FC2ブログ

大晦日に思う

2012年が間もなく終わろうとしています。
ということで、この1年をふり返ってみます。
 
1月:
 りーちゃんの進路決定。
 いろいろ迷ったけど、りーちゃんは初志貫徹。
 ふーみんの芸大生1年の集大成、レビュー展で、選抜される。
 がんばったよね!
 仮面ライダーのカーナビ買っちゃったなぁw
 結構検索ワード上位だったりしてwww
 
2月:
 りーちゃん、私立特待生合格!!!
 いや、びっくりw
 佐藤さんのロミジュリ情報が続々出てきた頃です。
 
3月:
 りーちゃん、卒業。誕生日。そして、公立合格!!!!!
 ほんとうにこの学校に合格してよかった
 リーちゃんは今、自信と誇りをもって高校生活を送っています。
 意欲的に勉強して、暇を見つけてはペンタブでイラストを描いて、ふーみんとショッピングや映画を楽しんで、充実してます
 もし第一志望に合格してたら、返って余裕もなく、しんどい毎日だったかも・・って思います。
 神さま、感謝します
 私は・・・職場の異動で新年度に不安を抱きました。
 佐藤さんの誕生日。
 ツイ友さんのお友だちを通して、バースデーカードプレゼント企画に参加
 読んでくれたかなぁ・・・
 
4月:
 家族旅行でパシフィコを下見wwwww
 役に立ったなぁ^^
 りーちゃん入学・・・とともにお弁当の日々再び(^^;
 私の仕事は予想通り昨年の5割増し
 でも、ここまで乗り切れたからね。
 感謝。
 ロミジュリが近づいて来るワクワク感が仕事の支えでもあったなぁ
 
5月:
 →PJ←のライブに行った〜
 もっくんは10歳に。
 身長もぐっと伸びて、おねえちゃんに近づいてきました。
 もっくんがいてくれるおかげで、我が家は元気があふれています。
 そして・・・・・・・今年のメインイベント
 どんぐり部大集合
 ああ、本当に夢のような一日でした。
 舞台も、お友だちとの出会いも。
 そして、迷いに迷って、大阪のチケットも買ってしまったのでした。
 そういえば、日食もあったね?
 
6月:
 ロミジュリ大阪公演
 大阪のノリに大爆笑
 こちらでもお友だちと再会
 もっとゆっくりお話しできればよかったけど・・・。
 ロミジュリが終わると、一気にるろ剣モードに突入しました
 試写会当選
 このあたりからミラクル体質に
 一方仕事の方はだんだんしんどさが増してきて・・・・・・・
 
7月:
 大友監督の同志社講演
 ここで監督に惚れました。
 青木さんにも会えて、この方の魅力も実感!
 期待がどんどん高まっていく頃でした〜^^
 ふーみんが二十歳に
 保育園に入る前から絵を描くのが大好きだったふーみん。
 今は課題に追われながらも、好きなことに打ち込めば評価してもらえる生活は幸せだよね。
 最近では家族への気遣いもできるようになってきたし、いろんなことを自分で解決できるようになりました。
 中旬に試写会
 見た直後はただ茫然という感じだったけど、日がたつにつれて佐藤さんのスゴサが胸の中に湧き上がってきて
 これが中毒の始まりだった・・・。
 原発デモに上京したのもこのころ。
 そして、月末には仕事の上で一つの区切り。
 今の状態を受け入れる気持ちと、新たな問題の噴出と・・・
 
8月:
 名古屋で舞台あいさつが
 これは全くもってお友だちのおかげで参加できました。
 いくら感謝しても足りないです
 佐藤さんからの直接指令を受けて、宣伝活動w
 そんな合間に家族旅行。
 これも楽しかった〜!
 特に手びねり
 下旬はいよいよるろ剣公開
 からの、大ヒット舞台挨拶
 もう今年はどんだけ佐藤さんに会えるんだろう
 あーーー幸せ!!!
 そして、ロケ地探訪が始まりました。
 
9月:
 隙さえあればるろ剣!またはロケ地!な日々。
 誕生日。
 ダンナさまと一緒に行けたのがうれしかった
 海外進出の話題に湧き、例の報道に怒り、優一くんの去就にほろりとしました。
 
10月:
 奇跡のサイン入り生写真GET
 韓国雑誌の翻訳にも取り組んでましたね、この頃は。
 そして、とうとうるろ剣の劇場上映が終了
 試写会を含めて通算11回になりました。
 週に1回は見ないといられなかった。
 
11月:
 サイン入りポラGET
 11月はフランス語の雑誌翻訳。
 初ハンサム参加決定
 そして、京都ヒストリカも行こうと決意
 仕事の方では一部でいざこざが絶えず、もう諦めの境地に達する。
 自分でなんとかできることと、そうでないことがある。
 
