キバ 第10話…かな?

昨日のキバは素直に面白いと思ったりしました。
やっぱり人間ドラマがあると心に響きますよ。



音也さん、まともじゃないですか!
バイオリンに対しては真面目ってことでしょうか。
その音色で「人を襲いたい」という衝動を鎮めることができるとは。
最初の頃に、花に演奏を聴かせたのが唯一の善行だったという話があって「またまた大げさな…」と思ったのですが、今回それだけの力があったんだなあと…。



ファンガイア大村さんは、なんか気の毒で…。
ファンガイアって何者なんでしょう?
生まれつきのファンガイアなんですか?
ファンガイアに噛まれたらファンガイアになっちゃうとかいうものなのかな?
設定とか読んでないのでよくわかりませんが。



大村さんに同情してかばう渡と、悪と決めつける名護。
どう考えても名護さん、イメージ悪いですよ。
よけいなお世話ですが、こんなんで「イクサベルト」売れるのかなあ。
少なくとももっくんは「いらない」と言っています(^^;



スポンサーサイト

ヒャッホー(=^▽^=)

ヒャッホー(=^▽^=)
DXデンライナーレッコウ♪
前回のイスルギよりさらに安値でGET!
定価っていくらでしたっけ?
値札は980円。
先週までは「レジにて3割引」でした。
それが今日は5割引ですよ!
500円を切るとは…。
もはや♪制御できない衝動♪ってやつですよ!
よしっ!!!
イスルギと連結して一発変形を体感するぞ〜!!

3月23日 イースター歓迎礼拝

ルカの福音書 24章44〜49節
「その名によって」



「そこでヨハネは、ヨルダン川のほとりのすべての地方に行って、罪が赦されるための悔い改めに基づくバプテスマを説いた。」
ルカ3:3
バプテスマのヨハネはイエスの先駆けとして、人々に「悔い改めよ」と説きました。
的はずれな生き方をやめて、主を中心とした生き方に立ち返るようにと。
「後悔」はひとりよがりなものです。
神に対して罪を犯したのですから、神に謝罪しなければなりません。



あの放蕩息子は、散財したあげく、我に返って
「父の所に帰ろう。」
と思いました。
これこそが「悔い改め」の具体的な行動です。
父の元に帰ったとき、父は待っていて赦してくれました。
「悔い改め」を受け止めてくださる神様がいるから、前に進むことができるのです。
「悔い改めに基づくバプテスマ」はキリストへの道備えです。
キリストは、受け止めてくださる神への、あがないを完成させてくださいました。



「イエスは、聖書を悟らせるために彼らの心を開いて、 こう言われた。
『次のように書いてあります。キリストは苦しみを受け、三日目に死人の中からよみがえり、
その名によって、罪の赦しを得させる悔い改めが、エルサレムから始まってあらゆる国の人々に宣べ伝えられる。』」

ルカ24:45〜47



ここで語られているのは
?キリストは救い主である。
?三日後に復活し、今も生きておられる。

ということです。



弟子たちはこのときどんな状態だったのでしょう。
そもそも弟子たちはなぜキリストに従ったのでしょうか。
おそらく「何かもらえるかもしれない」「何かいいことがあるのかもしれない」という気持ちがあったと思います。
ところが、ゲッセマネで抵抗さえせずに捕らえられるイエスを見て、弟子たちの期待は打ち砕かれます。
とうとう怖くなってちりぢりになってしまいました。
自分の力ではどうにもできない現実が彼らの前に立ちふさがったのです。
それは、「自分の努力やがんばりによって救いを得ることはできない」ことを教える訓練でもありました。
特に、「決して裏切ったりしません!」と大見得を切ったペテロは誰よりも深く悟ったことでしょう。
しかし、キリストは、ペテロが間もなく3度もイエスの弟子であることを否むことを承知の上で、ペテロを受け入れておられました。



復活したキリストにより、弟子たちには新たな使命が与えられました。
それは「エルサレムから」始まるものでした。
彼らが3年あまりイエスと行動を共にしてきた場所。
そして、イエスを否んだ場所…。
行き詰まり、悩み、苦しみ、がんばりだけでは乗り越えられない課題を突きつけられた場所。
立ち上がれないほどの経験をして、失望した場所。
復活のキリストに出会うことによって、そこから立ち上がれるのです。



「クリスチャンだから立派な姿を見せなければならない。」
そうでしょうか?
返ってそれは、キリストを覆い隠すこともあります。
「過ちを犯し、悩み、苦しむ。
そこに、その場所に、キリストを見いだす。」
そういった姿が宣教を押し広げるのではないでしょうか。



宣教の基礎は、「その名によって」です。
十字架と復活こそが土台です。
宣教の内容は、「罪の許しを得させる悔い改め」です。
主は悔い改めを受け入れてくださいます。
努力によってではなく、キリストのあがないによって。
罪をあがなうには、代価が必要です。
キリストの命が、その代価なのです。



出発点はエルサレムです。
大きなビジョンも大切ですが、まず自分の足下からスタートです。
現実に目を留める時に、出発することができます。
「もしあの時…」という、後悔の呪縛を打ち破る力は「悔い改め」です。
「もし」をやめて、今、ここから歩き出しましょう。



電王との旅 その13

キバに憑依する3人がそろったようですね。
ガルル斬鬼さん、変身解けても服着ていてほっとしました。



今日は久しぶりに「スペシャルトークショー」のDVDを見て大爆笑w



*雑誌のこと*



電王で初めて出会った雑誌類。
カラーページもあるせいか、1冊1,000円前後。
欠かさず買うと結構な出費になりますぞ〜!!



