バルス!・・・的な?w

今朝、習慣的にアクセス解析を見てびっくり(°д°)
朝の時点で100を超えている
だって、うちのブログ、普段はせいぜい1日で200ぐらいなのにですよ?
 
週間で見てみたらなんと
 
Day
 
昨日からだ・・・
昨日のページビュー数は?
 
Photo
 
嘘でしょ
2,000近くって、史上初ですよ
 
時間別で見たら
 
Time
 
夜の9時から・・・・・
これはもしや
 
ページ別
 
Page
 
なるほどね。
さすがは金曜ロードショー。
「バルス!」ほどではないにしろ。
地上波初オンエアの「るろうに剣心」。
みなさん、これをご覧になって、
「ロケ、どこでやったのかな?」
ってググったのですね?
 
いやはや、これだけ反応があるとは驚きでした。
ということは、金曜ロードショーを見て初めてるろ剣を観賞した人がたくさんいらっしゃったということですよね?
そして、ロケ地を知りたいというほどに関心を持たれたってことですよね?
これは嬉しいことです
放映後、DVDなどの売上も伸びていると聞きますし、いっそう続編に期待がかかりますよね
その流れに少しでも貢献できていれば幸いです


スポンサーサイト

情報漏えい

うちのブログはOCNブログ人でありまして。
昨日だったか、情報漏えいのニュースが流れました。
漏れた人にはお知らせが来るとのこと。
 
我が家には・・・
 
 
 
ちゃんと来ました
 
 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【重要】OCN IDサーバーへの不正アクセスに関するお知らせと
            パスワード変更のお願い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 平素はOCN IDをご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

 お客さまにご利用いただいている「OCN ID(メールアドレス)」と
 そのパスワードについての重要なお知らせです。

 弊社で定期的に実施しているセキュリティチェックの結果、お客さまの
 「OCN ID」と「暗号化されたパスワード」が外部へ流出した可能性が
 あることを確認いたしました。
 
 現時点で、上記以外のお客さま情報の流出被害は確認されておりませんが、
 お客さまの「OCN ID」が第三者に利用されることを未然に防ぐため、
 以下のページで「OCN ID」のパスワード変更をお願いします。
 
 
 
 
そんなわけで、パスワード変更しました。
う〜ん、変えると忘れちゃんだよなぁ

選挙

「大学でさあ、選挙の話したら、『やっぱりふーみんは真面目だなぁ』って言われたんだけど。
そういうことじゃないよね
って。
 
そう。
そういうことじゃないでしょ?
自分たちが暮らしているこの社会を運営している人を選ぶんだよ?
下手したら戦争が始まるよ?
兵隊に行かされるよ?
 
確かに我が家は平均的な家庭よりも政治を話題にしてると思うし、選挙の前にはちゃんと新聞に載ってる候補者や政党のアンケート一覧表もチェックしてる。
家族ぐるみで
「で?その党は憲法のことどう言ってるの?」
とか話すし。
これ、英語や数学や物理よりだいじなことだと思うよ?
 
どうなっていくんだろう、日本。

夏の旅行

長期の休みとなると、やはり旅行です。
そして、旅行となると、意見が分かれます
 
和風趣味で仏像なんかも好きなりーちゃんは京都押し。
もっくんはとにかく東京。
何がしたいんだかわからないんですけどね。
ふーみんは、とりあえず涼しいとことか。
 
だいたい、こんな時期になってからお盆に宿を取ろうというのもなかなか無理難題だし。
かといって、安宿で料理がまずかったりしたら、またぞろりーちゃんが毒舌発揮するだろうし。
スポンサーは実家だし。
 
って、いろいろ(というほどでもないが)悩んだ末、結局京都にケテーイ
 
ほくほく。
京都でしたら、「超ネプの法則」で佐藤さんが訪れた場所にも行ってみたいし
るろ剣ロケ地に家族ぐるみでっていうのもいいよね。
宿も一応取れたし。
楽しみだ〜

