何者初日@地元

初日、おめでとうございます!
田舎のシネコンではお客さんは11人でした。
私にとっては「重め」な映画でした。

多少ネタバレ感想です。





淡々と。
淡々と進んでいきます。
周りに一喜一憂はあるけど、見たところ拓人は淡々として。
「三角関係」っていっても、別に拓人は告ってるわけじゃない。

光太郎は太陽だなぁ。
屈託なくて。
嫌みもなくて。
「内定」って全人格を肯定された気がするっていうのはそうだろうなと思うし。
ということは、逆もまた真なりで。

ミズキは家庭の事情もあるから妥協してそこそこの会社で決めた感じ?

売れ残ったのは意識高い系女子リカと冷静分析系拓人。



企業は本当にわかって採用してるのだろうか。

まさか自分が泣くとは思ってなかったのに、拓人が泣くのと一緒に泣いてた。
辛すぎるわ。

結局拓人はどうするのかな。
やっぱり就職はやめて、演劇にいくのかな。


私は就活した経験がないから、昔の就活との比較もできないけど、大変なんだなと思いました。
うちの娘、がんばったんだなと。
ふたりめもあと1年と少しで就活生。
心の中で応援するしかないけど。

こんなに苦労して就職しても、1年経たないうちに過労自殺とかが起こる世の中。

「生きているって楽しい!」と思える人生を送れるよう祈るのみ。
スポンサーサイト

せかねこ4回目

木曜日、中学校の授業参観の後にちょっと時間があったので、見てきました。
ムビチケが使える映画館が、ちょうどいい感じの上映時間でした。
たぶんこれがラスト。

そろそろ感想を書きましょうか。

初めて試写会で見た時は、電王ワールドとかぶって参りました。
ケータイを「僕」に放り投げる悪魔は、オープニングのパスケースかと思ったし。
電話が消えていき、電話ボックスが破壊されていく。
「過去でイマジンが暴れてる!」
というハナさんの声が聞こえてきそうでした。
電話が消えた世界では、「僕」は彼女の記憶から消えてしまっていました。
でも、僕はちゃんと覚えてる。
そう、僕は特異点の桜井侑斗だったのです。

もちろん、すっごく好きなシーンもありました。
なんといっても、DVDを探すツタヤが・・・・・

ラストシーンも好きでした。
まあ、これも「俺、誕生!」を思い浮かべたんですけれども。

疑問なこともいくつかありましたが、4回見る内にこうなのかな?って思うこともあったりします。
電話消滅で彼女とのつながりが消えて。
映画消滅で親友とのつながりが消える。
「死ぬ」ということは、この世からいなくなることで、周囲の人の目に自分が映らなくなること。
大切な人との絆が切れてしまったら、たとえ体が生きていても、死んでしまったのと同じ。
いや、自分からは相手が見えるだけに、むしろ辛いことだと思いました。
時計が消えて、切れた絆はお父さんだったのかどうなのか。
いよいよ猫を消す段になって、猫がお母さんとの思い出だったのだとわかる。
ベッドで目を覚まして、キャベツがいないことに気付く。

実際この時点で猫は消されていたんじゃないかと思ったんですが、どうでしょう。

雨の中駆けだして、ずぶ濡れになって、キャベツを追い求める「僕」が本当に求めていたのはお母さん。
そのとき、「僕」は、もう命と引き替えに何かを消すのはやめようと決心したんだと思いました。

だから、世界は修復され、キャベツは見つかり、ポストには手紙が届く。
お母さんの、淡々とした手紙が、返って胸に迫ってきました。
「あなたのいいところ」は、ありのままの「僕」で。
手紙を持って会いに行った彼女は、ちゃんと僕を覚えていてくれた。
ツタヤも。

それらが全部、「僕」の想像の中で起きたにすぎないのだって考えてもいいけれど。
「死を受容すること」を可視化した、みたいにね。
でも、ほんとにドッペルゲンガーが現れて、取引を迫ったんだって見てもいいよね。
死を受け入れた「僕」は、むしろすがすがしいんだけど、妻も子も見送らねばならないお父さんが気の毒で。