12月
 京都ヒストリカ参加。
 谷垣アクション監督にお目にかかるのは初でした。
 おふたりの弾丸トークは最高だった
 ほんとに、資料映像とかメイキングとかだけでDVD作ってくださいよ
 電王につぎ込んだを思えば、ディレクターズカットでもメイキングでも出してくれれば何でも買いますから
 今年しめくくりのミラクル、クラブハリエのラッキーバームが当たりました
 そして、夢のハンサムライブ
 今年は5回も生で佐藤さんにお会いできました。
 こんなことってそうそうないと思います。
 そうそう。
 忘れてはいけない。
 総選挙がありました。
 活断層云々言われているのに、すでに新設を認めるとか言い始めている。
 改憲。
 ひょっとして徴兵?
 来年はどんな年になっていくんだろう・・・
 呑気に映画やイベントを楽しんでいられるようなこの平和が、どうか続きますように。
 
このところ毎朝NHKでは今年亡くなった方をふり返る番組を放送していました。
昨日だったか、取り上げられていたのは「一枚のハガキ」の監督と、水俣病患者を支え続けた医師。
新藤監督は、「原爆」をテーマにした映画も撮っていますが、チェルノブイリで「原爆じゃなくても被爆する恐れはある」と痛感したと語っていました。
そして、それが日本でも起きてしまった。。。
原田医師は有機水銀中毒に死ぬまで係わり続けました。
「経済が優先された高度成長時代、政府は企業を止められなかった。
 そして患者は見捨てられた。」
という言葉に、その事態は今も全く変わっていないと愕然としました。
原発は動かされようとしているし、故郷に帰れない人々は先が見えない生活をしている。
震災後、福島の問題について、水俣病で学んだことを生かさなければいけないと訴えていました。
きちんと追跡調査、疫学調査を、それこそ半世紀にわたって続けていかなければと。
本当にそのとおりだと思いました。
 
あららら、こんな重い話で終わるつもりじゃなかったのに・・・。
 
個人的に言うならば、この1年は恵まれた年でした。
子どもの進学は最高のかたちになり、好きなことを思う存分させてもらい、どちらの両親も健康で。
仕事の面ではしんどいことも多いけど、支えられていると感じるし。
Happyのほうがはるかに多い一年。
 
ほんとうにありがとうございました。
家族のみんな。
職場のみなさん。
遠くにいても心通じてる若いころからのお友だち。
佐藤さんを通して出会ったお友だち。
そして、私にエネルギーを与えてくれる佐藤さん。
全てを益に買えてくださる神さま。
 
あと30分ほどで終わってしまう2012年、さようなら。
2013年、ようこそ。
 
まずは「とんび」を楽しみに
「首長竜」もね
ふーみんの成人式もあります。
就活もはじまるのかな?
りーちゃんは2年生になります。
クラス編成のことでまだ悩み中。
一番よい道を選べますように!
もっくんは高学年に。
もう少し体を鍛えるといいかなぁ
 
ここまで読んでくださったみなさん、どうぞよいお年をお迎えください
そして、来年も、仲良くしてくださいね

スポンサーサイト

12月23日 クリスマス礼拝

ルカの福音書 2章8〜20節
「救い主の誕生」
 
イエスキリストの誕生を考えるとき、「一人子をお与えくださった」という事実はひとつですが、どの視点から捉えるかで異なる見方ができます。
イエスの誕生をどのような立場で祝い、かかわるか。
父母として。
その周辺で分ちあう人。
直接関わらないけれど遠くから見守る人。
などなど。
今日は、馬小屋の飼葉桶のところに導かれた羊飼いたちに焦点を合わせて見ていきましょう。
 
この頃、イスラエルの全ての人が、本籍地に戻って人口登録をするために故郷に向かいました。
ちょうど日本のお正月のように民族の大移動が起こりました。
その中で、羊飼いたちは四番をしながら羊を見守っていました。
彼らは世の中の変化にかかわらず、普段と同じ生活をしていました。
 
「想定外」という言葉が流行りましたが、この羊飼いたちは、政府にとって人口登録の「想定外」でした。
彼らは故郷を持たない遊牧民だからです。
羊飼いたちはちょうどその場にいあわせた人々でした。
人生は想定外のことが起こります。
それはクリスマスのメッセージの大事なこことです。
イエスの誕生に携わった人々に、想定外なことが起こりました。
やがて思いめぐらした時に
「この時のためだったのだ!」
とわかるようになるのです。
それを受け止めていくことが大事です。
 
たとえば、マリヤはヨセフと結婚の約束をしていました。
ところが一緒になる前に身重になりました。
想定外です。
平和な生活に大きな嵐が襲いました。
ヨセフは正しい人だったのでマリヤを去らせようとしました。
ところが、主は、ザカリヤとエリサベツを用いて、髪のとって不可能はないと教えられました。
ザカリヤたち夫婦に長いあいだ子が与えられなかったのは、姪のマリヤのためだったのだと、その時気づくのです。
今はわからないことがあったとしてもいいのです。
人生には意味があります。
全ての経験には意味があります。
このことを知っておくことが大事です。
 
マリヤはおじ、おば、夫に支えられて臨月を迎えました。
ところがその頃に旅立たなくてはならなくなります。
なぜこんなことになったのでしょうか?
 