雑誌まとめ♪



特撮ファンなら基本編なのでしょうね。
「特撮ニュータイプ」「東映ヒーローMAX」
最初は本屋さんのどこに行けば置いてあるのかわからず、あっちへウロウロこっちへウロウロ。
お店によって微妙にコーナーが違うんですねえ。
アニメ系と一緒になっているところもあれば、ホビー系のところも。
最悪なのはアダルト棚にある店!!
今では嗅覚が発達して、なんとなくニオイで分かるようになりましたよ♪



雑誌まとめ♪



こっちはイケメンさん中心雑誌ですね。
「ヒーロービジョン」「キャスプリ」「Cool-up」
綴じ込みポスターとか付いています(^^;
ダンナの目を気にしながら貼りましたよ♪



雑誌まとめ♪



声優誌「Voice New Type」「Pick-up Voice」「キャラブック」
もっと買ったような気もするんですがねえ。
どのインタビューを読んでも、声優さんたちからの熱い愛を感じられました。
「声優アワード」で「電王」がシナジー賞とかいうのを獲得したそうですが、やはりチームワークの結晶ですね。



雑誌まとめ♪



不定期に買ったもの。
映画特集は必須ですよね。
「ハイパーホビー」は1月号も買ったはずなのに、どこにいったんだろう??
「GOOD☆COME」が一番最近買った雑誌かな。
中村くんの芸者姿についついクラッときて…。
「コンティニュー」を買ったときは、本屋さんを何軒もはしごしました。
お店の人に聞いても、なかなか分かってもらえなかったし。
結局amazonで買ったのですが、その後しょっちゅうお店で見かけるという…。
増刷したのかな?
これはアンケートハガキを書いたら、読者欄にコメントが載ってしまったので次号も買ったといういわく付き。
「PHP」なんて初めて買いましたよ。
ほんの数ページの佐藤健くん記事を読むために!!
今思えば立ち読みでもよかったかな。
いや、懸賞の生サインが目当てだったんだ。
たった1枚しかあたらないのに…orz





雑誌まとめ♪





「アニカン」などという意味不明な新聞(?)もamazon様です。
大きな紙面に佐藤健くんドアップ!!



雑誌まとめ♪



最終回前後に怒濤のごとく出版された数々の本。
タイトルが「イマジン」ってのが2つもあるなんてね、電王を象徴してます。
写真がいいもの、コメントがいいもの、インタビューがいいもの、網羅的にスゴイもの、それぞれ特徴があって捨てがたいです。
買ってよかった。
あ、最後におまけで年賀状も写しておきました♪



 



 



まだこれから「電キバ」の特集も出るようですし、もう少し増えるかな。
私は「キャストファン」というよりは「番組ファン」寄りだったと思うのですが、イケメン誌も結構買ってますね…。
今後も佐藤くんや中村くんを見守り続けるでしょうけど、特撮という不思議な世界が好きだし、その中でも「心・技・体」(?)が見事にかみ合った「電王」という作品は、私の中で宝物です!!



な〜んだ?

な〜んだ?
もっくんの手作り「ゲキヌンチャク」です( ̄m ̄)
ゲキレンはそれほど熱中して見ていたわけではないのに、今ごろになってこんな工作をしました。
もっくんオリジナルらしいです。
新聞をくるくる巻いて細い筒を作り、真ん中あたりを適当にひんむくと出来上がり♪
ちゃんとヌンチャクっぽく遊べます!

神々しき王子のCD

神々しき王子のCD



特典ポスターにとけ込んでおりますね。
やはりアラビアでした(* ̄▽ ̄*)
変身待機音風味なのがいいなとも思っていたのですが、これもまあいいでしょう。
メロディーがもう少し脳にしみこんできたらもっと良さを味わえることでしょう。

アクゼロ・ピアノフォーム!
これが目当てでもあったわけで!
ピアノでますます切なさUPな曲に仕上がっていると思います。



神々しき王子のCD



さ〜ら〜に!これ!!
いや、私は第一話しか見てないんですよ。
なのに、「炎神ソウル」に釣られてしまうって!?
モックンの喜ぶ顔が見たかったから…ってことで(>人<)



合格者オリエンテーション

午前中は芸術科目の登録と、三教科のテスト。
午後は保護者も合流して、学校生活の説明と物品購入。
なのですが、なんと、ふーみんは昨日から熱を出しているのです((>д<))
昨日は9度以上もあって、今朝下がったものの、7度はある状態でした。
初日からいきなり欠席連絡。
「大丈夫ですよ。」
という教頭先生の言葉にほっとして、午後私だけ行ってきました。



