昨夜の

TAKERU TV 盛りだくさんでしたね〜
 
なんといっても大サービスだったのは、足つぼマッサージ
 
ほんと、お疲れなんですね・・・
 
胃も、肝臓も、腰も、頭も
 
痛いところは、悪いところなんですって。
 
マッサージしてほぐれると、痛く感じないんですって。
 
私が通ってる整体でもそうだもんね。
 
もっとじっくりとほぐしてもらえるとよかったのにねw 
 
そしたらもっとm(ry
 
 
 
そして、ビックリだったのが、突然のるろう人ロンドン派遣
 
結構タイトなスケジュールだったが、大丈夫なのか!?
 
若いからきっと元気に応援してくれるよね
 

 
そうそう、昨日は娘のiMacを拝借して見てたんだけど、時々日本語入力ができなくなって焦りました
半角アルファベットは書けるのに。
どういう現象だろう?
謎だわ。
 
さて、次の楽しみはほろよいだよね
え〜っと、いつだっけ?←
 

スポンサーサイト

7月22日 聖日礼拝

ローマ人への手紙 1章 1〜6節
「悪い世界のための良き知らせ」
                   アルコード・プリスコ師(交互通訳)
 
先週の火曜日、中部地区の福音自由教会と宣教合意書にサインをしました。
今フィリピンんじは96の教会と104の牧師がいます。
 
さて、神の福音と神の子について学びましょう。
ローマ書は使徒パウロが「福音」と呼ぶ神の救いの計画を論理的に表現したものです。
福音とは「良い知らせ」という意味です。
 
「――この福音は、神がその預言者たちを通して、聖書において前から約束されたもので、
御子に関することです。御子は、肉によればダビデの子孫として生まれ、
聖い御霊によれば、死者の中からの復活により、大能によって公に神の御子として示された方、私たちの主イエス・キリストです。
このキリストによって、私たちは恵みと使徒の務めを受けました。それは、御名のためにあらゆる国の人々の中に信仰の従順をもたらすためなのです。
あなたがたも、それらの人々の中にあって、イエス・キリストによって召された人々です。――」
1:2〜6
 
福音は前から約束されていました。
そして、「神の救い」が良い知らせです。
なぜでしょうか?
この世には、多くのフラストレーション、政治的経済的問題があります。
福音は、この悪い世界の中にあってよい知らせだというのです。
 
?福音の源は神にある
 
福音派神からのものであり、神そのものです。
人間の発明によるのでもなく、国の権威者から出たものでもない、天からのメッセージです。
これは一番大切なことです。
この世の中では、多くのニュースソースから多くのメッセージがきます。
政治経済的問題について。
例えばフィリピンと中国との国境問題があります。
この地が神の声を聞きますように!
私たちは神なしでは生きていけません。
 
「しかし主は、その聖なる宮におられる。全地よ。その御前に静まれ。」ハバクク書 2:20
 
?福音の目的と内容は「神について」である
 
福音の内容は、国家権力や新しいテクノロジーではなく、オリンピックの世界新記録でもなく、神はどんな方かということです。
神はご自身の言葉に誠実であります。
福音は前から約束されていました。
 
「わたしは、おまえと女との間に、また、おまえの子孫と女の子孫との間に、敵意を置く。彼は、おまえの頭を踏み砕き、おまえは、彼のかかとにかみつく。」創世記3:15
 
人間がエデンの園で堕落した後すぐに、主は救いの約束を語られました。
そして、人間の歴史の中で段階的に救いが表されてきました。
歴史は神がみことばを成就した記録です。
福音派神の約束の上に立っています。
人の哀れみや運命の中にあるのではなく、神のみ手の中にあります。
 
?聖書においてあらわされている
 
神の約束した福音派、聖書に述べられています。
それは、神の真実さを示しています。
聖書は、人が持つことができる一番の財産です。
価値ある、永遠に続く財産です。
 
?人を神の器として用いられる
 
主は預言者を通してメッセージを語られました。
相互作用です。
神は人を用いられます。
救いの目的と手段として、神のすばらしい計画を強調しています。
なぜ天使を使わないのでしょうか?
天使なら、家もパソコンもケータイも必要ありません。
それに対して人は怒るし、疲れるし、病気にはなるし、子供の世話もしなければならないのに。
主は、人間の価値と威厳を強調しているのです。
神の代理人となることは、人の一番素晴らしい仕事です。
フィリピンでは、議長、村長、大統領が尊敬されますが、私たちは「神の代理人」なのですから、最も尊敬されるべき人です。
 
