引き取ってきました

2014-10-29 19.00.54

ローソンで買った「伝説の最期編」前売り券についてきたクリアファイル。
後日引き取りっていうやつで、やっとこさ取りに行ってきました。
3部作のポスターを絵柄にしたものです。
これでまた使えないクリアファイルが増えました(^^;
スポンサーサイト

音楽

最近若い方がいろいろ話しかけてくれます。
私がワンオク&ラッドファンだと知ってのこと。

「他に何聞くの?」
「サカナクションとかかな。娘はもっと色々聞くから、それを聞かされることもあるけど。」
「○○とか、▽▽とか、知ってる?」
「ん~。知らないなあ」
「あのさ、04 Limited Sazabysいいよ。
聞いてみてよ。YouTubeで 04 って打ったら出てくるから!」

なんて勧めてきます。
せっかくなので、数曲聞いてみる。

「この前、聞いてみたよ。
最初に『ボコボコボコ』って水がするやつ聞いたよ。
Do it, Do itとかゆうの、よかった。」
「ああ、それ最新のだよ。
あ~一緒にフェス行ってみたい!」
「う~ん。
フェスっていろんなバンドが出るよね。
あんまり知らないバンドだと乗れないじゃない?」
「あ~。たしかに。
あとさ、BLUE ENCOUNTのアンバランスっていう曲聞いてみて!」

こんな感じで、教えてもらう度に新しいバンドと出会うわけです。
でも、なかなかピンとこないものですねぇ(^^;
「狭く深く」な体質のせいなのか。
聞き込まないと良さが分からないという面もありますよね。

ただ、たとえばラッドの「いいんですか」とか「謎々」とかは、聞いた瞬間に心をつかまれて、涙が流れるほどでしたから、やっぱり相性なのか。
そして、今日思ったんだけど、ワンオクは「高カロリー」
大友監督と通じるところがある気がする。
だから好きなんだなぁ。
日曜日にWOWOWでやってたワンオクの横浜のライブ、まだ半分しか見れてないんだけど、早く全部見たいよ~~~!

10月19日 早朝礼拝1

エペソ人への手紙 3章14~19節
「キリストの和解」
 
教会とは何か、クリスチャンはどう生きるべきか、がこの手紙のテーマです。
今日の箇所には使徒パウロの祈りが書かれています。

「天上と地上で家族と呼ばれるすべてのものの名の元である父の前に祈ります。」3:15

天上と地上で家族と呼ばれるすべてのもの・・・これは教会を指しています。
教会には、目に見える教会と、目に見えない教会があります。
「名古屋西福音自由教会」は、目で見て把握し、認識することができます。
つまり、ある時代、ある場所に集まっている人々を表しています。
「真の教会」にはすべての人が迎え入れられています。
それは、時代と場所を越えてつながりを持っています。
先祖も、同時代のすでに召された人々も、会いたくても会えないクリスチャン達も。
すべての人が導かれている教会です。
それは、大きな家族であって、同じ信仰を共有しています。
「天上」と「地上」に分かれていても、今日、目に見える教会だけではないことを忘れないようにしましょう。

私たちの教会を設立するために祈り、ささげてくれた方々がアメリカにいたはずです。
私たちはその方達に会ったことはありませんが、その人達がいなければ教会は建っていなかったことでしょう。
私たちは石巻のクリスチャンのために祈ります。
行ったことも見たこともない人々の為に祈り、ささげます。
キリスト・イエスにあって、神の体である教会を建てようとしていることを知っているからです。

「どうか父が、その栄光の豊かさに従い、御霊により、力をもって、あなたがたの内なる人を強くしてくださいますように。」3:16

「内なる人」とは何でしょうか?
心でしょうか?
精神?根性でしょうか?
それは、「内に存在しておられる人」です。

「こうしてキリストが、あなたがたの信仰によって、あなたがたの心のうちに住んでいてくださいますように。」3:17

キリストが、私たちのうちに住んで下さると書いてあります。
「強くする」というのは、何かのパワーをくれて強くするのではありません。
キリストが住むことを通して、強くされていくのです。
心の内に住むとは?キリストが住むとは?
「ことばが」とどまるのです。
形として存在していなくても、見たことはなくても、心の中に焼き付けられるようにして、生き方を支えてくださいます。
御霊により、力によって。
書かれた律法を、心の板に書かれた律法へとするために、主はイエスを遣わして下さいました。
イエスの働きと言葉を通して、私たちの心に刻みつけてくださるのが、聖霊なる神の働きです。
キリストが心に定着するために。

「また、愛に根ざし、愛に基礎を置いているあなたがたが、
すべての聖徒とともに、その広さ、長さ、高さ、深さがどれほどであるかを理解する力を持つようになり、」
3:17,18