たけてれが来る〜♪

8月2日金曜日。
9時スタートです
 
剣心で毎日大変でしょうに。
たぶん、連日深夜の撮影。
どうぞ怪我なく、順調に進みますように
 
でも、やっと剣心ヘアが見られますよね
 
 
え〜と、最近のちょいハピって何かあったかな?
幸せ探し、してみよう

個人懇談

ちょっと前の話になりますが、先週の木曜日、りーちゃんの個人懇談に行ってきました。
勤務時間が終わってから駆けつける想定で、その日のラストに入れてもらっていました。
もう後ろに待つ人がいないという安心感からか、やけに話が長かったぞ。
 
それというのも、3年生に向けての類型登録のせい。
国公立を目指して数学もみっちりやる文?コースと、私立難関を目指す文?習熟クラスと、その他私立を目指す文?普通クラスと、3つに分かれるそうな。
文?と文?習熟は、各1クラスずつ。
2年生の習熟クラスが2クラスだから、事実上、この人たちが二手に分かれるという想定のようです。
 
クラスによってテキストやテストが違うのはもちろんのこと、補習の縛りも違います。
さらに、大学への「推薦」の扱いが違うんです。
 
推薦をしてもらえるのは、文?普通クラスのみ。
 
いえ、これね、常識から考えるとおかしな話で。
推薦って、学校として恥ずかしくない立派な生徒を大学にお薦めするわけですよね?
ところが、勉強を頑張るコースの2クラスからは推薦はしてもらえないんですよ?
 
「これさー、おかしくない?」
っていうりーちゃんの気持ちはよくわかる。
 
で、先生のオススメは、もちろん文?もしくは文?習熟でして。
 
う〜ん。。。
なまじ数学が結構できるので迷いが生じるんだよね。
でも、りーちゃんは芸術系がいいって言ってるから、たぶん国公立でも数学は関係ないし。
 
・・・って思ってたら、りーちゃん、画塾に行くのもちょっとためらいがあるみたいで、ほんとに先が見えなくなってきました。
なんとか夏休み中に決めなくちゃいけないんですが。
 
神さまはこの子に何をさせようと考えているのかなぁ。

7月14日 聖日礼拝

創世記 2章1〜3節
「神は休まれた」
 
「こうして、天と地とそのすべての万象が完成された。
神は第七日目に、なさっていたわざの完成を告げられた。すなわち第七日目に、なさっていたすべてのわざを休まれた。
神は第七日目を祝福し、この日を聖であるとされた。それは、その日に、神がなさっていたすべての創造のわざを休まれたからである。」創世記2:1〜3

 
神は休まれました。
神が休むとは、どういうことでしょう?
なぜ休まれたのでしょう?
神は、すべてのことを、人間のためになさいました。
そしてそれが完成しました。
 
「創造主を認めない」という人々は、自分の知識の範囲内で物事をとらえて、
「そんなわけはない」
と言います。
今日の文明社会において支配的な考え方は、
「過去に遡れば遡るほど、文明は下等なものである。
歴史を通して、人は高度な文明を築き上げた。」
というものです。
つまり、過去のものは劣っていると。
本当にそうでしょうか?
 
遺跡を調べると驚かされます。
例えば、エジプトのピラミッドは、現代の人間の技術を使っても、作るのは至難の業だと言われています。
石を積み上げただけでなく、内部には部屋があります。
その構造は、天体と関わりがあると言われています。
「古代人にそれほどの天文学、測量術があるはずがない。」
と考える人々は、
「宇宙人が作ったのではないか?」
と考えます。
ナスカの地上絵は、平地にいては全体像がつかめません。
飛行技術、測量術がなければできないはずです。
このような「古代文明の謎」は、過去の文明は下等だという前提に立って論じられています。
しかし、もしそうでないとしたらどうでしょう?
前提が間違っていたとすれば?
これが聖書のチャレンジです。
聖書の中には「ノアの方舟」が書かれています。
洪水が起こる前にノアが神に命じられて造った方舟は、大型タンカーのような造船技術が必要だと言います。
しかも、木製です。
防水も施されていました。
それだけの技術が当時あったということです。
のアイゼンにもすぐれた文明がありました。
洪水でその優れた文明が失われ、8人が残されました。
 
