電王との旅 その10

*こんなとこにも電王家族*



高1少年A。
お弁当のふたを開けると椎茸が。
そして、手紙。
「お誕生日おめでとう。
 もう16歳になったんだから、椎茸食べてね。
                 デネブより」



A「俺、ほんとに椎茸きらいなんですよ。」
私「で、食べたの?」
A「食べることは食べましたけど。」



いい親子だ(*^ー^*)
ちなみに、少年Aは電王ベルトもゼロノスベルトも持っているそうですw



*サントラのこと*



電王の音楽大好きなんです。
基本的にブラスが好きってこともあるんでしょうけれど。
サックスとかトランペットとか、カッコイイですよ!
不条理な怒り怒りの絶頂」でしたっけ、パーカッションだけで演奏してる曲もありましたね。



曲のタイトルは作曲者が付けているのかどうか知りませんが、うまく曲を表現していますね。
なんていうか、挿入曲として、「やっぱりここはこういうイメージの曲になるんだなあ。」と感じるものもあります。
たとえばロッキーのテーマ風の「孤高のヒーロー」とか。
たとえばミルヒーのテーマ(?ロミジュリのあれ)を連想する「俺はカイ」とか。
前にも書いたけど、デスラー総統の「牙王」とか。
「らしさ」ってあるんですよね。



サントラを聴いていて、子どもの記憶力に驚かされます。
特にもっくん。
もっくん「「これ(「運行不能」)ってアントホッパーイマジンの時の曲だね。」
とか言うんです。
え?そうだっけ?
も「『ぼくちゃん』って言って追いかけるときもだよ。」
ああ、そうかも。
も「これ(「青息吐息」)は肝だめしの時だね。」
え?え?
も「これはなんて言う曲?」
私「最強ベガフォーム」
も「でも、クライマックスフォームの時に流れるよね。」
そういえばそうかも…。
という調子です。
まあ、もっくんの場合「一週間に何回見るの!!?」っていうぐらい繰り返してビデオを見ていましたからね。



そういえば、Double-Actuib Climax formなどというものが出るのですね。
しかも再びジャケット5種類とか!
売れますかねえ…。
といいながら、すでにポチしてしまったのですが(−−;



スポンサーサイト

2月24日 聖日礼拝

創世記 22章1〜8節
「試練−信仰がなくては!」



「これらの出来事の後、神はアブラハムを試練に会わせられた。」1節



試練は私たちを神から遠ざけるものではありません。



「神は彼に、『アブラハムよ。』と呼びかけられると、彼は、『はい。ここにおります。』と答えた。」1節



ここには神とアブラハムとの親しい関係が描かれています。
神が試練に会わせるのは、「自分に非があるから罰として」そういう目に遭うわけではありません。
「罰」と受け止めさせようとするのがサタンの誘惑です。



その試練とは、「イサクを捧げよ。」という命令でした。
神からの約束として、ようやく手にしたイサクを捧げよというのです。
当然「なぜ?」と悩んだことでしょう。
アブラハムにとってイサクがどんな存在であるかは神が一番よくご存じだったはずです。
イシュマエルを追放してしまった今、唯一残されたかけがえのない我が子でした。



アブラハムは、まず旅立ちました。
納得いかなくても従うのは、神への信頼があるからです。
まさに目の中に入れても痛くないほど愛している子。
それは容易に偶像になりうる存在でした。
アブラハムはその子を一度「手放す」ことを求められたのです。
握りしめている手を、離すように。
自分の所有物のようにコントロールしようとしてしまわないように、所有権を神に返すように。
「あなたにとってのイサクは何ですか?」



旅を始めて3日目に、はるかかなたに目的地である山が見えてきました。
3日間、息子と語り合い、息子との関係をじっくり考えることができたことでしょう。
アブラハムはここでしもべと別れてイサクと二人だけで旅を続けることにします。
その言葉にはアブラハムの信仰が表れています。



