FC2ブログ

もう2月も終わり

なんだかあっという間に2ヶ月が過ぎようとしています。
もう1年の6分の1が終わっちゃったんですね。

最近長女はご機嫌斜め。
何を言ってもつっかかってくるんです。
第2反抗期ってやつですかね。
「いまやろうと思ったのに言わないでよ!」
「あと10ページ読んだらやるから。」
「うちの○○がない!
どこにあるの!!?」
私も身に覚えがあります。
筋道立てて反論するときには
「おお、なかなかやるじゃん。」
なんて感心することもあります。
でも感情的にいらだちをぶつけてくることのほうが多いんですけど。
まあ、しばらくは続くでしょう。
長女の波がおさまったころに、次女の波が来たりして!?

スポンサーサイト

信仰とは神への信頼!

久しぶりに5人揃って教会へ。
先週はもっくんがインフルエンザで、私は看病。
その前はりーちゃんが(たぶん)インフルエンザでダンナが看病。
今日の礼拝もインフルエンザで欠席の方が何人かおられたみたいです。

さて、今日の説教:ヘブル人への手紙 11:1〜3,6
「神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には報いてくださる方であることとを信じなければならないのです。」

「神がおられると信じる」こと。
どんなときでもいっしょにいてくださると信じること。
全てが順調で感謝にあふれている時だけではないのです。
たとえ罪を犯してしまったとしても、神様は「7の70倍」(=無限に)赦してくださり無条件で私のそばにいてくださるのです。

「神を求める者には報いてくださる」こと。
「神何か」求めるのではなく、「神」求める者と書かれています。
神様にあれこれ注文するのではなく、神ご自身を求める心が大切なのです。
「信仰」とは「信頼」です。
信心深い行動をすることではありません。
「神様がともにいてくださる、決して見捨てることなく導いてくださる」と信頼することなのです。

引き継ぎ

地区の来年度大役さんと引き継ぎ会。
横道に何度もそれながら、無事引き継ぎいぎました。
とはいっても、まだ「お別れ会」もあるし、会計関係は渡せないんですが。

1年分一気に説明するとさすがに
「うわ〜〜、大変な仕事だあ!
ちゃんとできるかしら。」
って不安顔。
私も去年そうだったなあ・・・。

一年間やってきて、大役ふたりの相性が決め手だと思いました。
私たちの場合、年齢的にも考え方もだいたい一致していたので本当にやりやすかったです。
いろいろ面倒な仕事はあるけど、案外楽しく終えることができました。
相棒のお宅におじゃまして、(うちはちびさんが寄ってくると仕事にならないので)コーヒー飲みながら、お菓子食べながら、何時間もだべってました。
本題はほんの30分ぐらいですませてたりして。
娘たちもそのうちに
「Hさんとこにいったなら、当分帰ってこんわ。」
なんて言うようになってしまいました(^^;
これからも末永くおつきあいしたいっていう気持ちです。

タミフル

リンクにも載せた「カンガエルーネット」で読んだ記事。
インフルエンザの特効薬とされているタミフルで重篤な副作用があるということです。
一時的に精神錯乱状態になり、発作的に自殺してしまったという例があるそうです。
770万件に14例。
数としてはごくわずかかもしれません。
でも、そのわずかな1例に自分や家族がならない保証はないのです。

病気で命を落とすこと。
病気を治すはずの薬で命を落とすこと。
病気を防ぐワクチンで命を落とすこと。

どれもありうること。
どの道をたどったとしても残された者の無念さははかりしれません。
私自身はリスクの確率だけで比較することができないと思います。

「進歩」によって手に入れたものが私たちに「選択の自由」を与え、「選択の責任」を課してきます。
聖書にもあるように
「知識が増えると悩みが増す」
と痛感します。

春の予感

だんだん春が近づいてきました。

PTA役員の仕事ももうすぐ終わり。
3月分の旗当番表を作ること。
3月分の保健の集金をすること。
子ども会のお別れ会を運営すること。
これが終わればお役ご免です。

PTA理事会の打ち上げが待っています。
地区の役員でもお食事会の予定があります。
地区大役の引き継ぎの会合も。
卒業式の後には地区の卒業生親子でランチをする風習もあるらしい。

そこに職場の「ご苦労さん会」のお誘いもあったのですが、丁重にお断りしました。

なんだかんだいって忙しい年度末になりそうです。

休日診療

2歳の長男、熱があがったり下がったり。
私は熱自体はそれほど心配していないんですが、きのうふと足を見ると黄色っぽく見えたんです。
「ひょっとして肝臓?」
とか気になりだしたら心配で、廃品回収のあと「休日診療所」に向かいました。
ガラス戸を開けると、そこには待たされている人々。
ドアが開くと寒風が吹き込む玄関先や階段に小さな子どもを抱きかかえた人や、おでこに「熱冷まシート」をはった子どもがいるんです。
ちょうど知り合いがいたので聞いてみると、もう1時間も待っているとのこと。
「こんなところにいたらますます具合が悪くなる」
と思い、早々に退散しました。

