掘り出し物♪

昨日の午後に、やっと年賀状を書き終わりまして、大晦日に大掃除です(^_^;)
スタートが遅かった割には片付いたな、と自己満足。
子どもたちもそれぞれ自分の部屋を掃除しました。
そしたら、こんな懐かしいスケッチブックが!

掘り出し物♪

りーちゃんが保育園で描いた絵です。
当時大好きだったアニメの「Dr.リンに聞いてみて」(だったかな?)に出てきたキャラです。
たしかサンタさんに「風水羅盤」とやらをもらったはず。

掘り出し物♪

こちらは、美大を目指すふーみんが保育園年中組の頃に描いたポケモン(o^∀^o)
さすがですねえ。

掘り出し物♪

このスケッチブックはなんと入園から数えて11冊目!
とにかく、お絵描きが大好きで、暇さえあればどんどん描いてましたから。

大掃除のおかげで、しばし思い出にひたれた大晦日でした(*^o^*)
では、みなさん、よいお年をお迎えください!

スポンサーサイト

12月20日 クリスマス礼拝

ヨハネの手紙第一 4章7〜16節
「神の愛のあかし」
 
「愛のない者に愛はわかりません。神は愛だからです。」4:8
「キリストは、私たちのために、ご自身のいのちをお捨てになりました。それによって私たちに愛がわかったのです。ですから私たちは、兄弟のために、いのちを捨てるべきです。」4:16
 



クリスマスおめでとうございます。
イエスは「インマヌエル」と呼ばれるかたです。
それは「神がともにおられる。」という意味です。
イエスの誕生そのものが、「神がともにおられる。」というメッセージです。
イエスは十字架に架けられた後復活し、
「世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」マタイ28:20
と約束されました。
そして、イエスが天に帰られた後にも聖霊を遣わし、私たちの内に住んでくださいます。
 
クリスマスカラーと言えば、「赤・白・緑」ですね。
それぞれにはちゃんと意味があります。
赤は十字架で流された血による贖い。
白は罪の赦しによってきよめられた魂。
緑は永遠のいのち。
 
私は幼い頃からずっと神さまを信じてはいましたが、主が御子さえおしまずに与えるほどに愛されているということを知ったのは中三から高一にかけてのことでした。
みなさんは自分の価値というものを知っていますか?
私たちの中にある価値を奪うもの…それは劣等感です。
それを隠すために背伸びし、明るく振る舞ってごまかそうとするのが人間です。
でも、主は全てを知った上で「あなたは私の目には高価で貴い。」と言われるのです。
 
私たちは値札を見て、そのものが高いか安いかを判断します。
「安い」と思うのは、値段よりも物の価値が高いからです。
主が私のために払ってくださった代価は、ご自身の御子でした。
それほどに愛してくださっているということです。
「賜物」というと、まっさきに「才能」が思い浮かびますが、痛みや苦しみも「賜物」です。
そいうものがあるからこそ、他の人を励まし、助けるために輝けるようになるからです。
健康、豊かさ、才能、地位を求めてもかなわないとき、それも賜物です。
そうでなければ知ることのできない知識や経験があるからです。
失敗も含めて全てを通して、今の私がいるのです。
たとえ「なぜなのか」は分からなくても、主が教え、励まし、導いてくれます。
辛い経験を力に変えられるようにしてくださいます。
だから、自分を愛し、受け止めていきましょう。
 
私が神学生だったころ、ある先生が交通事故を起こしました。
先生は悩み苦しみ、牧師をやめようかとさえ考えました。
ところが数年後、その教会の熱心な青年が交通事故を起こしたのです。
その時、先生は自分の経験はこの時のためだったのだと知りました。
同じ経験をしているからこそ、その悩みも苦しみも共有することができたからです。
意味のない経験は一つもありません。
 
ここにロウソクがありますが、ロウソクだけではその価値を発揮することはできません。
火をともしてこそ価値があるのです。
でも、だれかが火をともさなければ、ロウソクは自分で光ることができません。
イエスがいのちの光をともしてくださらなければ。



