8月26日 聖日礼拝

コリント人への手紙第一 12章4〜11節
「奉仕への心構え」



教会の活動のためになされる様々な働きを「奉仕」と呼んでいます。
では、「仕事」と「奉仕」の違いはなんでしょうか?



・仕事は、それに見合った対価として給料などをもらいます。
・奉仕は、与えられた能力や時間を無料で提供することによって他の人を支えるものです。一般的な言葉でボランティアとほぼ同義といってもいでしょう。



「教会は○○である。」と表現した場合、○○には何がはいるでしょう?
いろんな言葉が思い浮かぶかもしれませんね。
私たちの教会では、週報にも書いているように○○に「家族」という言葉を当てはめています。
たとえてみれば、奉仕とは、家庭におけるお手伝いなのです。



今日の聖書箇所には、
「みこころのままに、おのおのにそれぞれの賜物を分け与えてくださるのです。」
と書いてあります。
時として、
「私には賜物がないから…」
と、謙遜しておっしゃる方がいます。
しかしそれは神様に対して失礼ですね。
「それぞれの賜物を分け与えて…」
と言われているのですから。
賜物を「特別な才能」ととらえる必要はないのです。
わかりやすく言えば、それぞれが持っている「興味や関心」ということです。



教会にはいろんな関心を持った方がいて、いろいろな形でグループを形成して教会に貢献しています。
たとえば、ピアノ・英語・奏楽・体操・パン作り・絵手紙など、いろんな活動を通して宣教しているのです。



世の中には2つのタイプの人がいます。
hostとguestです。
人を迎え入れてもてなす側の人と、もてなされる側の人です。
「成長」とは、受けるだけでなく、自分にできることで他の人に貢献できるようになることです。
guestからhostへ。
聖書の中ではこれを「肉の人」「霊の人」とも呼んでいます。



賜物が与えられているのは「みなの益となるため」です。
今、この礼拝は様々な人々の奉仕によって成り立っています。



駐車場に入った時、気付かれたでしょうか?
お花が植えられています。
まず、花壇にぎっしり詰まっていた石を汗を流して取り除いてくださった方がいます。
土を用意して、お花を植えてくださった方がいます。
知らないうちに草を抜いていってくださる方がいます。
また、会堂に飾られているお花を生けてくださる方がいます。
毎週賛美の歌詞を映すためにパワーポイントでスライドを作成してくださる方がいます。
数え上げたらきりがありません。



また、奉仕は「行動」とは限りません。
「私は体が不自由で…」というかたも、祈りの奉仕をすることができます。
旧約聖書の中に、イスラエル人と他民族との戦いを描いている箇所があります。
その中で、モーセが高く手を掲げて祈るとイスラエル軍が優勢になり、疲れて手が下がると敵軍が優勢になったという場面があります。
そのとき、モーセの手を支えて、祈り続けられるようにしたと書かれています。
祈りによって支えるというのは非常に大切な奉仕なのです。



最後にもう一つ、スペシャルな奉仕を挙げます。
それは、「他の人の労苦を、感謝して受け取る」ということです。
中には、「人のために何かをするのは苦にならないが、なにかをしてもらうのはプライドが許さない。」という方もいるのではないでしょうか。
必要な時には、感謝して受けることも大切です。
それは、相手の方に「奉仕」のチャンスを与えることにもなるのですから。



スポンサーサイト

ダブルヒーロートランプ

ダブルヒーロートランプ
てれびくん9月号ふろくの「ダブルヒーロートランプ」。
7月末に買ったその日から、毎日毎日毎日やらせていただいてます||(;-_-)|||

しかし、やるのはたいてい私ともっくんの二人きり。
ババヌキはつまんない。
(まあ、もっくんは平気でおもしろいみたいですけど。)
7並べも二人向けではない。
そこで、一番頻繁にやるのが神経衰弱なんです。
最初はね、
「手加減してあげなきゃね♪」
な〜んて、軽く勝たせてやるつもりで始めたら、もっくんの強いこと強いことΣ(´□`;)
この手のゲームには自信があったんですが、コテンパンにやられっぱなし!
歳のせいかなぁ…
いや、お姉ちゃんたちもかなわないし!
もっくんが賢いのだ!と親バカを発揮しておきましょう。

さて、昨日保育園からの帰り道、
「〇〇くんねえ、ダブルヒーロートランプ、ほかったんだって!」
と、もっくん。
「え〜〜〜!もったいない!そんくらいなら、もらってあげるのに!なんで??」
と聞 いたら、
「お母さんも、お父さんも、だ〜れも遊んでくれんでほかったんだって。」
そんな〜〜!
取っておけばそのうちに遊ぶチャンスも…。
あ、今思いついた!
ひょっとして、〇〇くんのお母さん、「幼児雑誌」を買う勇気がないオタクの方々を狙って、どこかのオークションに出品してたりとか!?

「響鬼」を見る

ひょんなことから、久〜〜しぶりに「響鬼」の最終回を見返しました。
「響鬼」は大好きで毎週録画していましたからね。
なんとなく心残りで、最終回だけは消さずにHDDにず〜〜っと取ってあったんです。



改めて思いました。
不完全燃焼だ〜〜っ!
響鬼さんは明日夢くんに未練たらたらだし。
明日夢くんは
「響鬼さん…もう、思い出かな。」
なんて言ってたかと思うと、崖から落ちそうになって、思わず
「響鬼さん…!」
って。



で、桐矢京介です。
ていうか、リアルタイムで見ていた時ほど「いやな奴オーラ」を感じなかったのは侑斗のおかげ?
なんか、
「一生懸命修行して、最終回で鬼になれてよかったねえ。」
なんて素直に思えたりしました。
でも響鬼さんにとっては明日夢くんのほうが「自慢の弟子」っぽく感じられて、むしろ京介くんに同情している自分に驚きましたよ。