「ベツレヘム・エフラテよ。あなたはユダの氏族の中で最も小さいものだが、あなたのうちから、わたしのために、イスラエルの支配者になる者が出る。その出ることは、昔から、永遠の昔からの定めである。」ミカ書 5:2
 
この予言が成就するためでした。
ユダの地ベツレヘムはダビデの町でした。
ダビデの王家はすでに滅亡しています。
ヨセフはダビデの子孫でしたが、大工でした。
系図によって本人も、ダビデの家系であることは知っています。
だからベツレヘムへ帰っていったのです。
しかし、宿屋がみつからないままに陣痛がきます。
そして馬小屋で出産することになりました。
これも想定外です。
 
御使いはマリヤに、宿った子は「神に与えられた子。救い主になる」と言ったのに、この現実との開きはどうでしょうか。
王が、馬小屋の飼い葉桶に寝ているというこの現実。
マリヤとヨセフは不安だったことでしょう。
「なぜ?」という思いがぬぐい去れなかったと思います。
 
では、なぜでしょうか?
それは「しるし」のためでした。
 

「あなたがたは、布にくるまって飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。これが、あなたがたのためのしるしです。」
2:12
 
羊飼いたちが救い主を見つけ出すための印のために。
帰省している人々でごったがえす町。
そこを探し回る羊飼いたち。
彼らに与えられたヒントは
「今日」
「飼葉桶」
「布にくるまって」
でした。
番地がわかっているわけではありません。
町中探したことでしょう。
想像してみましょう。
 
「そして急いで行って、マリヤとヨセフと、飼葉おけに寝ておられるみどりごとを捜し当てた。」2:16
 
彼らは探し当てました。
ではなぜ彼らは来たのでしょうか?
マリヤとヨセフは突然羊飼いたちがやってきて、驚いたことでしょう。
 
「それを見たとき、羊飼いたちは、この幼子について告げられたことを知らせた。」2:17
 
突然の訪問の意味を聞いたマリヤたち。
神を信じていても、不安だったマリヤとヨセフに、羊飼いを通して主はご計画を知らせました。
「飼葉桶」にも神のご計画があったのです。
 
救い主を育てるちょいう大きな使命を担うために、主は、ヨセフを、ザカリヤとエリサベツを、羊飼いを、マリヤのもとに遣わしてくださいました。
神の計画を知らせるために。
 
「それを聞いた人たちはみな、羊飼いの話したことに驚いた。
しかしマリヤは、これらのことをすべて心に納めて、思いを巡らしていた。」
2:18,19
 
人々は驚き、マリヤは思いを巡らしました。
不安に襲われ、とまどいの中で、神が導き、支え、成就させてくださっていることを。
 
マリヤの視点で学んでみましょう。
私たちにも使命があります。
それなのに障害があります。
それでも、そこに神の美心があります。
劇的な状況の変化ではなく、兄弟姉妹によって支えられます。
 
「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」ローマ 8:28
 
これが御子の誕生を通して示されたメッセージです。
マリヤはひとつひとつ経験して、心に納めながら、世にキリストを送り出していきました。
今与えられている人生の営みの中にも一抹の不安があるかもしれません。
どん底や暗闇の中のように感じている人もいます。
そんな時にも、主は導かれます。
今のことが、どのように祝福につながっていくのかを考えながら取り組んでいきましょう。
 



るろうに剣心衣裳めぐり@三軒茶屋&渋谷〜ちょっと追記〜

12月26日に始まったるろうに剣心DVDレンタルに合わせて、プロモーション進行中。
その一環として、各地で衣装の展示が行われています。
各地と言っても、やはり首都圏中心
ところが!
ハンサムさんの公演とみごとにかぶってるじゃありませんか
もうこのチャンスを逃す手はない
ってことで、ハンサムさん終了後、足を伸ばして三軒茶屋と渋谷を巡ってきました。
 
まず、みなとみらいから東横線を田園都市線に乗り換えて、三軒茶屋へ。
駅を降りてすぐのビルの2FにTSUTAYAがあります。
エスカレーターを上がって左側が本屋さん。
右側がCD・DVDです。
当然CD・DVDのほうにあると踏んでそっちに入りました。
 
ところが店内をぐるりと一周しても見つけられず・・・
時間も限られているので店員さんに聞きました。
「あの、こちらでるろうに剣心の衣装を展示してると聞いて来たんですけど。
どこにありますか?」
「こちらです。」
と案内されたのは、さっき通ったばかりのるろ剣レンタルコーナーのすぐ横
 
そこには、逆刃刀を携えた剣心の衣装がガラスケースに入って飾られていました。
「写真、撮ってもいいですか?」
と確認したらいいってことだったので、写メってきました!
 