全編を通して本人も「胸焼けするんじゃない?」っておっしゃるほどの佐藤劇場。
十分楽しませて頂きました。

秋には「何者」。
楽しみです。

では、また。

近況報告

もうずいぶんたってしまいましたが。

5月15日(日)には大阪のTOHOシネマズ梅田へ舞台挨拶を見に行ってきました。

2016-05-15 13.23.28

エレベーターはセカ猫仕様^^

2016-05-15 13.26.17

2016-05-15 16.32.21

今回はレポする気力がなくてごめんなさいm(_ _)m

ツバメちゃんは、ようやく最近卵をあたためてるみたいです。
ほんとにスロースターターなのは、我が家にぴったりですよw
無事孵るといいなぁ。

行ってきました

このところなりを潜めておりましたが、実は活動しています。

5月11日。
109での試写会に行ってきました。

2016-05-11 18.54.59

2016-05-11 18.55.46

大方の予想通り登壇はありませんでしたが、やっと映画をみることができました。
今回はできるだけネタバレを避けようと、予告編にも目をつぶり、買った雑誌もほとんど目を通していない状態。
これで安心してあれこれ見られます^^

2016-05-11 21.03.33

劇場には、去年のバクマン。の時のサインが!
この試写会の前だか後だかに、公式さんから突然の告知が!!!!!
なんと、大須商店街に佐藤さんと宮崎産が来られると!!!!!
つれの女性は休暇を取るといいます。
私は午後は確実に休めるんですが、御前は・・・・・・
迷った末に、やっぱりここは勝負所。
やりくりして一日休暇を取りました\(^o^)/

そして、昨日、5月14日。
大須でのイベントに参加してきました\(^o^)/

朝は8:15ごろに現地到着。

2016-05-13 08.19.01 HDR-2

地元でも、こんな招き猫がいるなんて知りませんでした。
この日は劇中のキャベツにちなんで「キャベツ巻き」をしてもらっていましたよw

この時点で16,7人集まっていました。
「順番に並んでますから」
と言われ、最後尾につきました。
幸い石のベンチみたいな所があって、座って待つことができました。

2016-05-13 09.59.21 HDR

8時半をすぎた頃からステージの設営が始まりました。
気の枠組みを組み立てて、釘で固定して、両面テープでカーペット(?)を固定し、体裁を整え、目隠しの白い布を垂らし、放送機材を設置し・・・
1時間半以上かかったのではないでしょうか。

2016-05-13 13.23.30

10時半ごろに、スタッフさんが来て、並んだ順に6人ずつ、観覧位置に誘導してくれました。
みなさん、実にお行儀が良くて、押し合ったりもめたりすることなく待機すること3時間以上。
途中、トイレに行ったり食料を調達しにいったり、出入りもありました。
私も、つれの女性もポータブルチェアを用意してたので、ほんとに助かりました。

