日本アカデミー賞とスマスマ

バクマン。が、監督賞、美術賞、音楽賞、編集賞、録音賞、助演男優賞で優秀賞GのET!
おめでとうございます\(^o^)/
え?
で?
主演は???
作品賞は???
ほんと謎だわ。
ま、佐藤さんは世界に羽ばたくから!

今日のもうひとつの謎。
SMAPのスマスマ一部生放送。
ファンでもないのに、やはり動向が気になってTV見てました。
全然
「解散しなくてよかったね~\(^o^)/」
っていう雰囲気じゃなかった。
だれも心から出てくる言葉をしゃべってなかった。
なんで謝ってるのか謎だった。

日本の(?)芸能界、何か変だよ。
スポンサーサイト

バクマン。6回目

ここんとこずっと忙しくて、なかなか映画を見に行けないまま3週間がすぎてしまっていました。
そろそろ公開1ヶ月を超えて、回数が減ってくるので、なんとかムビチケを使わないと!!!
ってことで、日曜日の午後、ちょっと無理してTOHOシネマズに鋳てきました。

うちから2番目に近い、スーパーに入ってるシネコン。
車で20分ほどで行けるんですからありがたいですよね。
せっかく足を伸ばしたので、酒屋さんをのぞいてみました。

というのも、やっとこさ佐藤さんのウィスキー「知多」CMが解禁になったから\(^o^)/
フライングでコレのお手製ミニチュアをいただいたのは、完成披露試写の日ですから、9月9日でしたよ。
知多」の発売が9月1日でしたから、随分間が空きましたよね。
で、いつも行くスーパーには全く佐藤さんの気配がなかったので、こちらはどうかな?と見に行ったわけです。

すると・・・・・
いたいた!
・・・・・っていうか。
う~ん、これはどうなんだ・・・

2015-11-01 15.10.39

肝心の佐藤さんが隠れているじゃないかーーー!!!
これでは売り上げが伸びませんわよ!!!
じゃ、ちょいとめくって・・・

2015-11-01 15.10.30

こうでなくちゃね・・・
う~~ん、このポスター、頂けないものか・・・って迷ったけれど、映画の時間が迫ってきたので、ひとまず退散。

2015-11-01 15.28.03

思ったよりも人がいる!
数えてみたら、少なくとも20人!!
だって、初日でも20人だったのですよ?
ここの劇場はまだ5回まわし。
スゴイじゃないの^^

私の、ひとつおいて右には、小学生男子を連れたパパさんが座っていました。
この方、結構声出して笑ってくれて、ちょっとうれしかった♪

ツボってたのは、「ときわ荘」の北斗の拳ごっごのシーン。
トモガキで、平丸が「じゃ、僕も連載目指そ・・・かな・・・ってとこ。
そして、エンドロールで爆笑してましたw

だれかがツイッターで、ジャンプの編集部のシーンのことをつぶやいてて、それを確かめたかったのですが。
あれは、エイジに「倒しに行きますから!」って言った後だったかな。
廊下を通るとき、右の壁に貼ってある「るろうに剣心/京都大火編」のポスターが、ふぁさって翻るんですよ。
ああ!これか-!って感動しました。

それから、大根監督がつぶやいてた桃屋の「ごはんですよ」も確認w

私、編集会議のシーン好きだなぁ。
あれがあるからリアルっぽくなるっていうか。

あと、これは原作読んでも思ったんですが、「劇中劇」的な、亜城木夢叶の漫画作品があるじゃないですか。
これが、絵もストーリーも完成度高いですよね。
なんか、このアイデアで普通に連載すればいいのにって思う。
こんなネタを惜しげもなく出しちゃう原作者さん、凄すぎです!