「私と子どもとはあそこに行き、礼拝をして、あなたがたのところに戻ってくる。」5節



「ふたりで」行って、戻ってくると…神が必ずイサクを返してくださるという信仰です。
それはまた、イサクへの言葉にも繰り返されています。



イサクは尋ねた。
「火とたきぎはありますが、全焼のいけにえのための羊は、どこにあるのですか。」
アブラハムは答えた。
「イサク。神ご自身が全焼のいけにえの羊を備えてくださるのだ。」



固執して、握りしめるのではなく、手をゆるめることを学びましょう。
神はもっとすばらしいものにして戻してくださいます。
また、全てをわかってから従うのではなく、信仰と信頼によって歩んでいきましょう。



ガオウナライナーキバ!

☆展開図はじょるるさんのブログへ♪



ガオウナライナーキバ!
屋根の上には、いやというほどの牙(ノ_-;)
締めて22個!
いっこずつ切って、折って、組み立てて、貼る!!
じょるるさんの言葉通り、キバに時間を喰われました!!!

しかし、これを設計されたじょるるさんは、試作を含めて一体何個ちっちゃなキバを作ったんでしょうか?
頭が下がりますm(_ _ )m
なんだかんだ言っても、達成感はありますよ〜!!

さて、あとはゴウカ3、4号車とイスルギの厚口紙化をやりますか(o^-')b



レッコウやで〜!!

☆展開図はじょるるさんのブログへ♪



レッコウやで〜!!
初めて厚口マット紙で作りました。
さすがにキリッと仕上がりますね〜!!
厚みがある分細い糊代を折るのが大変です。
どこでずれたのか、一番目立つ鼻先に隙間が(;・д・)

平行してゴウカの1、2号車の厚口化も進行中(^o^)ゞ
作ったものを踏まれないようにするのが目下最大の課題です…。



発表(BlogPet)

きょうJoyが発表したかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「Joy」が書きました。

イスルギ完成!

☆展開図はじょるるさんのブログへ♪



イスルギ完成!
これは手こずりました(×_×)

まずは顔面ですね。
先端の凸凹。
そしてイスルギの特徴であるへこんだ目!
最初は目の上下を間違え、2回目は左右を間違えて、うまく剥がせず作り直し||(;-_-)|||
おかげで最初よりきれいになりました!

さらに細かい作業は屋根に貼り付ける丸い部品。
4こあります。
鉛筆のお尻にのせてみたらちょうどピッタリ♪
で、鉛筆に被せて糊付けしていきました。

究極がレドームの前に貼るホースみたいな部分です。
なにしろ部品が細い!
糊しろなどを折るのにものすごく集中力が必要です((>д<))
相変わらず普通のコピー用紙でプリントしてるので、糊が乾くとグワンとなってしまいました。

やっと厚口マット紙を仕入れて来たので、レッコウはなかなかいい感じになりそうですよ〜!!
いっそ全車両厚口紙で作り直そうかな(*^ー^*)



3号車と4号車♪

☆展開図はじょるるさんのブログへ♪



3号車と4号車♪
このあたりはシンプルで気楽に作れますね(o^-')b

しか〜し!
1、2号車をプリントアウトするときの設定が間違っていて、並べると微妙に大きいんです。
う〜ん…
もう一度作り直そうかな。
実は1号車はすでに一度やり直してるので3回目。
がんばろ〜!



デンライナー食堂車♪

デンライナー食堂車♪
ナオミちゃんがイマジンコーヒーを淹れる時に使っているマグカップです。
りーちゃんの所有物。

「ライダーグッズコレクション2007」をめくっていたら、りーちゃんが目ざとく見つけて、ぜひ欲しいと。
劇場版グッズなので、もう販売していないかも…と期待(?)しつつサイトをチェックしたら、まだ売ってたんですね〜。

