ふーみんが一番くじをひいてきました
「偽物語」。
「3回分」
と言って、くじをひいたそうです。
 
1枚目。
ペリペリとめくると・・・
 
 
 
なんと!
A賞
阿良々木火憐フィギュア
 
 
 
 
「あの・・・A賞です。」
「おめでとうございます!!!」
 
 
 
2枚目。
 
 
 
 
B賞
阿良々木月火フィギュア
 
 Dsc_0359

 
ありえん
 
 
 
 
3枚目。
 
 
 
 
F賞
プレミアムアートグラス。
キャラがいっぱい描いてあるやつでした。
 
 
 
すごすぎる・・・
ここで一年分の運を使い果たしたのではあるまいな
 
 
 
これを聞いたりーちゃんが、
「うちも〜」
って引いたらば。。。
 
 

 
 
G賞。
きゅんキャラ。
羽川翼。
が、りーちゃんは気に入らず
ふーみんのお友だちがこれを持ってないらしく、その友だちが2個持っている戦場ヶ原ひたぎと交換してもらうそうです。
めでたしめでたし
 


スポンサーサイト

眠いよ〜><

なので、寝ます。
おやすみなさ〜い

いや〜楽しかった♪

月に1度のお楽しみ、TAKERU TV
今月は舞台が大変だし、無理かな〜と思っていたら、豪華ゲストお二人を招いての最高に楽しい回になりました
 
コングさんがこんな素敵に面白い方だったとは!!!
姜さんも飲むわ飲むわw
ナイスつっこみ連発だったし
これは関西弁の魔力もあるよね〜^^
 
カンパニー全員で飲みにくとか、仲良すぎるエピソードもあって、幸せでした。
しかし、生電話相談は笑った
ドS佐藤さんは
「別れましょう」
とバッサリ。
姜さんは
「嫉妬してくれるのはいいことじゃないか!?」
と言い、コングさんは・・・wwwww
一人芝居が最高でした
同世代ゲストとはまた違う面白さが漂ってましたねw
発言率的には佐藤さんがメインには思えないほどwww
1時間があっという間に過ぎてしまいました。
 
実はキッチンで洗い物をしていて、ふと時計を見たら9時2分前
やばかった。
あの時よくも時計を見たと思うよ、自分。
またそのタイミングで実家から電話かかってくるし!!!
どさくさにまぎれて
「すみませ〜ん!!!」
って残ったお皿を姑さんにまかせてPC前に着座したのでした
おばあちゃん、ほんとにごめんなさ〜い><
 


数日前、帰宅する車の窓を開けていたら、
♪ケロケロ♪
と、カエルの合唱が聞こえてきました。
そろそろ田植えが始まり、たんぼに水が入ったからでしょう。
 
今日は「行行子(ぎょうぎょうし)」ことオオヨシキリが声を張り上げて縄張りを主張していました。
外を見るとごく狭いけれど葦の群。
夏の訪れを感じます。
 
行き交う学生さんも合服から夏服を多く見かけるようになりました。
りーちゃんは2週間ほど前から合服。
これはある意味JKのステータスシンボルなんですよね
中学校にはない、夏用の白い長袖セーラー服。
最近は公立高校にもエアコンが導入されているので、ほんとに合服が多くなりました。
はっきり言って、通学途中は汗だくだと思うんですけど、あくまでも伊達の厚着w
ふーみんも、一度も半袖を着ませんでした。
一応1着は半袖を買ってありますが・・・着てくれるかな???


5月20日 聖日礼拝

エペソ人への手紙 1章13〜14節
「神は私たちを祝福される? 〜御国を受け継ぐ保証〜」
 
 
*この日は宣教デーで、望まない妊娠や中絶に苦しむ女性を支援する「ライフ・ホープ・ネットワーク」の報告がありました。
  
「またあなたがたも、キリストにあって、真理のことば、すなわちあなたがたの救いの福音を聞き、またそれを信じたことによって、約束の聖霊をもって証印を押されました。
聖霊は私たちが御国を受け継ぐことの保証であられます。これは神の民の贖いのためであり、神の栄光がほめたたえられるためです。」
1:13,14
 