怪童子と怪童女でしたっけ?
あの人たちも謎のままうやむやだったんですね。
明日夢くんにとっては「完」だけど、鬼とマカモウ(漢字を忘れました)の物語はまだ続いてて、余韻残しまくりです。



結局、人助けをする「ヒーロー」にはいろんな形があって、「仮面ライダー」にならなくてもいいじゃないか?…というのが結論ですか。



こうして見ると、電王の痛快さ、軽快さ、わかりやすさは秀逸です。
まあ、好みの問題もあるでしょうけれど。
電王…終わってほしくないけど、いつか来る最終回。
どんなふうに結末をつけてくれるのかな?
きっとファンの期待を裏切ることはないと信じています♪



こどもなんでもランキング

こどもなんでもランキング
左側のリンク欄にも貼ってあります。
このあたりの地区の子ども会新聞に載っていました。
子どものお手伝い風景を写メして送信すると、ギャラリーに紹介されます。
地域ごとにランキングも付いて、Wiiを始めいろいろな賞品も当たるかも!?
これをきっかけにお手伝いをしてくれたら…ってことで、りーちゃんも応募しています。
普段から何かとお手伝いしてくれるのですが、最近は手伝いながら、
「写メは?」
と請求されることも(^^;
今のところ参加者は愛知県の方ばかりのようですが、全国から募集中ですから、みなさんもどうぞ♪



手作りポシェット

手作りポシェット
さすがにこれはりーちゃんには手ごわくて。
結局私が作るはめに(>_
色、柄はりーちゃんが選びました。
かわいいですよね♪
ていうか、この本のタイトルは「余り布で作れるこもの」なんですが…。
結構材料費かかってますよ〜||ヾ(_ _*)

パンケーキ電王風♪

パンケーキ電王風♪
左側がソードフォーム、右側がロッドフォーム…のつもりです(^^ゞ
ロッドはちょっと焼きが浅かった〜。
ガンフォームを最初に焼いたのですが、それはすでにりーちゃんのお腹の中です☆



ヒーローうちわ

ヒーローうちわ
先週、礼拝後に声をかけてくださった電王ファンの男性からもっくんに、ヒーローうちわをいただきました♪
CD屋さんでもらったそうなので、私もトライしてみました。
りーちゃんと一緒にTSUTAYAへGO!
ありましたよ、レジのところに!
というわけで、りーちゃんとふーみんの分をもらっちゃいました(*^ー^)ノ

かき氷ダゾ

かき氷ダゾ
先週の土曜日、サマーフェスタが行われました。
夏祭り@教会っていう感じのイベントです。
小学生以下の子どもたちが対象。
もちろん、りーちゃんともっくんは参加しました♪

ゲームのメニューは、パターゴルフ・わなげ・ストラックアウト。
それぞれ20円で楽しめます。
景品は教会員から募った不要品。
ほかにもジュース、みたらし、フランクフルトが格安で買えます。
綿菓子はタダ!

もっくんがストラックアウトで3連勝してゲットした豪華景品が、これ!
あ、シロップは別売りね。
子どもが3人もいるのに、我が家には今まで「 かき氷機」がなかったんですよ(≧∀≦)
しかも、「電王&クレヨンしんちゃん」のときにやったアニメで、かき氷の楽しさを知った我が子たち。
「これで、『ここんところが!ここんところが!』ができるね♪」と、大喜び。
さっそくシロップも買ってきて、毎日楽しんでいます(o^-')b

電王 第30話 感想

セリフは正確じゃないかもしれませんが、モモが言った言葉。
「都合が悪くなりゃ契約者コロコロ変えんのかよ?
便利なつきあいだな、おまえらは。」

みたいな。



すんごい皮肉たっぷりの正論ですよね。
「俺はどこまでも良太郎に憑いていくけどよ!」
っていうモモの心が透けて見えて。
もう、やっぱりモモ大好きです!!!



根は真面目なデネさん、かなり堪えてました。



モモ憑き良太郎のキックに押し出されて、デネブは侑斗のもとへとダッシュする。
そして、最後の1枚となったチケットを川に投げ捨てる侑斗。
「この程度のことなんだよ!」
って。
うるうるっっ。
泣けましたよ。
侑斗を抱き上げるデネブ。



結局花火に照らされながら、夜の川でチケット探しをする二人ですが。



良太郎と一緒にいることで、日常生活におけるデネブのズレぶりがよ〜〜くわかりました(^^;
お願いだから味方は撃たないでね。
今回の話見てるとほんと、ほんと、モモが「まともな人」に見えましたよ(笑



「いつも一緒にいると衝突することもあるけど、ほんとに厭になっちゃうことはないんだ。」
ってデネブに説教しながら我が身を振り返る良太郎。
愛理さんと良ちゃん、花火師さんの夫婦、デネブと侑斗、みんな丸く収まってよかったね。



今日はM良太郎がたっぷり見れたのも満足でした〜♪



陶芸

陶芸
夏休み中にりーちゃんが、いとこのなっちゃんと一緒に陶芸体験教室に行ってきました。
それがやっと焼きあがって今日届けてもらいました。
湯のみと茶碗とお皿の3点セット。
「きみ、ほんとに初めて?」
と言われたとか。
ご本人も満足のできだったようですv(^-^)v

プロフィール

ステファニー

Author:ステファニー
プロテスタントのクリスチャンです。
佐藤たけるさんおたくです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザータグ

るろうに剣心 イベントレポ 天皇の料理番 バクマン。 セカネコ PFフライヤーズ 鶴瓶の家族に乾杯! 2010カレンダー 懸賞 ピンポン 真田丸 あさが来た 知多 何者 超ネプの法則 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
//折りたたみ