また7♪

また7♪

画塾の冬期講習に参加するふーみんのコンビニ弁当を買いに寄りました。
で、人目を気にしつつ2、3本奥をまさぐって見つけました(^_^)v

また7♪

ライナーフォーム♪

また7♪

よくできてますよね!
さっそくケータイに付けましたw

また7♪

そして、午後には最後のスタンプを求めて車で20分ほど走りました。

また7♪

そこで引いたのがロングタオル・アポロガイスト様。
店員さんが最初に手にしたのがディエンドだったので、ちょっと期待したんですけれども(^。^;)
もっくんはやはり悪者はお気に召しませんでした。

本日の釣果♪

本日の釣果♪
711です!
スタンプラリーをしがてら一番くじを引いてきました。
特に狙っている獲物があったわけではないですが、電王は当たりませんでした(>Σ<)

キーホルダーがWとディケイド。
ハードパスケースはW。
ボールペンはルナトリガー。
パスケースとガイアメモリはもっくんに取られました(^。^;)
キーホルダー、どうしようかなぁ…。
まだあとひとつスタンプを押しに行かなくちゃいけないんですが、希望のライナーフォームは近所にはありません。
明日遠征してくるかな〜w

のだめ映画♪

のだめ映画♪
きのう、娘二人といっしょに観てきました♪
「とうとう最終章かぁ」
と、少し寂しい思いをしながら買ったチケット。
よく見たら「前編」!?
しかも劇場での予告によれば、後編は4月( ̄○ ̄;)
あのシーンで終わっといて、4ヶ月待てと!!!
シンケンとWを2週間待つ比じゃないですよ〜〜〜!
もちろん結末はコミックスですでに知っていますけど。
でも!待ち遠しい\(+×+)/

そのコミックス23巻ですが。
あぁ…こんなにあっけなく…
というのが感想ですw
ただ、天ファミみたいに、いきなり6年後を見せられたりしてないので、その気になればいくらでも番外編とか描いていただけそうな気がするんですが、どうでしょう?

初タルト♪

初タルト♪
イブイブからイブにかけて、りーちゃんと初めていちごタルトに挑戦。
大きいの1個とタルトレット7個できました。
手作りのカスタードクリームは絶品です!(b^ー°)

りーちゃんによれば、家庭科の宿題だそうで、お友だちはクッキーを焼きに来ていました。
昨日はふーみんもクッキーを焼いたので、我が家のオーブンはフル稼働。
インストラクターの私もへとへとでした(>Σ<)
でも、おいしくできたからいいや♪

12月13日 聖日礼拝

イザヤ書 53章4〜12節
「主のみこころは彼によって成し遂げられる」
 
不安な状況にあるにもかかわらず、それを乗り越えるには希望が必要です。
イスラエルの救いを待ち望んでいた老人シメオンも、女預言者のアンナも、生涯の終わりにとうとう念願がかなって幼子イエスに会うことが出来ました。
二人はゆるがない希望をもっていたのです。




旧約の時代の人々はメシヤ=キリストを待ち望んでいました。
キリストが来られた後に生きる私たちは、感謝をします。
そして、約束が実現したことを忘れないように、記念日としてクリスマスを祝います。
同時に私たちは待ち望むこともしています。
私たちが待っているのはイエス様の再臨です。
 
主の救いは全ての人々にもれなく与えられています。
しかし、強制はされていません。
要らないという人に押しつけることはできません。
「私も下さい」と申し出ることが、すなわち信仰です。
拒否せずに受け取るということです。

 
「主のみこころは彼によって成し遂げられる」53:10
「みこころ」とは何でしょう?
どう実現するのでしょう?
イエスが来られたとき、人々が抱くメシア像と主の計画の間にはギャップがありました。
弟子でさえ、理解していませんでした。
イエスに「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか?」
と尋ねられて、ペテロは

「あなたは、生ける神の御子キリストです。」マタイ16:16
と答え、イエスに褒められました。
しかし、この後イエスがご自分の使命(人々の罪のために苦しみ、殺されるということ)を話されると、ペテロは

「そんなことが、あなたに起こるはずはありません。」マタイ16:22
とイエスを諫め、始めました。
そしてイエスに、
「下がれ、サタン。あなたは神のことを思わないで、人のことを思っている。」
と叱責されてしまいました。
 