「なぜ自分は不幸なんだろう?」
と思うことがあるかもしれません。
が、実は恵まれているのだと教えられます。
 
牧師をしていると病院に行く機会が多いです。
自分が病気だからではなく、お見舞いのためです。
元気な状態で病院に行くと、心身が苦しいわけではないので周りがよく見えます。
そして
「こんなにも病んでいる人は多いのか」
と気づきます。
普段、病んでいる人は教会に来られないので気づかないからです。
私たちは守られて、今、教会に来られているとわかれば、自分には何ができるのかを考えるでしょう。
それが献身です。
世の中を劇的に変えられるわけではありません。
が、先ほど報告されたシンシアの「ライフ・ホープ・ネットワーク」の番組では、我が子を養子に出した母親が
「赤ちゃんの命だけは守れたけれど・・・」
と涙を流していましたが、その命さえ守れない人が多いのが現実です。
勇気を振り絞って涙を流したことの中で、ひとりの人の人生が始まっていったのです。
そこに神の愛があります。
 
一人が救われるために多くの労苦があることを忘れてはいけません。
私には何を守ることができるのか?
自分の課題、家族の課題、地域の課題の中で、私に守れるものは何か?
できることは何か?
そこに目を向けることが献身です。
ひとりひとりが取り組むなら、少なくとも今より良い社会になることでしょう。
「神がしてくれる」「だれかが愛してくれる」と待っている受身の姿勢を持ちやすいのが人間です。
が、まず愛そうとすることで、愛が分かり、目にとまります。
「○○しなさい」という命令は、神の豊かさを知るためのものなのです。
 
さて、前回は
 
「私たちは彼にあって御国を受け継ぐ者ともなったのです。私たちは、みこころによりご計画のままをみな実現される方の目的に従って、このようにあらかじめ定められていたのです。
それは、前からキリストに望みを置いていた私たちが、神の栄光をほめたたえる者となるためです。」
1:11,12
 
から救いの究極の目的を学びました。
それは
・神の栄光をたたえる
・神に感謝を捧げる
ということでした。
 
私の結婚式の時、父はコロサイ人への手紙3章からメッセージをしてくれました。
親戚、友人が大勢来てくれたことに感謝の心をもって歩むようにと。
 
不平不満が生じるのは、目に留まる現実と真実が違うと感じる時です。
現実の中で、神のめぐみを見失いがちです。
ありのままの現実を、神も同じように見ているのです。
が、神は違う見方をしています。
私たちが「なぜ?」と問いたくなるとき、「これは起こるべくして起きたことであり、それは祝福へ至る道だ」という見方をしましょう。
自分の考えや経験に寄り頼んでいると神の国は見えません。
新しく生まれなければそれは見えないのです。
自分の考えを持つのは当然ですが、神はそれをどうご覧になっているか?を思うことが必要です。
 
私の書斎にはたくさん本がありますが、それはほとんど恩師が勧めてくれた本です。
尊敬する先生に、3冊ずつ、良い本を勧めてもらったのです。
神学生時代の友人に川崎くんという人がいました。
彼は読書家で、勉強の合間にはいつも本を読んでいました。
「息抜きに小説を読むとリラックスする。」
というのでした。
私は驚きました!
ずっと机に向かって勉強し、その息抜きにまた本を読むなんて、考えられなかったからです。
私にとっての息抜きは、体を動かすことでした。
この時、私は思いました。
「手当たりしだいに本を読むのはやめよう。」
と。
川崎くんほど本が好きでない自分が、手当たりしだいに読んでいては、読む価値のない本に時間を費やすことになりもったいないと思ったのです。
それ以来、進められる本だけを読んできました。
 
そういった本の中に"In His Step"という本がありました。
昭和25年出版の邦訳は「御足の跡」という題の小説です。
それは「もしここにキリストがいたら・・・」という視点を教えてくれました。
 
私たちは主が私とともに歩んでくださっているという事実を忘れています。
共に苦しんでくださる方がいるということを。
私を心配してくださる方がいることを。
主は私の良い部分も、そうでない部分も、ご存知だということを。
「わかっていてもできない」ということを知っておられるということを。
それでも、私を愛して、神の子にし、栄光をたたえることができるようにしてくださっているということを。
 
自分が満足するために、物事の決着点を作るのは間違っています。
あなたの考えを喜ばない人もいるからです。
クリスチャンのゴールは「神が褒め称えられる」ようにすることです。
それを間違えなければ、必ず祝福されます。
「自分が」成し遂げたいことを求めるから、ひずみや対立が起こるのです。
自分は満足しても、背後で涙を流す人が出てくるのです。
「確かに神が導いてくださった」
と言えるようにしましょう。
 