広さ、高さ、深さ・・・立体的にどれほど大きな愛であるか、理解できるようにとパウロは祈っています。
キリストが私の内に存在を表してくださり、強くしてくださいました。
そうすると、キリストの存在が、私の内に強く働いていることがわかるようになります。
それは、神の性質にあずかるものとなるためです。

「人知をはるかに越えたキリストの愛を知ることができますように。こうして、神ご自身の満ち満ちたさまにまで、あなたがたが満たされますように。」3:19

状況がよい時も、悪いときも、あらゆる時に神が愛を持って導いてくださいます。

「金銭を愛する生活をしてはいけません。いま持っているもので満足しなさい。主ご自身がこう言われるのです。「わたしは決してあなたを離れず、また、あなたを捨てない。」ヘブル13:5

他の人の田明祈るときに、
「○○さんの内なる人が強められますように」
と祈りましょう。
その人自身が、神のご性質にあずかることができるようになりますようにと。

買ってきた~^^

2014-10-24 22.19.44
 
仕事帰りにゲットしてきました。
・・・って何?っていう雑誌ですが、どちらも素敵なインタビューが載っています!

CanCamは色んな方達からのコメントが読み応えあり!
Cheeseもあなどるなかれ。
ツイッターで募集されていた質問に佐藤さんが答えるという形式ですが。
Q4は何かを予感させますよ~w
その日が来るのを楽しみにしています

原作を読み直す

2014-10-22 22.16.51

前作の試写会を見た後、TSUTAYAで借りて原作漫画を読みました。
それ以来、一度も読み返していませんでした。
で、今回実写版のカバーが付くというのに引かれて、大人買いした文庫版。
ぼちぼち読み直しています。

何しろまだ2回目。
しかもゆっくり読んでいるので、話はなかなか進みませんが。
改めて、数々のセリフがそのまま映画でも遣われているのだと言うことに驚きを感じています。
そして何より!
志々雄の声が、藤原竜也さんの声にしか聞こえない!!!
剣心や宗次郎はそうでもないのに。
志々雄は藤原さんなんですw
それだけ存在感があったってことか。

今まだ5巻(^^;
ぼちぼち読みますよ。

るろうに剣心伝説の最期編@6るろ目

行ってきました。
まだ割と大きめのスクリーンに5人。
昼間ですからねw

今回ははてな?シリーズ。

・薫が生きてるって操ちゃんから聞いたときの剣心。もっと喜んでもよさそうなのに。ほほえむだけなのはなぜなんだろう?
・「あなたには生きていてもらいます」って言われて、蒼紫は泣いてた?このときの蒼紫の気持ちが、私には謎。
・伊藤さん、なんでのこのこと野外パーティーにでかけたかなぁ。。。
・処刑場の着流し斎藤さん、素敵だったけど、いつの間に着替えたかなぁ?
・そして、一人で船こいで煉獄まで来たのかなあ?
・志々雄は、大砲設置をなぜ阻止しなかったんだろう?
・志々雄は、いつ「国盗りはかなわぬこと」と悟ったのだろう?というか、本気で国を盗れると信じていたのか?15分しか闘えないと知りながら引かなかったのは、諦めていたからなのじゃないのか?
・帰りの船は伊藤さんがよこしたのかなぁ?
・あれだけがんがん大砲を撃ち込んどいて、「敬礼」って言われてもなぁ。
・剣心には薫、左之には弥彦w、蒼紫には操がいるのに、斎藤さんかわいそうに(;;) 川路さん寄り添ってあげないの?
・あのケガで、道場までどうやって帰ったのかなぁ?

さて、あと何回見られるかな。
京都大火編も見たくなるしなぁ。。。

季節の行事

段々秋も深まってきました。
そろそろ鮎のシーズンも終わりそう。

というわけで、今年も義弟の家族と一緒に岡部やなへ行ってきました^^

2014-10-19 11.36.57

2014-10-19 11.54.52

お刺身から始まって、甘露煮、塩焼き、フライ、田楽、〆は鮎雑炊です♪

ここにはもう20年以上前から来ています。
最初の頃は、おしぼりも出なくて、部屋の川側は壁も窓も何もなくて吹きさらし。
雨風避けにビニールかなんかが垂らしてあったかな?

それが、徐々に、おしぼりが出るようになり。
簡単な壁ができ。
なんと、今年は入り口の扉もきちんとできていて、冷房も完備!!!
よほど儲かっているのか?サービスがどんどん向上しています。
お値段もそれなりに上昇していますけど、約10匹の鮎をいろんな味で楽しめて3,300円。
いいと思いますよ?