Dsc_1043_2
 
もう少し近づいてみよう。
 
Dsc_1044_2
 
逆刃刀の柄がはっきり見えますか?
これ、抜いてみたい〜
てか、ガラスケース。
周囲が写りこんで撮りにくいことこの上ないです
 
そして、気になる部位。
 
Dsc_1045_3
 
おぉ!破れてますね
てことは刃衛と闘った後の衣裳!
 
Dsc_1046_2
 
背後から逆刃刀を見る。
 
Dsc_1047_2
 
袖口には泥がついたままです。
 
Dsc_1048_2
 
反対側からもう一度。
えーと、TSUTAYAのスタッフさん、もう少し上手に着付けてあげようよwww
舐めるように眺めつくして、TSUTAYAを後にしました。
 
そういえば!!!
渋谷駅のどこかに巨大健剣心のポスターがあったはず
ツイともさんに聞いてみたら、田園都市線のB2F通路にあるというではないか
まさに今そこを通ろうとしていたので、さっそく探しました。
キョロキョロしながら歩く不審なおばさんが一人www
 
あった〜〜〜〜〜〜〜
 
Dsc_1049_3
 
正面に回って見てみましょう。
 
Dsc_1053_2
 
ああぁぁぁでっかい剣心がたくさん・・・・・
 
視線を左に移すと
 
Dsc_1051_2
 
タイトルの左側にも剣心が
 
これ、近づいてみると、ポストカードが貼ってあった両面テープの跡がたくさ〜〜〜ん残ってるの。
貼るのも大変だっただろうなぁ。
ていうか、このポストカード、あっという間に消えたらしいけど、持ち去られていく過程を想像するとなかなかシュールなものが・・・
 
ここもじっくりいろんな角度から眺め回してハチ公口へ。
タワレコ渋谷店に向かいました。
外は小雨が降ってました。
 
タワレコは店内の左奥に衣裳展示コーナーが。
ここには、剣心、薫、刃衛、恵と、4人の衣装が飾られていました。
 
Dsc_1055_2
 
さて、気になるところ
 
Dsc_1062_2
 
袖には裂け目もないし、ほころびを繕った跡もない。
ってことは、刃衛と闘う前の衣装ですね
こちらの剣心のほうがまだ着付けがましかな?www
 
薫殿。
 
Dsc_1063_2
 
刃衛。
 
Dsc_1066_2
 
刃衛の衣装は革製なんですが、こうして実物を目の前にするとどっしりとした質感がわかります。
袖口は切り替えてあって、ちょっと素材が違う感じ。
バックスキンかな?
マフラーにはうっすら血(糊)が付いていました。
 
Dsc_1065_2
 
刃衛の足元も泥がついたままです。
現場のシーンが蘇ってきますね!
 
恵殿。
 
Dsc_1067
 
その足元。
 
Dsc_1068_2
 
胸元。
 
Dsc_1069_2
 
袖口。
 
Dsc_1070_2
 
これはピンタックなのかな?
おしゃれな感じ。
 
どの衣装も、なんていうか、よく見ると、着物のようでいて本物の着物とは別物。
おもしろいですね。
夏には仁風閣で観柳の衣装も見ましたから、これで5人分見たことになります。
本当は横浜駅近くの新星堂では斎藤一の衣裳展示もあるんだけど、さすがに途中下車して寄ってると新幹線に間に合いそうになかったので諦めました。
斎藤さんの制服もカッコイイんだけどな〜。
やっぱり健剣心さん優先ってことでw
 
今回も楽しいるろうに剣心探訪旅行になりました
 
〜追記〜
 
三茶の衣装ですが、胸には穴があいてないですよね?
ってことは、袖は斬られたあとで、胸に刺される前ってことかな?
ふと思いついたので書いておきます^^
 



初ハンサム♪

あれはかれこれ6年ほど前でしょうか?
佐藤さんが初めてハンサムなんとかに出るっていうんだけど、まさにほぼ大晦日みたいな日程で。
絶対行けないよな・・・って思いながらエントリーしたら、はずれてほっとしたのも今では思い出。
 
毎年なかなか行けそうにない日程で諦めていましが、今年は追加公演が行けそうな日と時間だったのです\(^o^)/
残念ながら春馬くんはいなかったけど。
行けて嬉しかった。
 
入る前に見た、ハンサムさんたちからのメッセージボード
 
Dsc_1039
 
近寄ってみると・・・
 
Dsc_1037
 
細い字が佐藤さんですね
実はそれほど寒くなかったよ^^
愛知県の方が寒いと思います!!!
 
別アングル。
 
Dsc_1038
 
 
 
今回のチケットは入場時に席がわかるというシステム。
で、私が持っていたチケットはこれ。
 
Dsc_1041
 
それが、これに変身!
 