ここまでをまとめると
「福音」は
 ・罪のあがないの計画である
 ・予言され、聖書に書かれている
 ・歴史の中で中心的な焦点になっている
 
政治、経済の問題ではありません。
福音の本質は、「中心は神の子イエスキリストである」ということです。
キリストはふつうの人ではなく、神であり、かつ、完全な人間でした。
神秘的な存在です。
キリストは奇跡的な変化をしました。
身代わりの死からの復活。
罪の力あを壊し、新しい命をスタートさせました。
すべてを支配し、褒め称えられる方です。
すべての国の王。
世界の出来事は天に支配されています。
 
福音のメッセージへの望ましい反応は、こうです。
 
・信仰の従順。信仰と従順を切り離すことはできません。
・福音は人生を変える。それも、毎日。
・変えられた人々は社会をも変える。
 
?福音の要求
 
御名を宣言すること。
救われた私たちは、めぐみと使徒の務めを受けました。
悔い改めと宣教はひとつにつながっています。
責任は献身によって明らかにされます。
私たちは、キリストのしもべ、使徒として、福音のために選び抜かれたモノたちです。
 
たとえば、テロリストは任務のために命をかけます。
兵士もそうです。
私たちは、神の子、神の大使、世の光、地の塩です。
神の愛のメッセンジャーなのです。
 
船橋の目的は「御名のために」です。
キリストと父が栄光を受けるように。
 
まとめましょう。
 
?神はこの世と関わっている。
 歴史は神の永遠の計画の成就です。
 ひとりひとりが神のご計画を知るべきです。
?神の計画は、キリストの使徒復活によって続いています。
 キリストをのべ伝えることが必要です。
?神は約束に忠実です。
 毎日聖書の言葉を成就しています。
 だから、聖書を学ぶ必要があります。
?物質的肉体と霊的神学的な戦いがあります。
?福音の宣言は神の仕事である。
 これが最優先事項です。
 



ふぬけ^^

緊張の糸がぷっつり切れて、ふぬけております。
久しぶりに何も考えなくていい土曜日。
掃除するつもりでいたんですよ?
でも、どうにも眠くて
ごろごろして過ごしました。
 
そんな私に届いた癒しの1冊
 
Dsc_0413
 
どこの美女かと思いましたよ
はうん
 
 
来週こそは
掃除をして、ホットカーぺを処分するっ

肩の荷が

やっと降りた感じです。
この4ヶ月、職場で過ごす時間の大半を占めていたプレッシャー。
 
でも、ロミジュリで初舞台、初座長という佐藤さんの重圧に比べれば何ほどのものかと、心に言い聞かせてきました。
逃げたい、投げたい、そんな気持ちにもなったけど。
 
少しは落ち着くかな。

子ども会

もっくんは今日は子ども会の行事でした。
岐阜県の施設に行って、手作りピザに挑戦!
 
「で、どんな具だったの?」
「う〜んとね、○○と、○○と、○○と、○○と、○○!」
「何それ!」
「わかった!ピーマンと〜サラミと〜チーズと〜トマトと〜コーン!」
「ブブー!」
「じゃ、トマトと、ピーマンと・・」
「違う!」
「トマトと?」
「うん1個は合っとる。」
「バジルと」
「違う」
「あ、チーズと」
「どういうチーズ?」
「え?種類も?じゃ、粉チーズ」
「うん、あとは?」
「玉ねぎと」
「違う!」
「え〜?」
「じゃ、トマトと、粉チーズと・・・」
「ほかのチーズは?」
「え?他にもチーズ!?じゃ、ゴーダチーズ」
「それと?」
「え〜?まだチーズ?モッツァレラチーズ?」
 
こんなピザを作って食べたんですね^^
美味しかったって、大満足でした!♪
役員さん、おつかれさまでした!