帰り道、長屋神社というところへ寄り道してきました。
 
2014-10-19 12.56.37-1

どんな謂われがあるのかはよく分かってないのですが。
おじいちゃんの希望で^^
予想していたよりも大きい立派な神社でした。

さらに、この後はモレラに寄って帰宅。
食べきれずに持ち帰った鮎を、夕食にも楽しませて頂きました。
ごちそうさまでした~

10月12日 聖日礼拝

ペテロの手紙第2 1章 16~21節
「神からの言葉を語る」
 
ペテロは、もう一度記憶を呼び覚まさせて、恵みを思い出し、奮い起こして神に従うようにと勧めています。
それは、パウロも教えてた次のことです。
 
「兄弟たち。私は今、あなたがたに福音を知らせましょう。これは、私があなたがたに宣べ伝えたもので、あなたがたが受け入れ、また、それによって立っている福音です。
また、もしあなたがたがよく考えもしないで信じたのでないなら、私の宣べ伝えたこの福音のことばをしっかりと保っていれば、この福音によって救われるのです。
私があなたがたに最もたいせつなこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、
また、葬られたこと、また、聖書の示すとおりに、三日目によみがえられたこと、
また、ケパに現われ、それから十二弟子に現われたことです。」
コリントⅠ 15:1~5
 
すでに聞き、信じて受け止め、よりどころとしてる福音の恵みを、いつも思い起こすことが大切です。
行くべき道を見失わず、神の恵みを絶えずいただけるように。
思い起こすべきことは、「キリストによる招きと召しによって、御国に入れる者とされている」ということです。
つまり、クリスチャンになったあと、地上で残された人生の営みを通して、神にふさわしい者になるようにということです。
主は、聖霊の保証の印を押し、私たちを練り、訓練してくださいます。
 
「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」ローマ8:28
 
この「益」とは、「成功」という意味ではありません。
御国にふさわしく成長することです。
それこそが、人生をかけて取り組むべき事です。
主は、困難に直面しても、もう一度立ち上がり、奮い立って、従えるようにしてくださいます。
 
ペテロはイエスが十字架の予告をされるのを聞いたとき、
「どこまでも従います」
と告白しました。
ところがイエスは、
 
「シモン、シモン。見なさい。サタンが、あなたがたを麦のようにふるいにかけることを願って聞き届けられました。
しかし、わたしは、あなたの信仰がなくならないように、あなたのために祈りました。だからあなたは、立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。」
ルカ22:31,32
 
と言われました。
立ち直るように励ますためには、立ち直る経験が必要なのです。
「なぜこんな経験をしなければいけないのか?」
という辛い経験も、主は、他人を支える経験へと買えてくださいます。
すべてのことの中に、意義を見いだして下さるのです。
失敗を怖れず、自らをささげていきたいと思います。
 
ペテロは、三度「思い起こさせる」と語りました。
教会で語られる物は何でしょうか。
神のみことばです。
私たちを結びつけるのは、みことばです。
異なる私たちを結びつけるのは、みことがです。
各々がする応答を通して、神の家族となっていきます。
 
「私たちは、あなたがたに、私たちの主イエス・キリストの力と来臨とを知らせましたが、それは、うまく考え出した作り話に従ったのではありません。この私たちは、キリストの威光の目撃者なのです。」1:16
 
ペテロは、キリストの威光の目撃者でした。
ペテロは、イエスと寝食を共にして、行くところについて行き、イエスのわざ、言葉、そのすべての一部始終を見てきました。
 
「キリストが父なる神から誉れと栄光をお受けになったとき、おごそかな、栄光の神から、こういう御声がかかりました。『これはわたしの愛する子、わたしの喜ぶ者である。』
私たちは聖なる山で主イエスとともにいたので、天からかかったこの御声を、自分自身で聞いたのです。」
1:17、18
 
これは、クライマックスのシーンです。
 
「それから六日たって、イエスは、ペテロとヤコブとその兄弟ヨハネだけを連れて、高い山に導いて行かれた。
そして彼らの目の前で、御姿が変わり、御顔は太陽のように輝き、御衣は光のように白くなった。
しかも、モーセとエリヤが現われてイエスと話し合っているではないか。
すると、ペテロが口出ししてイエスに言った。『先生。私たちがここにいることは、すばらしいことです。もし、およろしければ、私が、ここに三つの幕屋を造ります。あなたのために一つ、モーセのために一つ、エリヤのために一つ。』
彼がまだ話している間に、見よ、光り輝く雲がその人々を包み、そして、雲の中から、『これは、わたしの愛する子、わたしはこれを喜ぶ。彼の言うことを聞きなさい』と言う声がした。」
マタイ17:1~5
 
ペテロは「目撃者」でした。
はっきりと、イエスが父から遣わされた方であり、父の喜ぶ働きをしておられることを、その目で見て衝撃を受けました。
それがペテロの、ゆるぎない人生の土台でした。
 