常識で理解できないこと=誤り、と考えますか。
経験や常識の枠内で考えるとそうなります。
信仰はその部分で問われます。
「常識で測れないものはありえない」
「キリスト教はよい教えだが、信じられない。
なぜなら奇跡があるから」
と考える人は大勢います。
聖書の私たちへの挑戦です。
「私の経験にあわないから受け入れない」
という姿勢。
罪の本質は、「見当違いな生き方」です。
自分自身を基準にして判断する、自己中心です。
「神がどう見るか」ではなく、自分の判断で物事を測っていくことが罪です。
クリスチャンは、創造主がどう思っているかを聞き、受け止めて、それを人生観に据えます。
人間は、造られた全てのものの管理者として委ねられています。
 
7日目に休まれた。 
常識ではありえないことと思われますか。
むしろ、偶然にできたと考える方がおかしいのではないでしょうか。
ここで、「7日間」というサイクルが提示されました。
一週間が7日であるわけがここに書かれています。
この、世界共通のルールのルーツは聖書にあります。
それが今日の社会の土台になっています。
 
なぜ神は6日間で創造し、7日目に休まれたのでしょうか。
疲れたからではありません。
手本とするために休まれたのです。
休息を取るように定めを作らないと、人は休まずに働いてしまうからです。
だから、あえて神は休まれました。
 
「安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ。」出エジプト20:8
 
創造と休息が、人類社会のルールの土台になっています。
7日に一度、労働から解放されて休むようにと。
休息が社会の秩序であるべきだと定められました。
大切なのは、休みと同様、仕事も強調されていることです。
 
「六日間、働いて、あなたのすべての仕事をしなければならない。」出エジプト20:9
 
6日間働き、6日で仕事を終えるという意識を持つことが大切です。
ほかの曜日にできることは、休日にはできるだけしないほうがよいのです。
区別する意識を持つことが大切です。
区切りをつけないと、休息と労働の区切りができなくなります。
自分のためにも、周りの人のためにも、その区別は大事です。
 
一方、ユダヤ教の律法学者たちは、
「安息日に、緯度に落ちた家畜を助けてもよいのか?」
という議論をしています。
これは本質を取り違えています。
イエスは、安息日に人を癒されました。
また、弟子たちが麦の穂を摘んで空腹を満たすのを認められました。
戒めは、人のために与えられたものです。
戒めのために人がいるのではありません。
 
週に一度休むことは大事です。
しかし、そうできない現実もあります。
たとえば、急病になって119番に電話をかけたのに
「きょうは安息日なので救急車は出せません。」
と言われたらどうでしょうか。
医療のように、休むことができない仕事もあります。
 
私たちは、礼拝は日曜の午前10時、と思っています。
なぜでしょうか?
 
福音自由教会は、もともとノルウェーなど北欧の国教会から独立した教会です。
国教会の支配からの自由を求めてアメリカに渡ったのです。
「聖書が教えるように生きる」のが彼らの信仰でした。
当時彼らは、農業をしていました。
朝の涼しい時間帯に畑仕事をして、汗を流し、着替えて教会に集まるのが10時頃でした。
だからその時間が都合が良かったのです。
 
この福音自由教会から宣教師として日本に福音を伝えに来たのがハンソン師でした。
日本開拓の60周年を祝う場に、ハンソン師も出席してこう言いました。
「日本の教会は、60年前にもたらした教会のあり方を今も忠実に守っている。
まるで古き良きアメリカを見るようだ。」
と。
伝えられたものを忠実に守るのは日本人の素晴らしさでもありますが、時代の変化に取り残されているとも言えます。
60年前は文化の最先端だったかもしれませんが、いつの間にか取り残されて古いものになっていることに気づかない。
真理を守ることは大事ですが、変化を忘れてはいけません。
 