あるかも

あれだけ毎日毎日愛を誓い合ってきたんだもん。
うん。
あってもおかしくない。
 
でもこのお仕事と恋愛って両立できるのだろうか。
 
 
 
 
佐藤さんが幸せならそれが一番。


7月15日 聖日礼拝

マルコの福音書 4章 35〜41節
「主が共におられる」
 
先週の日曜日の午後、大治グレースチャペルの起工式を行いました。
鄭先生が韓国で教師としての仕事を終えられて、第二の人生を日本での宣教にささげたいと願った時、母教会である「永楽教会」の牧師は高齢を理由に引き止めようとしました。
それでも宣教の思いは強く、鄭先生は単身日本に来られました。
そして、当時名古屋協会の牧師であった鈴木師から
「福音自由協会で働いて欲しい」
と申し出を受け、西教会の伝道師として、大治のマンションを借りて開拓を始めました。
その後1993年10月には倉庫を改装して、現在の大治教会ができました。
ちょうどその年の12月に、私は西教会に着任したのです。
その後、大治教会は「地区協議会」の手を離れることになりました。
 
しかし、当時大治には毎年新しい方が加えられており、まだ神の使命があると感じていました。
また、午後しか礼拝に出られないという方のニーズに応えることもできたした。
こうして、大治教会は、西教会と合流することになりました。
 
今回土地も購入し、その地に根を張って宣教を進めていこうとしています。
ここだけでなく、全世界に広がっているみわざを知りましょう。
 
今年のテーマは「交わりと宣教」です。
その中にはフィリピン教会との協力も含まれています。
協力の合意書が取り交わされることになっています。
Vision Tripという計画も立てています。
 
震災の被災地では、宮城県亘理(わたり)町という、仙台から南東の海岸線にある町に、民家を借りて国際機が対策機構と協力して「亘理聖書教会」ができました。
その牧師がインマヌエル名古屋教会に来ておられ、今週の祈り会に出席されます。
 
さて、今日の箇所では造られた者として生涯身につけていくべき真実が書かれています。
イエスが誕生するとき、御使いは父ヨセフに
「その子はインマヌエルと呼ばれる」
と言いました。
インマヌエルとは、「神は私たちと共におられる」という意味です。
イエスの誕生は、
「神が私たちと共にいてくださる」
というメッセージそのものです。
神は、遠く離れて眺めているような方ではありません。
近くにいてくださいます。
 
放蕩息子の例え話でも、
「父のもとに帰ろう」
と悔い改める時、走り寄って受け入れてくださる神の姿が描かれています。
息子として、神の子として迎え入れてくださるのです。
そして、新しいあゆみをはじめるようにと語られます。
 
「また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」マタイ28:20
 
イエスの誕生と、昇天という大切なときに、大事なメッセージが強調されています。
いつも共にいてくださる神を。
 
私たちは、神を近く感じたり、遠く感じたりします。
それは、私たちの心の問題です。
不都合な状況に陥ると、「見捨てられた」と思いがちです。
 
弟子たちですら、最初からイエスを分かっていたわけではありません。
 
「イエスはまた湖のほとりで教え始められた。おびただしい数の群衆がみもとに集まった。それでイエスは湖の上の舟に乗り、そこに腰をおろされ、群衆はみな岸べの陸地にいた。」マルコ4:1
 
湖の岸辺に、おびただしい群衆が押し寄せました。
船で沖へ漕ぎ出し、イエスは船からメッセージをされました。
湖畔のなだらかなスロープを利用した天然の舞台です。
 
おそらく群衆はイエスの話を聞いて
「なんていいお話だろう!」
と思ったでしょうが、その意味はよくわかりませんでした。
例えば、映画のストーリーはわかるけど、映画が何を言いたかったのか、何を訴えたかったのかは考えていないようなものです。
「私の生活とは関係ない。」のです。
 
しかし、作り手には意図があります。
「伝えたいメッセージは何なのか?」
を受け取って欲しいと願っています。
もし宮崎アニメであれば、そのテーマは「自然との共生」でしょう。
 