「また、私たちは、さらに確かな預言のみことばを持っています。夜明けとなって、明けの明星があなたがたの心の中に上るまでは、暗い所を照らすともしびとして、それに目を留めているとよいのです。」1:19
 
いずれ私たちは「幕屋」を脱ぎ捨てる時が来ます。
みことばに立っていきること。
そこに、クリスチャンの希望があります。しっかり目を留めていれば、道筋を見つけることができます。
 
「それには何よりも次のことを知っていなければいけません。すなわち、聖書の預言はみな、人の私的解釈を施してはならない、ということです。
なぜなら、預言は決して人間の意志によってもたらされたのではなく、聖霊に動かされた人たちが、神からのことばを語ったのだからです。」
1:20,21
 
聖書をしっかり握って立っていくことが必要です。
聖霊によって訓練された人が、神によって語ったものだからです。

るろうに剣心京都大火編@7るろ目

ちょっと無理して行ってきました。

5時台からの。
8時前には終わるから、ギリセーフかな、って思いまして。
そしたら、ポイントがたまってて、無料で見られてめちゃハピw

・「この平和な時代に飛天御剣流は必要ないでござるよ。 見習うべきは神谷活心流」って剣心がしゃべってるのを背中で聞きながら、満足そうにほほえむ薫殿。
・5月14日。大久保卿の元へ向かう剣心を気遣う薫殿の背後には、赤い着物。
 そして、それを励ます左之助と並ぶ背後には赤い着物。
・操ちゃんとのコミカルシーン。
 なごむ~^^
・「新時代の申し子」のところは何度見ても泣ける!
 これ、今の政治家に見せたい。
 不戦を誓って60年あまり。
 戦争を知らない子ども達が大人になった時代。
 この平和を乱そうとする輩が今もいる。
 それを思うと泣けてくる。
・からの、葵屋。
 ここも何度見ても好き~~~!!!
 不殺の誓いを新たに、逆刃刀をしつらえる。
・「迷惑だった?」って聞く薫殿の顔を見ようとしないんだけど、とても嬉しそうな剣心。
・出陣前に、刀をわずかに抜いて確かめる。
 ここも好き。
・お庭番衆の臨戦態勢に向かう姿が好き。
・「東京!」から煉獄までの剣心のすべてが好き!

もう京都大火編、好きで好きでどうしようもないです。
伝説にしようかちょっとだけ迷ったけど、もうそろそろ京都が終わりそうだし、やっぱりこっちにしてしまいました。
初回の感想、あれ、何だったんだろう?って思う。
アクションが、「剣心としては当たり前」と感じる域に達してから、変わったのかも知れない。

ロケ地めぐりをしたおかげで、薫殿との別れや、張の牢屋のシーンが一段と「広く」見えました。
やっぱりあれ、あの柱だった!
もっとじっくり見てくればよかったなw

次に映画館に行くときは伝説だね。

引っ越しの余波

ブログを引っ越して、3週間あまり。
引っ越し自体はツールが自動的にやってくれるので、それほど苦ではありません。
問題は以前のブログがいずれは消えてしまうこと。
常連さんは普通に新しいブログをブクマし直して下さるでしょう。
しかし、今まで検索で上位にあったために来てくれていた方が、こちらのブログを見つけてくださるかどうかわからない。

ということで、とりあえず前のブログに移転先のリンクを張っておきました。
トップページと、タイトルに貼りましたが、個別記事に直接行かれると、気付いてもらえないかも知れない。

で、いろいろと調べてみると、「301リダイレクト」というやり方があるらしい。
これを使えば、自動的に新しいサイトにひとっとび。
グーグルさんも移転したことを察知して、検索結果に反映してくれるという。

が、OCNではこの設定ができないらしいこともわかってきました。
で、代用として利用されるのがmeta refreshというHTMLコードで、ページ移動するまでの秒数も指定できるということ。
さらに、rel=”canonical”を使うと、検索にも反映されるということなのですが。。。
ただ、秒数が0でないとか、トップページに移動する設定だとあまり効果がないという記事も見ました。
しかも、秒数0にして、あまり関連のないページ(トップページとか!)に誘導するとスパム扱いされる怖れもあるとか。
ま、別にアクセスが増えたらもうかるというブログでもないのでどうでもいいことなのですが、ものはためし。
そのコードを貼ってみました。

さて、グーグルさんはわかってくれるのでしょうか???
プロフィール

ステファニー

Author:ステファニー
プロテスタントのクリスチャンです。
佐藤たけるさんおたくです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザータグ

るろうに剣心 イベントレポ 天皇の料理番 バクマン。 セカネコ PFフライヤーズ 鶴瓶の家族に乾杯! 2010カレンダー 懸賞 ピンポン 真田丸 あさが来た 知多 何者 超ネプの法則 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
//折りたたみ