祝福されました。
それなのに、偽証で訴えられて牢獄に入りました。
それも「神が共におられたから」です。
うまくいった話だけに心を留めて、悪いことには目をつぶるのはいけません。

ペテロはイエスを「キリスト」と認め、告白しました。(マルコ8:27~)
それに応えてイエスが十字架の予告をされると、ペテロは「そんなことはありえない」と、イエスをいさめ始めました。
祝福と苦難は表裏一体です。
その両方を受け入れてこそ神のご計画を受け入れることになるのです。

ヨセフの生涯を振り返ってみましょう
・父の愛→
・兄弟からの憎しみ→
・ポティファルの信頼→
・ポティファルの妻の逆恨み→
・監獄での重用→
・約束を忘れられる→
・解放され大臣に→
・飢饉の時、父ヤコブ一家の移住→
・イスラエル人の繁栄

主は、イスラエルの一族を救うために、ヨセフを導いていかれました。
ヨセフの生涯には、痛みや苦しみがありました。
祝福があっても、一瞬で崩れ落ちていきました。
それでは、「神が共におられる祝福」とは何なのでしょうか?
「全てが順調にいくこと」でないことは確かです。

「彼の主人は、主が彼とともにおられ、主が彼のすることすべてを成功させてくださるのを見た。」39:3

ヨセフの主人も、主が共におられ、成功させて下さるのを見ました。
「主が共におられる祝福」とは、「神が私の思い通りにして下さる」ということではありません。
それでは神が「私たちの僕」になってしまいます。
私たちこそが神の僕です。
「○○してください」と全て神さま任せにして、私はなにをするのでしょう?
自分に任された持ち場、立場で、自分に与えられた機会や能力を最大限に発揮して、御心が行われようにするのです。

ヨセフの賜物は何だったでしょうか。

①夢の解き明かし
出来事の意味を説き明かす力。
 神のメッセージを読み取ることができました。
 なぜでしょうか?
 信仰があったからです。
 
「ふたりは彼に答えた。『私たちは夢を見たが、それを解き明かす人がいない。』ヨセフは彼らに言った。『それを解き明かすことは、神のなさることではありませんか。さあ、それを私に話してください。』」40:8

 神の言われることをそのまま受け入れる、素直な信仰を、ヨセフは持っていました。

②管理する力
 ヨセフはどこに行っても、与えられた賜物を生かして、誠実に事を行いました。

神は一人一人に賜物を与えて下さっています。
どこでも,どこの場面でも、それをしっかり生かすとき、その場に神の祝福をもたらします。
それはヨセフだけではありません。
ヨセフの父ヤコブ、その父のアブラハムにも、

「あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。地上のすべての民族は、あなたによって祝福される。」12:3

と主は約束されました。

「それぞれが賜物を受けているのですから、神のさまざまな恵みの良い管理者として、その賜物を用いて、互いに仕え合いなさい。
語る人があれば、神のことばにふさわしく語り、奉仕する人があれば、神が豊かに備えてくださる力によって、それにふさわしく奉仕しなさい。それは、すべてのことにおいて、イエス・キリストを通して神があがめられるためです。栄光と支配が世々限りなくキリストにありますように。アーメン。」
1ペテロ4:10,11

主は私たちにも与えて下さっています。
「与えた」と断言されています。
「それは何でしょうか?」と尋ねればよいのです。
それに目を留めて、うまくいくときも行かないときも用いて、私の周囲を祝福していく。
そのような信仰の理解を持った人は、神が共におられる祝福を感じることができます。

「あなたがたは、世界の光です。山の上にある町は隠れる事ができません。」マタイ5:14

主は私を通して私の周囲も祝福しようとしておられるのです。

7月30日 聖日礼拝

ピリピ人への手紙 2章 19~30節
「パウロと仲間たち」
              村井義信伝道師

西教会に招かれるのは1年半ぶりです。
いつもどこかケガをしていて、五体満足でここに立った覚えがありません。
今は50肩で腕が上がりません。
今回は、春日井教会の鈴木先生の代わりに来ました。
鈴木先生はいわば私の師匠であり、私は弟子に当たります。
鈴木先生は今、脳梗塞、胃潰瘍、十二指腸潰瘍を患って療養中です。
春日井教会のためにもお祈り下さい。
私は今も恵泉会の役員として関わっています。
恵泉会はもうすぐシャロームカフェが社会福祉施設への変更手続きが終わり、移転する予定です。
私自身は、現在名古屋福音自由教会の協力伝道師です。
微力ながら「きょうりょく(強力)」伝道師という…(笑)
故郷の平戸にあるナザレン教会で奉仕することもありますし、来週は尾張旭教会に行く予定です。
悠々自適。
「寅さんみたい」と言われることもありますが、そうでもありません。

さて、ピリピ人への手紙は、「喜びの手紙」という副題がつくような手紙です。
ローマの獄中で、パウロが喜べるような状態ではなかったのですが。
その手紙を届けたのがエパフロデトです。
彼はピリピ教会の役員で、ピリピの教会からパウロに資金援助をしました。
パウロは献金に頼らず、天幕作りをしながら伝道していました。
唯一献金を受け取ったのが、このピリピ教会からでした。
パウロにとってピリピ教会は特別な教会でした。
パウロは第二回伝道旅行でこの地を訪れ、教会を作りました。
福音書を書いたルカはここの出身です。
初代教会の中で、最も健全な信仰を持っていたと評価されています。