合格者オリエンテーション



で、持ち帰った教科書がこれ!
みなさん、子どもと分け合って運んでいましたが、私はひとり…。
重かった〜!!
しかも、受け取った教科書がちゃんと揃っているか、リストと突き合わせて確認しろというんです。
これも二人いればテキパキとできるだろうに…。
このほかにも、スリッパやら体育館シューズやらいろいろ買いました。

帰ってみると、ふーみんの熱もおさまったようで一安心。
まだこれから制服や靴や鞄や…書類の記入や…何か忘れてないか心配ですε=┏(; ̄▽ ̄)┛



電キバ前売り特典♪

電キバ前売り特典♪

昨日、りーちゃんのリハーサルが進行している間に、ダンナさまにGETしてきてもらいました!
子ども3人&私で計4枚。
つまり特典も4種コンプリート!(笑)



電キバ前売り特典♪



通常の「仮面ライダーキッズ」では3種とも持っております。
ネタバレを避けて通っているので、「ネガ電王」ってなんだろ?
と疑問だったのですが、ソードフォームのダークバージョンみたいなものですかね。
「ぷんぷんモモタロス」は、見えにくいですが頭に注目です。
ムカつきマークが2コ付いています(^_^)



3月16日 聖日礼拝

創世記 23章 1〜20節
「アブラハムの所有となった」



「私は、すでに得たのでもなく、すでに完全にされているのでもありません。ただ捕えようとして、追求しているのです。そして、それを得るようにとキリスト・イエスが私を捕えてくださったのです。 」
ピリピ 3:12
私たちには、従いきれない弱さがあります。
自分の責任を越えて立ちはだかる現実があるからです。



私たちの日常生活は「自動車教習所」のようなものです。
初めてハンドルを握ったときには、何もわからずひやひやしています。
スピードを出すように言われても、なかなか思い切ってアクセルを踏むことができません。
隣に座っている指導教官は、教え、励まし、危険なときにはブレーキをかけてくれます。
技術を身につけて免許を取るために必要なのは、あきらめずに通い続けることです。



アブラハムはいやいやながらではなく、ウルの地を出ました。
それ以来ずっと苦楽をともにしてきたサラが127歳でその生涯を終えました。
アブラハムは泣きました。
「天に召されたのだから、いつか再会できるのだから、死を悲しむ必要はまったくない。」
そうでしょうか?
思い違いをしないようにしましょう。
長い間ともに生きてきた伴侶を失った、喪失感は大きくて当然です。
「涙は不要」などということはありません。
喜怒哀楽を表せばよいのです。
涙が永遠に続くことはありません。
主は涙をぬぐい、新しい力を与えてくださるからです。
また、楽しみ、喜ぶこともよいことです。
ただし、それを自分だけのものにするのではなく、人と分かち合うことが大切です。



アブラハムが次にとった行動は、「墓地を手に入れる」ことでした。
そのためにアブラハムは土地売買の交渉に入りました。
土地の代価は400シェケル。
当時の相場では、小さな村なら100シェケルで、大きな村でも1000シェケルでひとつを買えたといわれています。
それに対して墓地に400シェケルとは、かなり高額と言えるでしょう。
なぜこのような金額になったのかについては諸説あります。
ひとつは、足元を見られたというもの。
もうひとつは、他部族に土地を譲るのは通常ありえないことだったからだというもの。
ともかく、アブラハムは多額の費用と引き換えに妻サラを葬る土地を手に入れました。
アブラハムにそれだけの費用を支払うことが出来るほどの財力を与えられたのは主です。
主はアブラハムに「見渡す限りの土地を与える」と約束されましたが、この「墓地購入」がその約束が成就する第一歩となったのです。



「・・・神はまた、人の心に永遠への思いを与えられた。しかし、人は、神が行なわれるみわざを、初めから終わりまで見きわめることができない。 」
伝道者の書 3:11
アブラハムはほんの一握りの土地を手に入れただけでしたが、主はそこから広げてくださいました。
彼自身がその結末を見極めることはできませんでしたが、次の世代へと引き継がれていったのです。



発表会♪

発表会♪



りーちゃんのピアノ発表会。
グリーグの「イ短調の協奏曲」からさわりのところを。
力強く、自信たっぷりに弾くことができましたよ(o^-')b



発表会♪



ふーみんは受験生ということで今回はパス。
小さな子から高校生まで、いろんな演奏が聴けて楽しかったですo(^-^)o



プロフィール

ステファニー

Author:ステファニー
プロテスタントのクリスチャンです。
佐藤たけるさんおたくです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザータグ

るろうに剣心 イベントレポ 天皇の料理番 バクマン。 セカネコ PFフライヤーズ 鶴瓶の家族に乾杯! 2010カレンダー 懸賞 ピンポン 真田丸 あさが来た 知多 何者 超ネプの法則 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
//折りたたみ