私たちには聖霊による証印が押されています。
先ほどの番組で「特別養子縁組」の説明がありました。
神は、私たちを「実の子」として受け入れてくださいます。
親の財産を受け継ぐのは子どもです。
その保証として、神は私たちに聖霊を与えてくださいました。
 
「間違いなく私は神の国に入れる」
という確信がありますか?
もし「ある」のならば、その根拠はなんですか?
それは私たちの内に住まれる「聖霊」です。
保証するのは聖霊を与えられた神です。
 
ではどうすれば聖霊を主からいただけるのですか?
福音を聞き、それを信じることによってです。
信じるとは「信頼する」ことです。
「神はそうしてくださる」と信じることです。
 
NPO恵泉会の作業所で、こんなことがありました。
ある方が仕事を休まれて、
「休んでごめんなさい。」
と言われました。
「気にしなくてもいいよ。」
と答えたのですが、
「悪いことをしてしまいました。
許されない罪を犯しました。
迷惑をかけました。」
となんども繰り返し、そこから抜け出せないのです。
それは私が言っている言葉を聞いていないからです。
「気にしなくてもいいよ。」
と言っているのに、
「そんなはずはない。」
という自分お内なる声に聞き従っているのです。
私の言葉を信じていないのです。
 
これは私たちにもあることです。
どんなに神の救いの言葉を聞いても
「そんなことでゆるされるわけがない。」
という内なる声から解放されなければ、罪から自由になれません。
自分が自分を責めるのです。
他の人は大丈夫と言ってもです。
自滅するのはこのパターンです。
 
「キリストは、私たちのために、ご自分のいのちをお捨てになりました。それによって私たちに愛がわかったのです。ですから私たちは、兄弟のために、いのちを捨てるべきです。
世の富を持ちながら、兄弟が困っているのを見ても、あわれみの心を閉ざすような者に、どうして神の愛がとどまっているでしょう。
子どもたちよ。私たちは、ことばや口先だけで愛することをせず、行ないと真実をもって愛そうではありませんか。
それによって、私たちは、自分が真理に属するものであることを知り、そして、神の御前に心を安らかにされるのです。
たとい自分の心が責めてもです。なぜなら、神は私たちの心よりも大きく、そして何もかもご存じだからです。
愛する者たち。もし自分の心に責められなければ、大胆に神の御前に出ることができ、
また求めるものは何でも神からいただくことができます。なぜなら、私たちが神の命令を守り、神に喜ばれることを行なっているからです。」
ヨハネ第一の手紙3:16〜22
 
正直に生きましょう。
偽らずに生きましょう。
できないのに「できる」と言って、自滅しないように。
「無理です!」と真剣に言う人に無理に「やれ」とは言われません。
「はい」は「はい」。
「いいえ」は「いいえ」です。
 
「愛してる」というのなら、実際に行動で示しましょう。
愛せないのなら、そう正直にいえばよのです。
偽善という言葉があります。
愛していないのに、「愛してる」というから心が責められるのです。
正直に生きれば神の前に心安らかにされます。
 
正直に「難しい」と言えばよいのです。
主は何もかもご存知なのだから。
「たとい自分の心が責めてもです。」
神の心は私の心より大きく、愛を持って受け止めてくださっているという真実を知るとき、本当の意味で自由になります。
 
「○○する必要があります。
でもできません。
知恵と力が足りません。
成し遂げる知恵と力を与えてください!」
これが私の祈りです。
このような祈りのあとで「自分がやった」とは言えません。
神を褒め称えることになります。
 
自分を責めてはいけません。
どうしても責めてしまう時、
「それでも神は許してくださっている」
と、自分に言い聞かせましょう。
神ご自身が「許す」と言っておられるのですから。
それを信じるか、自分の内なる思いに聞き従うか?
それはアダムとエバの罪です。
自分の内なる声に聞くのは破滅への道です。
神に信頼し、前に出る時、新しい経験が始まり、神の御技が見えるようになります。
 
義人はいません。
心も体も病んでいます。
でも、神を信じて今ここに来ているのが私たちです。
 
「神をほめたたえられるように、私を用いてください」
と祈りつつ歩みましょう。



発券してきた^^

このチケットは記名されててちょっとドッキリ
前回よりちょっと後ろ目の席だけど、オペラグラスなしで肉眼(コンタクト経由だけど)で生佐藤さんと全体を見るようにしようと思います。
 
