FC2ブログ

My Birthday

My Birthday
というわけで、夕食はフランス料理をいただきました♪
久しぶりにおじゃましたレストランで、ふーみんの成長ぶりに感動されました。
ふーみんからは手紙をもらいましたよ。
電王のイラスト入り!
私が喜ぶものをよく心得ています☆



ふーみんからのメッセージ



スポンサーサイト

帰りも発表しなかった(BlogPet)

きょうは、帰りも発表しなかった。

*このエントリは、ブログペットの「Joy」が書きました。

CD♪

CD♪
結局2枚とも買っちゃいましたよ(^_^;)
だって、ピアノフォームが2枚に分けて入れてあるんだもん。
まったく、商売が上手ですね!

初回封入特典はシール。
ウラとリュウタが入っていました♪
モモもよかったんだけど、まあ、かぶらなくてよかった(^▽^)

さて、肝心の曲。
あの歌詞カードに映っている写真から考えると、これはライナーフォームに変身する時にかかるのかな?
ていうか、ライナーフォームは良太郎の力で闘うの?
武器には4イマジンの電仮面が付いてますが…。
「今自分にできること」をしながら「強くなる」。
まさに良太郎の信念を歌っていますが、のんびりムードの良太郎のイメージとちょっと違うかな?

コーヒーフォームが、期待以上でした!
「ダブアクがこんな可愛くなるんだ〜☆」
って感動しました!
コレ、番組の中でかかる可能性ありますかね?

組み立て式バトルシチュエーション

組み立て式バトルシチュエーション
今日は小学校も中学校も代休です。
ふーみんは昼からお友達とア〇タへ。
夕方ふーみんから届いたメールは
「ごめん
お母さんに借りたォ金全部使っちゃった
でも,電王のフィギュアをゲーセンでとってきてあげたから,許して-」
だって(-。-;)

ロッドとガン。
なかなかカッコイイし!
「しょうがないなあ…。
で、いくら使ったの?」
「服に4,000円使った〜」
あの…たしか6,000円渡したよね…。
コレ、一個1,000円デスカ〜(」°口°)」

2位ゴール!

2位ゴール!


小学校運動会

小学校運動会
まだまだ暑いですが、運動会です。
幸い曇りなので少し楽かな。
りーちゃんの出番は、徒競走・綱引き・「友情の駆け橋」です。

徒競走は6人中2位!
がんばったね(ノ^^)八(^^ )ノ
綱引きは…
まあ、団体競技ですからね。

金、土とふーみんの学校祭で弁当を作り、今日は家族7人分のお弁当。
来週は町内の運動会。
次の土曜日は保育園です。
親も代休が欲しいなあ…。

電王 第34話 感想

あぁ…ウラ憑き良太郎…思い出すだけで胸がドキドキしますよ〜〜〜!
ちょっとちょっと、そんな風に肩を!肩、肩っっっ!
顔が!顔が近すぎるうっっっ!!
朝の、子どもの、ヒーロー番組ですがっっっ!!
デネブさんも目を覆ってるじゃないですかっっっ!!
…でも、侑斗に教えて欲しいんだ…。



というわけでピアノの鍵盤に(やけに太い)指を踊らせる良太郎やら、幸せな気持ちで始まった今回でした。
ロッドフォームの華麗なキックも決まりほっとしたのもつかの間、ギガンデス。
ありえないほどの大量発生ですよ!
その破壊で、どんどん消されていく現代の人々。



初回から疑問だったことが解決されました。
壊された物も、人も、イマジンさえ倒せば回復するのだと。
映画の中でも描かれてはいましたが、あれはガオウライナーの破壊に限ってのことかもしれないと、確信が持てなかったのです。
それに、映画を見ていない人にも説明が必要ですよね。



ただ、その回復には一つだけ条件が。
これも映画で侑斗が語っていたこと。
「その時代を覚えている人がいること。」
今回の場合、
「その時代の、その人を覚えている人がいること。」
侑斗はこの時代の人じゃない。
良太郎は特異点だから「覚えている人」にはならないということ?