聖書は多くのことを例えで話されています。

「イエスは、このように多くのたとえで、彼らの聞く力に応じて、みことばを話された。
たとえによらないで話されることはなかった。ただ、ご自分の弟子たちにだけは、すべてのことを解き明かされた。」
マルコ4:33、34
 
その意味は、弟子たちにだけ、解き明かされました。
聞く力に応じて話されました。
イエスの例えが自分とどうかかわりがあるのか、多くの人々は理解できませんでした。
が、弟子にだけは解き明かされたのです。
それは、群衆は聞いて感心して終わるだけなのに対して、弟子たちはしばしば
「どういうことですか?」
と聞いたからです。
彼らは求めました。
探しました。
叩きました。
群衆は受身で、何かもらえたらラッキーとしか考えていませんでした。
 
説教をしたあとで、
「良いお話をありがとうございました。」
と言われると、何も分かっていない社交辞令かな・・・と感じます。
「○○の点で教えられました。」
と、具体的に自分のこととして受け止めていただきたいのです。
 
群衆はいい話を求めています。
弟子たちはわからないままでいるとフラストレーションがたまるので、意味を聞きました。
成長のために大事なことは、「分からない」と認めて正直に聞くことです。
そうすると、主は親切に教えてくれます。
それが知恵になります。
分からないのは恥ずかしいことではありません。
が、そのままでいてはいけません。
 
15年前、ひとつのアドバイスを受けました。
「先生が何でも知っている必要はありません。
知らない分野を知っている協力者を持つことです。
教会に集う多様な人に対応するために、多様な人脈を持ちなさい。」
と。
 
ご存知のとおり私は牧師の息子として育ちました。
それゆえに社会の状況がよく分からない面がありました。
たとえば、家に仏壇はありません。
お坊さんと会ったこともありませんでした。
私は、もう少し世の中のことを知っておく必要があると思いました。
そこで、神学校に入学する前1年間、できるだけいろいろな仕事をしようと思いました。
旋盤工、ビラ配り、呉服屋の展示会、などなど、20〜30業種の仕事をしました。
それだけですべてがわかるわけではありませんが、自分の知らない世界がこの世にいっぱいあるということが分かりました。
 
中でも一番辛かったのは冷凍工場での仕事でした。
午前6時から午後7時まで13時間。
外は30度を超える暑さなのに、庫内はー20度。
そこでずっと働いている方は、「仕事が人生だ」と言っていました。
休みの日はひたすら寝ていると。
これは、ファミリーレストランの台所を支えるための仕事です。
楽しい食事の裏にこのような過酷な仕事があるのだと思いました。
 
人生の中で、わからないことがあれば、イエスに解き明かしてくださいと求めればよいのです。
そこに主の意図があることを知っておく必要があります。
「なぜ?」
という問は大切です。
 
イエスと弟子たちは向こう岸へ行くことにしました。
何のために?
嵐に会うために。
 
弟子たちはあわてました。
イエスは眠っておられました。
私が思うに、イエスはタヌキ寝入りしていったのではないでしょうか?
弟子たちがこの嵐にどう向き合うかを試していたのでは?
 
「ところがイエスだけは、とものほうで、枕をして眠っておられた。弟子たちはイエスを起こして言った。『先生。私たちがおぼれて死にそうでも、何とも思われないのですか。』」4:38
 
「私たちがおぼれても」と言っていますが、そうなれば一緒にイエスも溺れることにならないでしょうか?
この嵐は、イエスが共におられる平安を教えるためでした。
嵐の中で信仰を働かせることが大事です。
主が私を心配してくださることを実感するためのできごとなのです。
クリスチャンでも悩みます。
「どうして?」と思います。
進行が生きて働いて、例えが解き明かされます。
「今も主は守ってくださっている」
と実感として受け取る時、成長していきます。
「困難に出会わないこと」ではなくて、「どんな時でも神がともにおられることを実感すること」こそが、学ぶべきことです。
自分を見失わない平安を得るために。
また、同じ苦しみの中にいる人を励ますために。
 



