FC2ブログ

ぐうたらな土曜日

まだなんとなく倦怠感が残っていて、外は雨。
何もする気になれません。
 
そんな午後、ダンナが子どもたちをTSUTAYAに連れ出したスキにDVDを観ました
 
 
 
久しぶりに「ロミオとジュリエット」。
 
2回目かな?3回目かな?
 

 
ジュリエットの一言一言に一喜一憂するロミオが可愛い
神父様に嬉々として新しい恋の訪れを報告するロミオが可愛い
お遣いに来た乳母をあしらうロミオが可愛い
 
からの、悲劇の始まり。
 
ほんとにベタな話なのに。
展開知ってるのに。
泣いちゃうんだなぁ
 
 
さあ、明日はとんびで泣きましょう

スポンサーサイト

ロミジュリDVD鑑賞

10るろ達成で気持ち的に一区切りついたので、昨夜ロミオとジュリエットを観ました。
 
舞台は2回観ていますが、
「佐藤さん、こんなに声張ってたんだなぁ。」
とか。
「両家のお友だち諸君の顔がやっとわかったよ。」
とか。
「あれ、こんなセリフあったっけ?」
と思うことも時々あったり。
「ここ、大阪では爆笑だったよな〜。」
とか。
「ああ〜!やっぱり神父さまとロミオとのシーン大好き
とか。
 
さすがにDVDだけあって、客席からは見られない角度からの視点がおもしろかったです。
アップで表情がよ〜くわかるのはもちろん、後半の幕開け。
上からのショットとは
 
シーンは、完全に感情移入しちゃってもうドキドキでした。
 
最後には、運命に弄ばれた若い二人に、涙涙。
 
千秋楽の様子も見ることができてよかった〜。
チャンスがあって、可能ならば、やはりこういう場面には生で接しておくべきだったなとも思いましたが
 
 
 
 
今日はまた、なつかしいルーキーズ時代の「東京フレンドパーク」の録画をみました。
まだ19歳?
この頃に、ピアスホールをあけようって思ったけど、
「いずれ時代劇とかやりたいんだったらやめといた方がいいよ。」
って、誰かが言ってくれて、やめたんだよね。
そこから、以蔵→剣心とつながってくるわけで。
 
本当に願ったことは着実に実現して、身になっていってるなぁと思います。
もちろん本人の意思だけでできることじゃなく、事務所の意向や大人の事情やいろいろあるはず。
それでも、これだけ着実に前進できてるってスゴイこと。
この先にどんな成長をとげていくか、まだまだ楽しみな役者さんです


愛しのロミオ♪など

DVDが届きました〜
 
 Dsc_0667

 
○スマートはお高いので、amazo○さんにお願いしましたw
 
実は私、明日が誕生日
なので、自分へのプレゼント的なw
 
とはいっても、今は剣心に惚れてるので、浮気は自重
ロミオ、ちょっと待っててね。
 
今日は仕事帰りにTSUTAYAに寄ってワンオクのCDを借りてきました。
ついでにDVDの特撮コーナーをのぞいたら・・・・・
 
 
 
電王がほぼ貸し出されてしまっている
 
 
 
これはやはり優一くん効果なのか。。。


あるかも

あれだけ毎日毎日愛を誓い合ってきたんだもん。
うん。
あってもおかしくない。
 
でもこのお仕事と恋愛って両立できるのだろうか。
 
 
 
 
佐藤さんが幸せならそれが一番。


ヴェローナ@大阪BRAVA 〜エピローグ〜

仕事の合間に、ぼんや〜〜〜りして、ため息ついてる自分がいる。
放心状態。
この、同じ空の下のどこかにヴェローナがあって佐藤ロミオさんが生きている・・・ってことが、私にとってどれほど大きいことだったのかと改めて知る。
 
ましてや演じてきた方たちにとってはどれほどの「喪失感」だろうかと思う。
毎日交わしたあのセリフを、毎日重ねたあのくちびるを(〃▽〃)、恋しく思わないだろうか。
でも、佐藤さんはもうすでにロミオを脱ぎ捨てて、次の仮面をかぶろうとしているのかな。。。
それが「進歩」であり「前進」なのだけど、もう少し立ち止まりたいと思う私は佐藤さんに置いていかれてしまうかしら。。。
 
 
 
終演後はもう光の速さで「大阪城公園」駅へと向かいました。
途中出口付近でひとさんに遭遇し、あわただしくご挨拶。
橋を超えてコスプレ族を横目に見つつダッシュしていると、
「ステファニーさ〜ん!!!」
という声が
手を振って近づいてきたのはこいもさんでした
大阪までひとさんたちと同じ新幹線に乗っていたらしいのですが、朝は会えず、もうお会いできないかと諦めていました。
そしたらこんなところで
 
こいもさんは昼間はお嬢さんとUSJへ行ってらっしゃったそうで、西宮の時にツネツネしてもらった頬にはペイントが施されていました
急いで駅に向かっている私の風貌を、「真っ黒な服に黒どんぐり」って、ひとさんがメールで知らせて下さっていたそうです。
こいもさんからお土産までいただいてしまって・・・私は何も用意してなくってごめんなさい
次の機会があればきっと
 
そこからは一路我が家へ。
帰りはダイヤの乱れもなく、予定通り帰宅できました。
 
駅で家族に買っていったおみやげは、「京ばうむ」と「神戸ラスク」。
一体どこに行ったんだかっていう・・・
 
もっくんだけは、私の外出先を知らなかったので
「ねぇ、お母さんどこ行ってたの?」
「京都の辺」
「辺ってどこ?」
「まあ、京都の近くってことで。」
「だからどこ〜?」
「はい、おみやげ♪」
ここで渡したのはロミジュリゴーフレット(バニラ味)。
「え〜!?また行ってきたの?」
「そうだよ。」
「だって、もう一回見たことあるのに」
「2回目でも見るよ。
だってね、お母さんは映画でさえ2回見る人だよ?
さら電とか3回ぐらい見たし!」
「うっそー!」
「ね?
映画なんて何回見ても同じ内容だけど、それでも見るんだよ?
お芝居はね、毎回見るたびに違うの。
わかる?」
 
と、わけのわからない講釈でケムに巻いておきましたw
いえ、冗談じゃなく、「お芝居」の楽しみを教えてくれたお友だちと佐藤さんに感謝しています。
ほんとうにありがとう。
そして、いつかまた未来で会える時まで、100万回のごきげんよう
 


プロフィール

ステファニー

Author:ステファニー
プロテスタントのクリスチャンです。
佐藤たけるさんおたくです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザータグ

るろうに剣心 イベントレポ 天皇の料理番 バクマン。 セカネコ PFフライヤーズ 鶴瓶の家族に乾杯! 2010カレンダー 真田丸 何者 懸賞 あさが来た 知多 超ネプの法則 Q10 ピンポン 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
//折りたたみ