でも不安はまとわりつきます。
思い切って、移転したらしいかかりつけ医に電話をかけてみました。
すると、
「何分ぐらいで着きますか?」
とあっさり引き受けてくださいました。
検査の結果はB型インフルエンザ。
不安の元だった「黄色」は気にしなくてもいいと言われました。
肝臓なら白目も黄色くなるって。
「いまさら抗ウィルス薬を飲んでも峠はすぎているでしょう。
鼻水や咳がひどければ、症状を抑えるお薬を使うことも考えられます。
それほどでもないようなら、このまま様子を見ることもできます。
まだ2,3日は熱が出るでしょうが、出かける予定もないようなら、様子を見てもいいと思います。」

私はこれを聞きながら一人、感動を覚えていました。
もうけのために不要な薬を出すようなことはしない姿勢に。
病院での検温で38、9℃あった息子に解熱剤は処方されませんでした。
インフルエンザの場合特に解熱剤は危険だと言われています。
それでも高熱を恐れる親を安心させるために解熱剤が出されることは多いのです。
うちから車で20分はかかるので決して近くではないのですが、この先生なら信頼できるという気持ちがますます強くなりました。

3ヶ月連続掲載!

DSCN1357
長女が漫画雑誌に投稿したイラストがまた載ったんです♪
今回はこんなキャニスターを頂きました。
ますます熱がはいりそうです。
そして、次女は
「いいな〜」
とライバル意識を燃やしています!



次女はようやく熱も下がりました。
あまり食欲がなかったので、これからしっかり食べて回復してほしいな。



長男はまだまだこれからみたい。
熱はあっても基本的に元気なので助かります。



とうとう・・・

とうとう長男にまで来てしまった(−ロ−)
あの乱暴者のもっくんがし〜んとしている。
寝転がってじ〜っとしている。
近づいても蹴飛ばさない。
やっぱりやんちゃ坊主はやんちゃでなくちゃね・・・。

 りーちゃんのほうは結局水曜日に学校に行っただけで、今週はお休みになりそうです。
完全に直して来週に臨みましょう。
お薬大嫌いなのが困りもの。
今回まだ一回しか飲んでないんです(><)
でも私的には「自然治癒力でがんばれ!」って応援していますが・・・。

きのうのこと

帰ってきたら長女が
「おかあさん、メール読んでくれた?」
実は読んでいませんでした(^^;
仕事中は音も出していないし、身につけてもいないので気づかないことが多いのです。
内容は
「明日体育でグローブが要るから買ってきて欲しい」
ということでした。
しかたなく、長女を連れてスポーツ用品店へ。
ほどほどの値段ので折り合いをつけて、ご希望の「黒い、中がふわふわの」グローブを購入。

帰宅すると、夕寝していた次女が起きていました。
「ちょっと、熱が出とるよ」
とおばあちゃん。
首筋に触ると熱い!
ぶりかえしたのか・・・。
時計を見ると6時半過ぎ。
今ならまだ間に合う。
またまた自動車に乗って医者に向かいました。
着いてみたらなんと休診日でもないのにしまっている!
外の薬局を覗くとどうやら移転した様子です。
が〜〜ん!

幸い道路の向かいにも小児科があって、急遽そちらに向かいました。
そこがまた待たされるのなんのって・・・。
家に着いたのは8時前。
なんだかとっても疲れました。
今度こそ、しっかり治ってもらわなければ!!

雑感

資源ゴミ当番から一日が始まりました。
仕事は1時間年休。
雑誌・新聞紙・古着・ダンボール・牛乳パック・雑紙・缶・瓶・ペットボトルの分別をお手伝い。
真冬なのでさすがに缶瓶類は少ないですね。
作業の合間に世間話をするのもまた楽し。
仕事をしているとなかなかご近所のお母さんたちと話す機会も少ないのでね。

今朝の事件はショックでした。
「学校の危機管理」なんて言われるけど、学校を完全に封鎖するなんてどだい無理な話。
うちの小学校だって正門をしめたところで、その気になれば生け垣の隙間からだって、フェンスを乗り越えてだって入れます。
敷地内に入ってしまえば校舎内への入り口はいくらでもあります。
本気で部外者を入れないようにしようとすれば、授業の合間にいちいち昇降口だの渡り廊下だの体育館への通路だの開け閉めしなければいけません。
1Fの窓は常時全部閉めておきますか?
開けている間はだれかが見張っていなくてはならないことになります。
専属の警備員を配置するしかない?
先生方は教育をするためにいるのであって、警備をするのは本来の仕事ではありません。
「危機管理がなっていない」なんて言う人は、じゃあ具体的にどうしたらいいのか提案して欲しいものです。

プロフィール

ステファニー

Author:ステファニー
プロテスタントのクリスチャンです。
佐藤たけるさんおたくです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザータグ

るろうに剣心 イベントレポ 天皇の料理番 バクマン。 セカネコ PFフライヤーズ 鶴瓶の家族に乾杯! 2010カレンダー 真田丸 何者 懸賞 あさが来た 知多 超ネプの法則 Q10 ピンポン 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
//折りたたみ