Dsc_1042
 
かなり広い会場で、この列でもそれほど遠くは感じませんでした。
とはいえ、やはり表情までは見えないし、動き回る佐藤さんを時々見失ったり
ま、いいでしょう。
 
で、初制作のうちわを片手に、一緒に歌い、サイリウムを高く掲げ、タオルを振り回し、キャー(≧∇≦*)と叫び、思わずうっとりし、はにゃ〜となり、ズギュンと撃たれ、萌えてきました。
 
 Dsc_1072
 
一番の萌えポイントはキューティーハニーでしょう
もうあの可愛さは犯罪
なに!?あのでっかい猫の手マフラー
それを手にはめて招き猫ポーズって
 
胸きゅんセリフ対決コーナーは暴走だし
AKBなんかも、ステージでちゅ〜したっていう話を聞いたりしたけど、そう来るかい!!!!!
佐藤さん、思いっきり後退してませんでしたか
さらに、どの時点だったか忘れたけど、転げまわって笑ってましたよwww
 
ずっとCDを聞いてて、「この声だれかな?」とか思ってましたが、知ってる人はそれなりにあたってました。
やっぱりあれは神木くんだったか〜とか。
きみちゃんの声が佐藤さんとよくなじむ声だった。
かくけんも歌うまかったし!
うえたくの声が意外に可愛かった!!!
あ〜春馬くんの声も聞きたかったな〜。
 
ず〜っとライブの間中スクリーンに大きく映し出されるんだけど、これがね・・・
歌詞がわかるし、席が遠い人には表情もわかって嬉しいんだけども。
どうしてもその前に立つと逆光になるじゃないですか。
そうすると、肉眼でハンサムさんが見にくいんですね。。。
私だけかな?
せっかく遠征してるのに、スクリーンばかり見てちゃLVと同じになっちゃうから、できるだけハンサムさん(主に佐藤さんwww)を見ようとしたんだけどね。
そこがちょっと不完全燃焼。
 
まあ、でも、ほんとに暑くて熱いライブでした!
ハンサムさんたちの、一年の感謝の気持ちがビンビン伝わってきました。
こちらこそ感謝したいんですけど
一年間追いかけて楽しく過ごし、さらにこんなステキなショーを見せていただいて。
来年もきっと応援し続けるからね!!!
  
会えないかと思っていたお友達にもかろうじて会えたし。
渡すべきものは渡せたし。
ファンレターも書いたし。
 
そうそう、帰りに寄り道もしたしね
それはまた明日書きますね
 


仕事納め

仕事、納めてきました〜\(^o^)/
 
まだ家の方は全然掃除してないけど、とにかく明日が終わってからだ!!!
 
早く寝なくちゃ・・・
 
初うちわに挑戦中。
 
うちわグッズ買いに寄ったついでに、ブーツ買っちゃった。
 
先日切れた靴紐の換えも買って。
 
ヒートテックも買ってきた。
 
交通機関もかなり綿密に調べたつもりだけど、初めての場所もあるからちょっと不安。
 
帰省ラッシュなので、帰りの新幹線だけはちゃんと遅れずに乗らないとね!!!
 
では、みなさん、ごきげんよう

 


アスマートさんからのプレゼント♪

例年義弟家族といっしょにクリスマスパーティーなんですが、今年は姪っ子が受験生。
なので、我が家だけで開催することになりました。
(まあ、去年もおととしも、うちには受験生がいたんだけど〜www)
ちょっと遅いけど25日に。
でもね、BINGO大会とかしても、内輪じゃ盛り上がらないよね・・・
 
そこで、りーちゃんのお友だちを招待することにしました。
保育園のころからの「竹友」←竹馬の友、ね
おかげさまで、お食事も、BINGOも、ケーキも楽しめました
 
そして、今年のサンタさんはもっくんに「スケートボード」を持ってきてくれました。
 
Dsc_1032
 
全然ピントが合ってませんね
 
 
 
さてさて、タイトルにあるとおり、私にもプレゼント(?)が届きましたよ
ジャジャーン
 
Dsc_1034
 
おじいちゃん、目ざとく見つけて
「これなんや?」
「るろ剣のDVD(実はBDだけどね、高齢者にはわかりにくいからw)」
「(ニヤリ)それはみんなで見ないかんな
 
で、パーティーのあと、ひと足お先についつい見始めちゃったんですよね・・・コメンタリーのほう。
12時半まで見てもまだ終わらなくて、2日越しで楽しみました。
本当にどなたも作品への愛に溢れていますよね。
そのうちにゆっくり時間をとって、本編をテレビの大画面で見なくては
 
さっきはアスマ特典のDVDも見ました。
ナガタクには会えなかったけど、こうして振り返ってみると本当に頑張ってくれましたよね!!!
学ラン時代からの付き合いだったんだね。
ええ子や〜
 
明日も仕事なのに、ハンサムに向けて準備してないものがたくさんあるよ
新幹線だけは押さえてあるけど、雪は降らないよね?
答えは聞いてないけど!
 