アメリカでは1950年代に変化が起きました。
若者が教会に来なくなったのです。
教会に集うのは高齢者ばかりになり、若者はレジャーに出かけていきました。
伝統を守るだけでは若者の心に届かなくなっていました。
そして、教会は「トラディショナル」から「コンテンポラリー」へと変化しました。
 
聖書は6日間働いて1日休むようにと教えています。
それは人を守るためです。
では、それをいかに運用するか、です。
日曜日に仕事をしなければならない人もいます。
社会的な要請により、例えば医療関係者は24時間体制で待機しています。
その人たちにどういう対応をしたらよいのでしょうか。
「日曜日に教会に来ないのはおかしい」
という考えだけではいけないのではないでしょうか。
 
北海道にプロ野球の球団がありますね?
日本ハムファイターズです。
北海道で宣教しているマーク・ボーマン宣教師は、球団に所属している外国人選手のためにチャプレンをしています。
ヒルマン監督が、球団として採用したのです。
一流のスポーツマンにクリスチャンは大勢います。
サポートする人が必要なのです。
今、取り組むべきチャレンジがあります。
「ルールとして守る。それに当てはまらないのはいけない」
というのではなく、全ての人が礼拝できる社会の仕組みを構築することが求められています。



1学期終了

昨日で學校は終業式を迎えました。
とはいっても、月曜日は、リーちゃんももっくんも学校に行きますけどね。
高校生は補習。
小学生は「学校開放日」。
しかし、開放日も数年前に比べたら日数が減ったなぁ。
 
終業式といえば「通知表」。
もっくん、なかなかがんばりました。
国語、社会、算数は全部◎
理科も1個だけ○であとは◎だし。
が・・・・・そこから下は○のオンパレード
 
いやいや、その中でひときわ光っている科目がありました
 
 
 
それは・・・
 
 
 
 
家庭科
 
やはり、あれだけ熱心に自主的に裁縫するってことは、先生にも認められてたんでしょうか?
 
常々思っていますが、学校で学ぶ科目の中で一番役に立つのは「家庭科」ではないかと。
 
全体を通して、△はひとつもないし、欠席も風邪が2日と、水疱瘡の出校停止だけだから、よかったと思います


フランスの雑誌パート2♪

昨年の秋頃、Asian Wave5というフランスの雑誌を買いました。
その顛末はこちら
 
で、その雑誌の7号に、Super Handsome Liveの記事が出るということを聞きつけたのが年末年始の頃だったような・・・。
Asian Wave7ってことになるんですが。
3月だったか、その雑誌がネットで買える状態になっているのを見つけたので、申し込んでみました。
そしたら案の定、日本からではネット注文はできないと。
でもこれまた案の定PayPalから支払えば送りますとのこと。
このやりとりが、4月23〜26日にかけて。
前にもPayPalは使ったことがあるので、早速その日のうちに支払い完了。
 
ところが。
 
 
 
待てど暮らせど、その後の連絡がない。
しびれを切らしてメール。
これが5月8日
しかし、これにも応答なし。
念のため、サイトの方からもメッセージを送信しました。
 
そのうちにいろいろ忙しくなってしばらく放置状態。
 
ある時、
「そういえばまだ来ないじゃん
とふと思い出して、
「これはPayPalに相談したほうがいいのかも・・・」
とひらめきました。
 
それが何と、6月1日
 
PayPalの「問題解決センター」というところに申し出ればいいということがわかったんですが、これが、支払ってから45日以内に「異議申し立て」をしなければならないことになっていました。
いや〜危ない危ない
急いで「異議申し立て」をしました。
 
ところがこれも回答なし。
 
PayPalでは、「意義申し立て」で解決しない場合20日以内に「クレーム」へと変更することができます。
こうなると、PayPalが直接売り手を調査してくれて、解決しない場合支払った代金を取り戻してくれます。
クレームを入れたのが6月12日。
 