ピアノマンはだれにも思い出されることなく、植物状態で眠り続ける青年の記憶の底に沈んでいきました。



それは決して自分のせいではないのに、
「一人こぼしてしまった。」
と悔やむ良太郎。



ここで終わらないところが「電王」のほろりとするいいところなんですよね。



ぶらりとデンライナーに乗車してきたのは、なんとピアノマン!!
思い出されるまで、時間の中を旅し続ける…と、ナオミちゃん。
最近めっきり見かけませんが、最初の頃食堂車に集っていた家族連れも、サラリーマン風の人も、そうした人々だったんですね。



なんか、本当に救われました。





そうそう、大量(大漁?)ギガンデスのおかげで電車が大活躍でしたね♪
全車両、連結せずにそれぞれ得意の戦法でギガンデスに挑んでいく様が迫力でした。
画面中線路だらけで!
レッコウの使い方もよ〜くわかりましたw





ウォーターボーイズ

ウォーターボーイズ
今日はふーみんの文化祭。
定番の吹奏楽部演奏の他にも有志発表やお化け屋敷などいろいろ楽しいイベントがありましたよ。
なかでも出色だったのがこのシンクロ!!
実はこれ、水泳部ではなく野球部ってところがまたスゴイんです。
流れるような動き。
潜った数名が1人の子をリフトして宙返り!
期待以上の仕上がりでしたよ。
この「ウォーターボーイズ」の曲は今年縁があって棒を振ったので余計に楽しかったです♪

9月16日 敬老の日歓迎礼拝

ルカの福音書 1章72〜75節
「人生の黄昏の輝き」 野田 秀師



今70歳以上の方々の共通点を挙げるなら、「昭和という時代を生きた人々」と言うことができるでしょう。
「昭和」には人類史がつまっているとも言われます。
戦争・侵略・敗戦・占領と被占領・革命とクーデター騒動・テロ・飢え・豊かさ…。
こうした全てを生きるという希有な経験をした人々なのです。
私自身の体験ですが、戦争中、小学生の頃、朝礼で指令台に立った校長先生が
「アメリカの大統領はルーズベルトという人です。
その名前は『だらしないベルト』という意味です。」
という話をしました。
もちろんこれはとんでもない間違いなのですが、少年少女たちは先生の言われることを無批判に信じた。
そんな時代を生きてきたのが私たちです。
「人が生きる」から「人生」であり、「一度だけ生きる」から「一生」です。
この一生をどのように生きるかが大切なのです。



今日の箇所
「われらを敵の手から救い出し、
われらの生涯のすべての日に、
きよく、正しく、
恐れなく、主の御前に仕えることを許される。」
はザカリヤの言葉です。



人の間に生きていると、恐れを感じたり、逆に高慢になったりします。
主の前に生きる時、おそれから解き放たれます。
「生涯のすべての日に」と書かれています。
最後の一日まで、主の御前に仕えることができるのです。



一日一日が毎日新しい日です。
「どうせ明日も同じような日の繰り返しだ」と考えると、それだけの生き方しかできません。
朝、誰にとっても新しい一日が始まります。
だれにとってもまっさらな、新しい一日です。
これまで何十年生きてきたとしても、今まで一度も経験したことのない新しい一日が始まるのです。
何歳になっても「内なる人は毎日新しく」なるのです。



教会に来るといろいろ良いことがあります。
まず、教会まで「歩いて」きます。
人と出会います。
歌を歌います。
牧師の話を聞きます。
高齢者にとって、どれも有益なことです。



人の晩年は夕暮れ、黄昏ともいえるでしょう。
夕日は、西の澄んだ空に真っ赤に輝きます。
私たちも最後の日まで輝いていたいものです。
残された日々は短いかもしれませんが、周りの人に喜ばれる者でありたいものです。
歳を取ると、教会での奉仕も若い人のようにはできません。
「ただ礼拝に出席するだけでやっとです。」という人もあるでしょう。
しかし、ただ座っているだけでよいでしょうか?
私たちは最後の一日まで、信仰に於いて成長しなければなりません。
「もう十分」ということはないのです。
新しくなり、成長することができます。
御言葉によってさらに神に近い者になれます。
「キリストに似ること」がクリスチャンの目標です。
人格・品性・生き方に於いて、キリストに似ることを目指し続けましょう。



ノートデコ アリスシリーズ♪

ノートデコ アリスシリーズ♪

昨日仕上げたものです。
「公民」はお友達用。



ノートデコ アリスシリーズ♪



ふーみんはこういうことをしている時が一番幸せなんです(〃▽〃)



プロフィール

ステファニー

Author:ステファニー
プロテスタントのクリスチャンです。
佐藤たけるさんおたくです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザータグ

るろうに剣心 イベントレポ 天皇の料理番 バクマン。 セカネコ PFフライヤーズ 鶴瓶の家族に乾杯! 2010カレンダー 真田丸 何者 懸賞 あさが来た 知多 超ネプの法則 Q10 ピンポン 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
//折りたたみ