12月16日 聖日礼拝

ピリピ人への手紙 2章1〜11節
「神のあり方を捨てて」
 
大治GCのオープンチャーチが昨日今日と行われています。
地域に5,000枚のチラシを入れました。
 
11月末の協議会役員会では、渡波に教会を建てようということで意見が一致しました。
今まで被災地を支援してきた団体は、12月でほとんどが撤退していくそうです。
生活は安定してきましたが、まだ問題がある被災地で、支援の拠点として用いられるように。
渡波の中心地に120ツボの土地が売りに出ています。
万石浦(まんごくうら)は津波で浸からなかった地域です。
海に近いのですが、高い場所にあるからです。
2013年夏前に教会を作りたいと願っています。
?いま福音自由教会には「国内宣教委員会」がありません。
そのため、年に1回の総会を経なければ物事をすすめることができません。
ひとつのプロジェクトのために全協会が集まらなければならないのでは、なかなか小回りがききません。
そこで、「ミニストリー制」を取り入れました。
少なくとも3つの教会が集まって「ミニストリー」が作られたら、それを福音自由の働きとして認めようというものです。
そこから各教会へアピールをしていくのです。
今回のミニストリーは仙台・古川・名古屋西が働きを進めます。
被災地域の中に入っていき、息長く働きを進めたいと思っています。
 
さて、キリストの誕生に込められた愛のメッセージを学びましょう。
イエスを授かったことは、マリヤとヨセフにとって嬉しいことでしたが、まさに産みの苦しみをしました。
人生設計が大きく揺さぶられました。
が、彼らは信仰を持って受け止めていきました。
それは、アブラハムにまでさかのぼります。
アブラハムはただひとりの子、イサクをいけにえとして捧げる決断をしました。
自分の眼には「なぜ」かがわからないままに、彼は従いました。
納得して、理解できたら受け止められますが、納得できないと従いたくないのが私たちです。
 
しかし、私たちのような小さな器が、神を完全に理解することなんてできません。
例えば、親の支店は子の狭い見方とは違いますね。
神ははるかにすぐれ、洞察力を持って計画を立てておられます。
なぜ、神に従うのか?
それは、信頼しているからです。
この信頼こそが信仰です。
うまく現状を理解できない、納得できない。
それでも、「主がそう言われるなら」従うという姿勢です。
イサクを捧げたアブラハムについては、へブル人への手紙のなかで解説されています。
アブラハムは、主はもう一度回復することができる方だと信じていたのです。
 
経験を積み上げていくことは大事ですが、自分の枠の中でしか物事を見ないとしたら、信仰の意味はどこにあるのでしょうか?
不可能だと思う私たちに、「神には不可能はない」とおっしゃいます。
不可能を可能にできる方。
一人子の御子を送ってくださった方。
みこにより、私たちはすべての罪が赦され、神の子、神の民とされました。
天に国籍を持つ神の民と。
 
中高生の頃、スタッフが
「○○くん、いま死んでも、すぐに天国に行けると思う?」
と質問しました。
「わからない」
と答える人が案外多くいました。
十分に教わっていないと、うまく答えられないのでしょう。
 
神の子は神の民です。
私たちのほとんどが日本人ですが、なぜ、何をもって「日本人」と言えるのでしょうか?
一般的には「日本人の両親から生まれた」「日本という国に出生届を提出した」ということでしょう。
登録しなければ「国民」にはなりません。
時々、届けを出さなかったために「無国籍」の人がいます。
 
イエスを救い主として信じるときに、神によって新しくされます。
神によって生まれたものが神の民です。
神の民となった証が告白とバプテスマによって公にされます。
私たちが神の民であるという事実を奪う物は何もありません。
その人の背景、出来不出来に関係なく、神の国に入ることができます。
私たちは、神の民として、
「福音にふさわしく生活しなさい」
と命じられています。
 
罪が私たちの本来のすばらしさを台無しにしてしまいました。
御国の民にふさわしく生活しようとすると、地上では軋轢を生じます。
反対に合います。
行く手を阻まれます。
 
「私の喜びが満たされるように、あなたがたは一致を保ち、同じ愛の心を持ち、心を合わせ、志を一つにしてください。
何事でも自己中心や虚栄からすることなく、へりくだって、互いに人を自分よりもすぐれた者と思いなさい。」
2:2〜3
 
一致を保ち、愛の心を持ち、心を合わせ、志を一つにする。
このことを勧めているということは、逆に言えば現状としてそれらが足りていなかったということです。
放っておけば自然に「愛」「一致」「志」がひとつになると思い込んではいけません。
これらは、はじめからあるものではなく、作り上げていくものなのです。
教会の中も、外と同じです。
世で起きていることは教会の中でも起こります。
ただ、私たちには、神の民として目指す共通のヴィジョンがあります。
そこで一致を「保って」いく必要があります。
愛の心はあっても、興味の持ち方は違います。
例えば、礼拝後食事を共にしていますが、そのことによって負担を感じる人もいて、食事はしないほうがいいと考える人もいます。
同じ間の子おkろを持って、どうやってバランスを取るのか?
心を合わせるということは、「ピントを合わせる」ということです。
バラバラに見るのではなく、「ここに向かっていこう」という焦点を共有することです。
 