箱を開けると、予想以上に大きい!!
イマジンたちに持たせるにはこれぐらいのバランスじゃないとだめなんでしょうね。

2号車もできたよ♪


引き続き、じょるるさんのブログで公開されている展開図を使ってゴウカ2号車も完成♪



2号車もできたよ♪
これが…



2号車もできたよ♪
こうなる!
2号車のほうが簡単だろうと高をくくっていたら、なんのなんの。
目の出っ張りとか、ほっぺたとか、凝っていますね♪



電王との旅 その9

先日ア○タ内の本屋さんで某雑誌を探してうろうろしていましたら、大学生ぐらいのお嬢さんとお母さんらしき二人連れが立ち読みしていました。
「この人、仮面ライダーなんだよ。
さとうけんって言う人。」
「ふうん」
「あ、さとうたけるだって。
ここに書いてあった。」
「これ、今の仮面ライダーの人。
○○ちゃんが好きなんだって。」
「へえ」
「あ、この人もライダー。」
どんな雑誌見てるの〜?
って思ったら、私が探してる「BEST ACTOR」だった…。



*Double-Acitonのこと*



前にも書いたように「Double-Action」を買ったのはうっかりミスでした。
聴いたときの印象…
あの、全フォームに受け継がれていく
♪ダンダダダーーダ・ウ・ダダダダーーー
 ダンダダダーーダ・ウ・ダダダダーーー♪
というフレーズにシビレました!
何とも不思議な音の進行ですよね。
不安をかき立てるような、何かが近づいてくるような。
それに、
♪だれもしらない時空♪
あたりの、微妙にキーが変わっていくところも。
最初のうち、伴奏なしでは全く音が取れませんでした。
この曲とClimax Jumpは何度聴いても飽きません。



その後に続く3フォームのDouble-Actionは首を長くしてCDを待っていました。
そんな頃にはもう東映やテレ朝のHPもチェックしていたので、Ax-formが演歌でGun-formがラップだということは事前に知っていたと思います。
それでも、あの演歌には笑いました!
正直言ってRod-formはちょっと節回しをいじくっただけで骨組みは本歌と変わっていませんよね。
それが、キンちゃんは演歌!!
歌詞がまたほんとにキンちゃんなんだなあ。
Gun-formは初めて聴いたとき、何言ってるのかほとんどわかりませんでした!!



サントラにTVサイズ、「Perfect Action」でフルコーラス+セリフver。
同じ曲からこんな風にいろいろバリエーション作れるんだ〜、スゴイ!!
って感心してたら、まさかの「Coffee-form」が来ました♪
闘わないのにっっっ!!
どうやって「ふたつの声、重なる」のか???
買わないつもりが、Piano-formに釣られて買ってみたら、いい曲じゃないですか!!
ダブアクがこんな明るいキュートな曲に変身するなんて…。
呆然。



こうなるとWing-formも出るんじゃないかと思ったら、それより先に牙王が出た!
これもまた、イマジン憑いてないのに、どうしてダブル???
まあ、Coffee-formの後ですから、何でも来い!と覚悟は決めた(何の?)。
イントロからゾクゾク感クライマックス。
地の底から聞こえてくるが如き、超低音での
♪ダンダダダーーダ・ウ・ダダダダーーー
映画の牙王より怖かったよ〜〜〜



そして、Wing-formは「コンプリート(=完全版)CDBOX」の後で出るという反則☆
いろいろ事情はあったようですけど、セリフを別にして劇場版ファイナルカットDVDに付けるってどうよ!?



しかし、このDouble-Acitonシリーズ、声優さんがからんでいたこともあり、電王ならではの展開だったのかもしれませんね。
キバも2匹目のどじょうをねらって「ガルルフォーム」とか、出しますか?



プロフィール

ステファニー

Author:ステファニー
プロテスタントのクリスチャンです。
佐藤たけるさんおたくです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザータグ

るろうに剣心 イベントレポ 天皇の料理番 バクマン。 セカネコ PFフライヤーズ 鶴瓶の家族に乾杯! 2010カレンダー 懸賞 ピンポン 真田丸 あさが来た 知多 何者 超ネプの法則 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
//折りたたみ