結局、今回の場合は「代金払い戻し」で決着しました。
6月23日のことでした。
まるっと2ヶ月。
腹が立つったら
 
え?じゃ、買えないじゃんって話で。
一度はもういいやって思ったんですが、やっぱり気になるし。
最終的に、前回のAsian Wave5を購入したサイトで買うことにしました。
こちらなら、一度ちゃんと送ってくれてるから信用できます。
 
こちら、注文したのが7月11日。
 
なんと、本日、7月17日に送られてきました
ああ、最初からこっちにすればよかった。
(でもちょっと送料が高かったんだよね)
 
超長い前フリになりましたが。
 
Dsc_1474
 
まずは表紙。
 
ぱらぱらメージをめくったら、なんと!ロミジュリの記事もありました
 
Dsc_1475
 
そして、ハンサムさんの記事。
 
Dsc_1478
 
キャー(≧∇≦*)
ピンクのキューティーハニー
 
ハンサムさんたちからのメッセージ。
 
Dsc_1476
 
佐藤さんのところをアップしてみましょうw
 
Dsc_1477

「こんにちは。
佐藤健です。
今年もこちらの雑誌に記事を書かせていただけることを感謝しています!
今のところフランスに戻ってくる計画はないのですが、いつか本当にフランスのファンの皆さんに会いに行けたら・・・と願っています!
Merci(フランス語で)」
 
ちゃんと現地の言葉を添えるところが佐藤さんらしくて大好きです
なんたって、「クローバル」ですからね
 
今回はまだ翻訳しようという気力が湧いてきませんが、ひょっとしたらそのうちに頑張るかも。
いやはや、大変苦労して手に入れた、大切な雑誌でからね

失敗失敗また失敗

いやもうほんとに。
失敗ばかりですよ
 
今日は、6時半ごろ帰宅して、ビーフシチューを作りました。
で、そこそこ煮込んで、サラスパ作って、なすの肉味噌もほぼ完成して、よし、みんなを食堂に呼ぼう!と思ったら。。。
 
 
 
炊飯器が・・・・
 
 
 
スイッチ押してなかった
 
 
 
幸い昼の残りの寿司めし&お稲荷さんと、昨夜ののこりのご飯少々があったので、それで我慢してもらいました。
 
 
 
先週はハンバーグを作るのに牛乳でしとらせたパン粉を入れ忘れました。
 
黙っていたのに自分で耐えきれなくなって、
「あのさ、今日のハンバーグ、ちょっと失敗しちゃったんだけど。。。」
と告白。
「いや、わしもなんやらいつもと違うなと思っとったんやに。」
「うちも変だとは思ったけど、お母さん傷つくから黙っとった。」
「で?お母さん、なんか入れ忘れた?」
「ああ、まあね。当ててみて。」
「玉ねぎ?」
「違う。」
「卵?」
「違う。」
「あ、わかった!パン粉だ!」
「当たり・・・」
「パン粉入れんとこんなに固うなるんやなぁ。」
 
というわけで、ハンバーグにとってパン粉がいかに重要な役割を果たしてるかを検証でしました(違)
 
医者の診察券は行方不明だし、職場ではオフィスに書類を置き忘れたまま現場に向かって取りに戻るはめになるし。
まあ失敗なんて数え上げたらきりがない。
 
命にかかわるような失敗だけは避けられているのは、本当に神さまのおかげです。
今日も無事に一日が終わりそうです。
神さま、ありがとう

プロフィール

ステファニー

Author:ステファニー
プロテスタントのクリスチャンです。
佐藤たけるさんおたくです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザータグ

るろうに剣心 イベントレポ 天皇の料理番 バクマン。 セカネコ PFフライヤーズ 鶴瓶の家族に乾杯! 2010カレンダー 懸賞 ピンポン 真田丸 あさが来た 知多 何者 超ネプの法則 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
//折りたたみ