震災直後は自治体も教会に対して好意的で、支援をしながら公民館などでも福音を語ることができました。
が、今は「賛美歌は歌わないでほしい」と言われます。
冷たい扱いでしょうか?
私は当然のことだと思っています。
様々な宗教団体が支援をしている中で、キリスト教会だけ許すことはできません。
いかがわしい宗教にノーと言えなくなるからです。
公私をわけているのです。
実際、営利目的で入り込もうとする人々もいます。
それだからこそ、自由に福音を語れる拠点が必要なのです。
 
今まで西教会は、村井伝道師とともに、南教会を応援してきました。
南教会に牧師が招聘されることになり、同じように尾張旭の協力をしていこうと考えています。
いま、大治と尾張旭は同じぐらいの人数ですが、大治は西教会とともに大きな交わりの中で守られているため、安定しています。
心を合わせていくことが大事です。
教会として「ここに向かっていこう」とい、志をひとつにすることです。
私たちの教会の志は
「自分にできることで主にお仕えしていこう」
です。
それを絶えず自覚していないと崩れていきます。
 
「自己中心や虚栄からすることなく」
と書かれています。
一生懸命やること自体はすばらしいことです。
しかし、それが自己中心や虚栄からのものであれば、神から報いを受けられません。
神様に褒められる行き方をしましょう。
「見られたくてする」ことを超えていきましょう。
見られなくても大切な働きだからするのです。
見えない働きが大切です。
御子を通して「自分のあり方を捨てられない」とは考えず、仕えることが大切だと教えています。
多くの人々は認められたい、大事にして欲しい、報われたい、と心の中で思っています。
動機がそれだとしたら、それは「ただの人」ではないでしょうか?
神に「よくやった忠実なしもべだ」と言われるようにしたいと思います。
 
「キリストは神の御姿である方なのに、神のあり方を捨てられないとは考えず、
ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられました。人としての性質をもって現われ、」2:6,7
 
ここに私たちへのメッセージがあります。
自分のところに集める生き方ではなく、人のために捧げる生き方です。
 
 
「人の子が来たのも、仕えられるためではなく、かえって仕えるためであり、また、多くの人のための、贖いの代価として、自分のいのちを与えるためなのです。」マルコ10:45
 
これはキリストの誕生にかかわることです。
御子は仕えるために、神のあり方を捨てられました。
主は、「偉くなりたいものは仕えなさい」と、主は言われます。
本気で世の中を変えたいと思うなら、しもべになる必要があります。
だれでも自分の課題はわかっています。
問題は、分かっていても、泥をかぶり、汗をかく人がいないということです。
 
主はアブラハムを選び、ダビデを立て、御子さえもお与えになりました。
それは罪の解決のためでした。
「イエスは救い主である」ということを伝えるのが、もうひとつの告白です。
 
「すべての口が、「イエス・キリストは主である」と告白して、父なる神がほめたたえられるためです。」
2:11
仕えることを通して、イエスが私の主であり、模範であることを告白することが大事です。
これは、クリスチャンになったkら、即できる・・・というわけではありませんが、志を持っていれば、「伝える」生き方を身につけることができるようになります。
キリストは自分んお人生の主だあと告白し、その模範にならって、人に仕える者となれば、祝福をいただくことができます。
救いを分かち合い、賜物を用いて仕え合いましょう。



すみません

本当なら礼拝説教を上げなきゃいけないところなんですが。
ちょっと余裕がありません><
 
今朝はサンドイッチ4斤分作って教会へ。
りーちゃんが手伝ってくれたので助かりました
礼拝後、みんなでお食事して、祝会は出ないで帰宅。
理由のひとつはもっくんの子ども会でクリスマス会があったから
もっくんはクリスマス会ハシゴですよ^^;
 
送り出しておいて、3日分の買い物へ。
帰ってきてから年賀状書いていたら・・・
職場から電話
そうだった!!!!!
早く帰ってきたもうひとつの理由
3時半に行かなきゃいけなかったのに・・・・・・・・・
 
急いでる時こそ落ち着いて。
信号黄色で早めに止まって行きました。
待たせてしまったみなさん、ほんとうに済みませんでした
 
で、帰宅したのが5時半。
料理して、片付けて、今に至るのですが、なんとなく喉が痛い。
明日も1日仕事だし。
3連休ってどこの話?
・・・ってネガティブになりそうだった私。
でも、佐藤さんも連日撮影(今日は撮休らしいですが)に、ハンサムのリハを頑張ってるんだから、私も頑張らないとね。
って思いました
佐藤さん、パワーをありがとう
 