教会は神の家族、キリストの体などと例えられます。
それぞれ、教会の性質を表現しています。
それは、クリスチャン同士の関係のありかたも表しています。
では、パウロ・テモテ・エパフロデトの3人の関係を学んでいきましょう。

「しかし、私もあなたがたのことを知って励ましを受けたいので、早くテモテをあなたがたのところに送りたいと、主イエスにあって望んでいます。
テモテのように私と同じ心になって、真実にあなたがたのことを心配している者は、ほかにだれもいないからです。
だれもみな自分自身のことを求めるだけで、キリスト・イエスのことを求めてはいません。
しかし、テモテのりっぱな働きぶりは、あなたがたの知っているところです。子が父に仕えるようにして、彼は私といっしょに福音に奉仕して来ました。
ですから、私のことがどうなるかがわかりしだい、彼を遣わしたいと望んでいます。」
2:19~23

<パウロとテモテ>
20節の「同じ心」は19節の「励ましを受けたい」と同じ言葉です。
親友の間で使う、深い友情を笑わす特別な言葉です。
テモテへの信頼の強さと友情を表しています。
22節からはキリストの福音のために「いっしょに奉仕してきた」仲間であること、互いに尊敬し合っていたことがわかります。

「しかし、私の兄弟、同労者、戦友、またあなたがたの使者として私の窮乏のときに仕えてくれた人エパフロデトは、あなたがたのところに送らねばならないと思っています。
彼は、あなたがたすべてを慕い求めており、また、自分の病気のことがあなたがたに伝わったことを気にしているからです。
ほんとうに、彼は死ぬほどの病気にかかりましたが、神は彼をあわれんでくださいました。彼ばかりでなく私をもあわれんで、私にとって悲しみに悲しみが重なることのないようにしてくださいました。
そこで、私は大急ぎで彼を送ります。あなたがたが彼に再び会って喜び、私も心配が少なくなるためです。
ですから、喜びにあふれて、主にあって、彼を迎えてください。また、彼のような人々には尊敬を払いなさい。」2:25~29

<パウロとエパフロデト>
エパフロデトはピリピ教会の指導者でした。
パウロの世話をしている間に病気をしたようです。
パウロは彼を「兄弟、同労者、戦友」と呼んでいます。
そして、二人は命がけでキリストの仕事のために働きました。
信頼、友情、尊敬によって結ばれている関係であり、心がひとつになっていました。
私にもそのような友がいます。
故郷にいた頃、夏休みになると海へ出て、サザエやアワビを捕りました。
1kg80円でそれを買い取ってくれるので、毎日20kgぐらいは捕って過ごしました。
そのころの友人が今大府と岡崎にいます。

「兄弟愛をもって心から互いに愛し合い、尊敬をもって互いに人を自分よりまさっていると思いなさい。」ローマ12:10

なにがあっても味方になってくれる。
喧嘩をしても「兄弟でなくなる」ということはありません。
キリストの仕事をしている同労者です。

宗教改革者カルヴァンは「ふたつの天職」という言葉を使いました。
「会社の仕事が忙しくて教会では奉仕できなくて申し訳ない」という人がいます。
しかし、生活のための仕事である「職業」は神から与えられた天職である、とカルヴァンは言いました。
その仕事を通して、福音の仕事をしているのだと言うことを忘れてはいけません。
その意味で、全てのクリスチャンはフルタイムの奉仕者なのです。
キリストに派遣されて、その場に遣わされているのです。
飲むにも、食べるにも、なにをするにもキリストのためにしている。
その自覚が大事です。
働く人は、精一杯働けばいいのです。

「戦友」と言っても、実際に命がけで人を助けることはまれでしょう。
少なくとも主にある兄弟姉妹のために、よりそって犠牲を払うことはできるのではないでしょうか。

日本の人間関係は、見上げるか見下げるかが多く、水平な関係は少ないように思います。
教会での人間関係は、人格的に対等です。

以前うつ病になったとき、どん底を経験しました。
真っ暗で惨め名状態でした。
そんなとき、二人の友人が名古屋で同窓会を開いてくれました。
今でも忘れられません。

互いの立場を尊重し、立場をわきまえつつ、互いの間に平和を、教会の秩序を保つために働きましょう。

「人がその友のためにいのちを捨てるという、これよりも大きな愛はだれも持っていません。
わたしがあなたがたに命じることをあなたがたが行なうなら、あなたがたはわたしの友です。
わたしはもはや、あなたがたをしもべとは呼びません。しもべは主人のすることを知らないからです。わたしはあなたがたを友と呼びました。なぜなら父から聞いたことをみな、あなたがたに知らせたからです。」
ヨハネ15:13~15
プロフィール

ステファニー

Author:ステファニー
プロテスタントのクリスチャンです。
佐藤たけるさんおたくです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザータグ

るろうに剣心 イベントレポ 天皇の料理番 バクマン。 セカネコ PFフライヤーズ 鶴瓶の家族に乾杯! 2010カレンダー 懸賞 ピンポン 真田丸 あさが来た 知多 何者 超ネプの法則 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
//折りたたみ