神のみこころは、人間には想像だにできないことです。(53:13)
「だが、私たちは思った。
彼は罰せられ、神に打たれ、苦しめられたのだと。

しかし、彼を砕いて、痛めることは主のみこころであった。」
53:4
「十字架は失敗だった。」
と言う人々がいます。
でも、だれでも、どうでもいいもののために犠牲を払うことはしません。
自分がどれほど愛されているかを知らず、自分を卑しめることは的はずれなことです。
 

「私たちはみな、羊のようにさまよい、
おのおの、自分勝手な道に向かって行った。
しかし、主は、私たちのすべての咎を
彼に負わせた。」
53:6
自分勝手な道に進むことが、すなわち罪です。
「自分の考えを捨てよ」という意味ではありません。
自分の考えを大事にしながら、神の国の実現のためには何を優先させるべきかを考えるのです。
 
「苦しみ=罰」だという理解は間違っています。
苦しみにあうとき、それは大きな祝福のご計画の一部だといくことを覚えておきましょう。
主は、私を用いようとしておられるのだと。
私たちは、頭の中だけで理解していても、経験しないと分からないことがたくさんあります。
私は今年、階段を7段落ちて腰を痛めました。
痛めて初めて、腰がどれほど大切か分かりました。
一カ所具合が悪いだけで、全身が辛いという経験をしました。
苦しみを通して、「今まで分からなかったことが分かるようになる。」という見方をしましょう。
また、教会には苦しみ悩む人がいるからこそ、様々な人が教会に来ることができるのです。
健康で動ける人がバリバリやるだけが、教会の成長なのではありません。
多様な人々が支え合うことが、教会の「成熟」なのです。



ざ・げーむ

ざ・げーむ



月曜日にローソンで引き取ってきました♪

ざ・げーむ

これまた過剰包装(^。^;)

ざ・げーむ

オマケはポーチ。
これは使うべきか!?
何に?
どうせなら職場で自慢したいしw

ざ・げーむ

本体はこんな感じ。
今日は祝日なので、全編見ましたよ♪
オムニバス形式の短編映画、面白かった。
通くん、あそこで友だちを売ったら嫌いになるところだったよw
男クラのノリは爆笑だったし!
神木くんはひたすら怖かった(((°□°;)))
佐藤さんのメイちゃんハグは反則!!!
はう〜ん…

公演ダイジェストは…うらやまし〜〜〜っっっ!
全員握手でしたか!?

最後の佐藤さんの挨拶にしんみり。
インフルエンザを乗り越えての仕切り直しでしたからね。
あと裏舞台編で、最終回に出陣する直前に、円陣を組んで語る佐藤さんの言葉。
「お客さんへの感謝の気持ちを伝えられるようにがんばりましょう!」
これに佐藤さんの人柄を感じましたよ(o^ ∀^o)

降臨…

降臨…



土曜日に届いたんですけれども。
商品到着ラッシュに、我ながら呆れてしまいます。

降臨…

この方はイマジン体では武器をお持ちにならないのね。
リュウタには、これでもかというほど「手」の取り替えパーツがついていましたが、ジークはこぶしが一対とティーカップを持つ右手だけ。

降臨…

お決まりですが、「降臨、満を持して…」

降臨…

パソコンに掛けてくつろぐ王子。
デンライナーは満員なんです!

たけるまがじんぷらす

たけるまがじんぷらす

カレンダーに続いてマガジンです♪
届けてくれた宅配のおじさんが
「名前、確認してくださいね。
同じ荷物があと3つあるから。」
ってw
ご近所に佐藤さんのファンが、少なくともあと3人はいるわけね(≧∇≦)

たけるまがじんぷらす

はあ〜カッコいい…

たけるまがじんぷらす

アスマート特典のフェイスタオル♪
もったいなくて使えないわ…(^_^;)
近々BOYSなんとかのDVDも来るはず!
自分へのクリスマスプレゼント的な?
幸せな年末ですo(^-^)o

プロフィール

ステファニー

Author:ステファニー
プロテスタントのクリスチャンです。
佐藤たけるさんおたくです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザータグ

るろうに剣心 イベントレポ 天皇の料理番 バクマン。 セカネコ PFフライヤーズ 鶴瓶の家族に乾杯! 2010カレンダー 懸賞 ピンポン 真田丸 あさが来た 知多 何者 超ネプの法則 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
//折りたたみ