おいしそうなお料理の写真もいっぱい撮ってきたので、教会のブログも書きたいんだけど、今日は早めに寝ます

ネジ巻いた

今日は午前の仕事を終えて、軽くサンドイッチをパクついてから、お店を5件ハシゴしました。
 
まずモ○バーガーでチキンのチケットを購入。
25日にホームパーティーをすることにしたので、その準備です。
 
次に100均のSe○ia。
メール便で送るための固い封筒を準備w
 
次はTSUTAYA。
佐藤さん表紙で、短いけどインタビューが載ってるフリーペーパーをGET
 
次は郵便局。
昨日買った年賀切手の不足分を追加してきました。
 
最後に大型スーパーのア○タ。
クリスマスカードの不足分を購入。
からの、CDショップ「いまじん」。
FLYING POST PRESSをいただきに〜
今号は高橋優さんの特集です
ほんとに、いまじんって頼りになるわぁ^^
そして、ケーキ予約・・・と思ってたのに、もう時すでに遅し。
「予約は終了しております。」
そりゃそうだよね。
普通3連休でパーティーするだろうし
あすから25日まで当日販売があるということで、そうすることに。
最後の最後に、明日のためにサンドイッチの材料を揃えました。
明日は、教会でクリスマスのポットラックパーティーなんですよ
みなさん得意料理を持ち寄るので、毎年楽しみなんです
 
で、帰宅したのが2時半頃。
ずいぶん寄り道しました。
 
そこから、諸々の作業にとりかかり、年賀状まで一気に行きましたよ
自分、頑張った!!!
 
月曜日も一日仕事だし、27日までは休めないもんね。
もうひと踏ん張りして、いざ、ハンサムへ

リアルに

先週の日曜日、佐藤さんが、FMラジオJーWAVE「東京コンシェルジュ」のゲスト出演していました。
 
その中で、ご自分が影響を受けた言葉として
「ポジティブでもなく、ネガティブでもなく
 リアルに」
という高橋歩さんの言葉を挙げていました。
リアルな自分がわかっていれば、褒め言葉にも凹むコメントにも一喜一憂することがない・・・というような内容だったと思います。
「何が本当のリアルか、どうやってわかるのか?」
という質問には
「自分がリアルだと思えばそれがリアル。」
と、自分が正解と言い切ってましたね。
 
で、今日TLを追っていたら、
「何年か前の学祭トークショーで健くんがラストに言ったこと 『女の子はすぐ気持ちが変わるからここにいる皆さんも3年後には別の俳優さん見てキャーキャー言ってるかもしれない。でもそれでもいいです。前は佐藤健が好きだったんだと自信持って言ってもらえるような仕事を僕はしていきます』」
というツイートが流れてきました。
 
ああ、こういうことだよな・・・と思いました。
 
今は自分のファンでいてくれる子も、前は他のタレントさんのファンだったかもしれない。
だとすれば、いま自分を応援してくれる子が、他のだれかに移っていくことだって当然あるのだという認識。
だから、今、人気があるからといって有頂天にはならない。
 
さらに、放送の中で、
「デビューする前と今とで何か変わりましたか?」
という質問には即答で
「変わりましたね!」
「どういうふうに?」
「社会人になりました。学生じゃなくなった。」
って!
 
大友監督が
「佐藤健は『俳優』という職業に就職したんだ。」
って言ってましたが、本当に、
「医者や教師や農家やビジネスマンや店員や警官や・・・数ある職業の中から俳優を選びました。」
的なスタンス。
「一般人」と「芸能人」という二元論的くくりじゃなくてね。
 
また、別の時には
「俳優という仕事はしていて楽しいから、自分に向いているんだと思う。」
と言う一方で、
「10年先もこの仕事をしているかどうかはわからない。」
とも言う。
 
目の前にあるハードルを、楽しみながら全力疾走で飛び越えていく佐藤さん。
同志社のイベントで青木崇高さんが
「自分は短距離走のつもりで走っている。
気づいたら、42,195kmになってたらすごいけど。」
みたいなことを話していましたが、佐藤さんも同じように感じます。
 
先日紹介した本の中で、柘植氏をして
「彼はとてつもない俳優になるかもしれない。」
と言わしめた佐藤さん。
ファンとして、ぜひずっと俳優でいてほしいと願います!
 
 
以上、なんかとりとめのない文章ですみません。
ま、とにかく、佐藤健さんが好きってことです
 


プロフィール

ステファニー

Author:ステファニー
プロテスタントのクリスチャンです。
佐藤たけるさんおたくです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザータグ

るろうに剣心 イベントレポ 天皇の料理番 バクマン。 セカネコ PFフライヤーズ 鶴瓶の家族に乾杯! 2010カレンダー 真田丸 何者 懸賞 あさが来た 知多 超ネプの法則 Q10 ピンポン 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
//折りたたみ