ポケモン

昔からそうなんですが、ピンチになると
「おかあさん、やって〜><」
と泣きついてきます
 
数年前、まだもっくんがゲームをやり始めたばかりの頃。
例によって救援要請。
「どれどれ」
と、見てみると、四天王だし!!!
しかも、四天王と対決してる途中でレポート書いちゃってるし。。。
仕方なく戦い始めると、「すごいきずぐすり」が10個ほどしかない
元気のかけらもほんの数個。
6体のうち、1体はレベルが30もなかった気がする。
というか、最初にもらうメインのポケモンだけが60レベルぐらいで、あとはとんと育ってないし
これでどう勝ち抜けと
もうやけくそになって、弱いのは生贄にして、首の皮一枚でクリアしたのはいい思い出です
 
なんというか、こういうスリルをくぐり抜けて勝つことこそがゲームの醍醐味だと思うんですけどねぇ。
そこを人にやってもらって何が楽しいんだか理解不能です
 
さすがに、もう10歳15歳20歳ともなると、そうそう頼ってきませんが、むしろ面倒なことを押し付けられます。
「四天王に挑戦する前にレベルアップしたいから、全部60ぐらいにしたいんだ。
育てて〜。」
とか、
「メタモン捕まえて〜」
とか。
 
昨夜は
「エムリット、捕まえて〜」
と言ってきたのが「サマーウォーズ」が終わったあとだから、午後11時頃。
すでに戦闘状態で、相手は麻痺してて、HPも赤まで減ってました。
「いいよ。」
気軽に引き受けたものの、しぶといよ、エムリット
いったい何個ハイパーボールを投げたことやら。
私も眠くて、寝おちすること数回。
それほど長時間ではないけど、ハッと気づくと画面が
「デンリュウはどうする?」
になってて、あわわわw
こんな状態なんで2体もやられてしまいました
うっかり「にげる」を押したらどうしようかとドキドキでした。
11時半を過ぎた頃。
わるあがきが始まる前にGETできてやれやれ。
おかげで今日も一日眠かったです
 


しおり♪

先週の買い物の時、りーちゃんが本屋さんで見つけてくれたモノ
 
Dsc_0410
 
もう1回読みたくなるよ。
これは買うしかないのか?

個人懇談(親バカ御免)

おとつい、りーちゃんの懇談会に行ってきました。
前にも書いたとおり、驚くほどの成績なので先生からお小言は一言も聞かれませんでした。
こんなこと初めて。
 
先生に
「高校になってから、何か変わりましたか?」
と聞かれて、思わず
「ものすごく勉強するようになりました。」
って言っちゃって、あとでりーちゃんに
「先生のうちに対するイメージ変わっちゃったかもしれんし!」
と叱られました
 
小学校のころは九九に苦戦し、漢字は偏とつくりが逆なことはしょっちゅう。
中学でも漢字は大の苦手でした。
ローマ字は中学校でやっと覚えたようなもの。
しかもpとq、dとbは逆になるし。
正直言って、
「料理や裁縫が大好きだし、勉強はいいから好きなことをやればいい。
普通科から大学じゃなくたって、職業高校で資格を取って就職するのもいいし。」
と考えていました。
 
それが豹変。
 
夏休みの学習計画表を担任に提出したそうですが、翌日の朝のSTで
「これは良い計画表だ。」
と、りーちゃんのが見本として紹介されたとか。
 
決して勉強ばかりしてるわけじゃなく、アニメも見るし、漫画は読みふけるし、お絵かきもしてるし、ポケモンは四天王クリアしてるし、ちゃんと遊ぶときには遊んでますw
あまにりも順調すぎて、この先大丈夫かしらと返って心配になるほどです。
 
本人によれば
「中学校って頭良い子がいるから、どんなにがんばってもかなうわけないけど、高校って同じぐらいの子ばっかりだから、がんばれば順位あがるし。」
だって。
ま、プツンと糸が切れない程度にがんばっておくれ


プロフィール

ステファニー

Author:ステファニー
プロテスタントのクリスチャンです。
佐藤たけるさんおたくです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザータグ

るろうに剣心 イベントレポ 天皇の料理番 バクマン。 セカネコ PFフライヤーズ 鶴瓶の家族に乾杯! 2010カレンダー 真田丸 何者 懸賞 あさが来た 知多 超ネプの法則 Q10 ピンポン 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
//折りたたみ