20120526_180700
 
一番鋭いりーちゃんにはもうバレました
 
「へー
行くの?
また行くの?
どんな目で見られるのかなー。」
「だれに?」
「お父さんに!
一応忠告しとくわ。」
「もうお父さんには言ったよ!」
「へー
どんな顔してた?」
「土下座してたからわからんわ!」
「あー可哀想に。」
「もっくんには黙っといてよ!!!」
  
歯に衣着せぬ毒舌りーちゃんには参ります
 


運命だ

昨夜遅くに、ふとクリックしたボタンがぴあのサイトに飛んだ。
 
 
 
数日前には「予定枚数終了」だったはずなのに。
 
「受付中」になっているではないか
 
しかも、私が希望していたけど諦めていた日も△(のこりわずか)で販売していた
 
 
 
 
これはもう
「買いなさい」
と言われているとしか思われない。
 
パスワードを忘れちゃってて手間取ったけど、ログインはすんなりできてしまった。
 
 
 
 
そんなわけで、行くことになりました。
大阪。
二度目を願ってもかなわぬ方もいるというのに、すみません。
でも正規ルートで買ったチケットで堂々と行けるのがうれしいです。
 
 
 
電王トリロジーの声優さんイベントで訪れたシアターBRAVA
なつかしい〜
そこでまた佐藤さんに会えるなんて、これはもう奇跡
 
はい。
ダンナさまには土下座して「行かせてください」とお願いしました。
許してくれてありがとう 
 
子どもたちにはまだナイショ・・・

NICI

りーちゃんふーみんの大のお気に入り。
NICIのぬいぐるみたちちです。
 
Dsc_0368
 
手触りがやわらかくて、かわいらしい動物たち。
くまちゃんの他にもネコやカバやイモムシや、いろんな生き物がいます。
 
これ、そうそうそこらに売ってないらしく、確実にある場所はしっかりチェックしています。
今日はそのひとつに行ってきたので、ふたりへのお土産で買ってきました。
ほんと、可愛いわ〜♪

揺れる心

一日に何回も
「もう一度観たい!」
って思う。
 
チケットを物色する。
「買えなくもないよね。」
って思う。
 
でも
「やっぱり言い出せないよな〜」
って考え直す。
 
ロミオ記事を見つける。
「そうだったよね。確かめたい!」
って思う。
 
きっともっくんが
「お母さんばっかりずるい!」
って言うよね。
(もっくんは全然ロミオを見たいわけじゃなく、大阪のカードショップに行きたいだけ)
 
「そんなにまでして行きたいか?」
って自問する。
 
「一度見れただけでもラッキーだし!」
って思ってみる。
 
「DVDでいいんじゃないの?」
って言い聞かせる。
 
そんなことの繰り返し。
  
 
 
はぁ・・・ε=(・д・`*)
 


日食

かなり前にスーパーに行った時、「日食観測用メガネ」的なものが売られていました。
「へ〜」
って思っただけで買わなかったんですが。
今朝になって後悔しました
こんなにいい天気になるなんて><
 
もっくんなんて、日食のおかげで30分も登校を遅くしてもらってるのに、見ないなんてもったいない。
TVで紹介してたので、テレカの穴を通して観察〜。
 
Dsc_0363
 
5つ穴があいていたので、5個、三日月状の太陽が映ってますね^^
この時点で出勤したので、リング状の太陽は見られませんでした
赤信号の時、雲に隠れた太陽をチラ見したり、紙にボールペンの先で穴を開けて、シートに映してみたり涙ぐましい努力をしましたが残念。
それはそれとして、あたりがなんとな〜く夕暮れどきのような薄暗さを帯びて、不思議な朝でした。
 
私     「おかあさん、見れなかったよ。」
りーちゃん「うちも。チャリこいでたし。
      でもさ、29年後にまた見れるらしいよ。」
私     「え?な〜んだ、そんなにすぐに?」
ダンナ  「それ、見れるかどうかわからんなぁ。29年後だよ?」
私     「・・・・・
       そっか。そういえばそうだわ。」
 
自分はいつまでも20代だと思っとりました
もうカウントダウンに入ってるんだわ・・・

プロフィール

ステファニー

Author:ステファニー
プロテスタントのクリスチャンです。
佐藤たけるさんおたくです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザータグ

るろうに剣心 イベントレポ 天皇の料理番 バクマン。 セカネコ PFフライヤーズ 鶴瓶の家族に乾杯! 2010カレンダー 懸賞 ピンポン 真田丸 あさが来た 知多 何者 超ネプの法則 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
//折りたたみ