定刻が近づくと、こちら向かって車が走ってくる度に会場にざわめきがw
そしてとうとう、大形の名鉄タクシー2台が到着!
お二人が登場したのです。

ここからは、ツイッターで拾った画像です。

2016-05-13 21.37.13

2016-05-13 21.41.45

今回は全くメモを取ってないので、レポは不能です。
覚えているのは・・・

MC: 初めての饗宴でお互いへの印象は?
佐藤: 未だにつかめない。
    まるで猫みたい。
    今日は心を開いてくれたかな~って思うと、次の日はよそよそしかったり。
宮崎: 猫っぽいといわれたことはないけど、そうかもしれません。
佐藤: 機嫌がいいときとそうじゃないときの差が激しい。
    機嫌がいいと、スキップするからすぐにわかる。
    今時スキップする人はそうそういないです。
    分かりやすい人。
宮崎: たしかに。しますね、スキップ。
MC: 宮崎さんからは?
宮崎: よく人を見てる。
MC: 目力が強いとよくいわれますよね。
宮崎: じっと見てて、見透かされている感じがして。
佐藤: よくいわれるんですけど、別にじーっとそっちばっかり見てるわけじゃないですよ。
    ていうか、僕が見ているってことに気付くということは、そっちも僕を見てるわけでしょ?
宮崎: なんか気配を感じて振り向くと、こっちを見てるっていう感じ。
    で、「なにかいいことあったの?」って見透かされてる。
佐藤: はっはっは!そりゃわかるでしょ!
    スキップしてたら、何かいいことあったのかな~ってことぐらい。
宮崎: たしかに。

あと、こんなのも。

佐藤:(会場に) 猫飼ってるよーって人!?(会場挙手)
    (会場に) じゃ、犬飼ってる人!?(会場挙手)
    互角ですね。
    猫飼ってる人は分かると思うんですけど、猫ってあまり感情を表さないじゃないですか。
    犬はわかりやすけど。
    今回猫と一緒の仕事ってことで、撮影に時間がかかるだろうなと思ってたんですが。
    全然。
    パンプ君は一度もNG出してないですから。
    「待て」ができる猫なんです。

佐藤さんちの猫の話もありましたね。

佐藤: 家族が猫の写真を送ってくれて。
    キャベツ巻きにしたのを。
    すっごいいやそうな顔して写ってましたw

MC: 名古屋といえば!どうですか?佐藤さん。
佐藤: それはもうひつまぶしでしょう。
    名古屋に来たら必ず食べることにしているんですが、今日は食べれてませんね。
MC: 宮崎さんは?
宮崎: 私もひつまぶしです。
MC: 今回は食べられてないそうですが、ぜひおうちでも作って…
佐藤: いやいや。それは違うでしょう。名古屋だからこそ。
宮崎: 名古屋だから食べたいんですよね。

その後のLINEで、無事ひつまぶしを食べたというご報告がありましたねw

最後のご挨拶はこちらで聞くことができますよ!
宮崎さんの挨拶はこちら

実はこのイベント中に
「インドネシアから来ました!」と叫んだ方がいらっしゃって。
この方が、Tumblrでのフォロワーさんのお友だちで!
なんと、イベントの後で一緒にお茶をして帰ってきました。
交換留学生で去年の秋から日本に来ていて、日本語もぺらぺら。
世界は狭い!
まさにクローバル!

昨夜のAStudioでも大友監督がメッセージで言っておられましたが、海を越える日は近いのか。
まだまだこれからが楽しみな俳優さんです。

今日はセカネコ公開初日。
私は地元の映画館で朝一で観てきました。
ネタバレはしませんが。
試写会よりも深く考えさせられました。
明日は3回目を見ます。
お友だちのおかげで参加できることになりました。
楽しみです。
大阪、待っててね~~~!

解禁!

新しいお仕事の情報解禁!

いや~久しぶりですよ。
料理番以来じゃないのですか?
どんだけ待ったことか・・・

プライベートでも親しいらしい朝井リョウ氏の小説を実写化。
2月26日にクランクイン?
3月末には撮り終えて?
10月公開!
めっちゃスピーディー(@@)
セカネコを待ってるうちにできちゃう感じ?

しかし豪華キャストだから、いろいろと競争率高そう(^^;

まずはセカネコなわけですが、登壇試写とかないのかな?
公開まであと2ヶ月しかないよ?
プロフィール

ステファニー

Author:ステファニー
プロテスタントのクリスチャンです。
佐藤たけるさんおたくです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザータグ

るろうに剣心 イベントレポ 天皇の料理番 バクマン。 セカネコ PFフライヤーズ 鶴瓶の家族に乾杯! 2010カレンダー 懸賞 ピンポン 真田丸 あさが来た 知多 何者 超ネプの法則 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
//折りたたみ