映画を堪能したところで、再度酒屋さんへ。←しつこい
そして、思い切ってお願いしてみたのです。
「あの。
 佐藤健さんのファンなんですが。
 このポスターをいただくことはできませんか?」
話しかけたのは、男性の、「店員」というよりは「メーカー派遣」みたいな感じの方でした。
「ポスターはここにあるものだけなので・・・
 それと、お客様はそんなことはないとは思いますが、ネットオークションなどに出される方がおられるので、そのようなご要望には応じないようにとメーカーから言われておりまして。
 特に嵐関係はそうなんです。」
とのこと。
がっかりだわ・・・
でも、ちょっと気を取り直して、
「では、せめてこのポスター、ちゃんと見えるように掲示してもらえませんか?」
と突っ込んでやりました。
「そうですね。」
と、さっそく値札の位置をつけかえてくれました。

愛知県産のウィスキー、知多
佐藤さんが愛知県とつながってるっていうだけでもすごく嬉しいなぁ~。

「バクマン。」感想

ここまで、都合5回鑑賞しました。
そのうち4回は佐藤さんにお目にかかれるという幸せに浴しました!
ありがたいことです!

原作漫画も買って読みました!
映画よりもさらに密度の高い、純愛、根性、創意工夫のあふれる素敵な漫画でした。
もし原作を先によんでいたら、やっぱり気になるシーンや、登場人物が出てきますよねえ。


ネタバレありますので、まだ見てない方はぜひごらんになってから^^


お気に入り(順不同)♪

・佐藤さんのコケっぷりw
・パチンコ屋の福田さん。
・「おじさんは関係ない!」は志々雄に「狙いは拙者でござろう。あの人を放せ!」と言う剣心の匂い。
・「お願いします。やらせてください。」の冷静さ。
・サイコーが倒れて、友情の助っ人が集まってくるとき、仲居さんに電話しますよね。
 ケータイが震えて、そばにある袋菓子が少しずつずれていくとこ。
・仲居さんが助っ人として登場。部屋の雰囲気を見渡して、だんだん気持ちが高まってきて、呼吸が荒くなり、ついに服を脱ぎ始める!
・エイジの手をつかむサイコー。
・平丸の全てw
・原作読んだら、最後の黒板のシーンが100倍楽しめました!


「キャストが逆」論争について:

キャスト発表の時には圧倒的に「逆だ!」という声が多かったらしい。
映画が公開されて、「これでよかった!」という意見を多数見てきました。

私は原作を読んでなかったので、そもそも逆かどうかと言うことがわからなかったので。
試写で見た時には全然問題ないと思いました。
地で行けるオタクの神木君と、目力の強い佐藤さん。
当て書きされているだけあって、それはそれはぴったりでした。

で、私の主義として、映画を観てから原作漫画を全巻買って読んだのです。
それが公開初日の帰り。
読了して、舞台挨拶のある大阪と東浦に臨んだのです。
そしたら、やっぱり逆な気がしてきた。
あー、つまり、漫画の設定的には断然シュージンのほうが賢いです。
映画のシュージンは漫画に関してはオタクっぽいけど、知性的ではない。
佐藤さんは、「リュウはサイコーでも演じられただろうけど、自分にシュージンはできなかったと思う。」とインタビューで言っています。
が、それはリュウくんに会わせてシュージンが描かれているから。
もし原作寄りに、知的なシュージンだったとしたら、全然シュージンは佐藤さんだって気がする。
逆のキャスティングでも見てみたいなぁ。

全国BAKU走! 1MAN。人舞台挨拶@梅田

大阪は梅田のTOHOシネマズで行われた「バクマン。」大ヒット御礼舞台挨拶1回目のレポです。
ツイッターでもつぶやきましたが、もう少しニュアンスが伝わるようにまとめてみました。
もしよろしかったらどうぞ、お楽しみ下さい^^

この日の席は前から5列目の一番右端でした。
そして、お二人が登場したのは舞台袖、右側の扉から!
キャーーーーー!!!
目の前に!!!
まぶしい!!!

S: こんばんは。佐藤健です。
 ここにいらっしゃるのは、見終わった直後の皆さんですかね?
 どうでしたか?
(会場拍手)
 終わった後なので、もう何でも話せるので、質問に答える形式で楽しくできたらと思います。
K: こんばんは。神木隆之介です。
 今日は来ていただいてありがとうございました。
 何でもしゃべれるので、楽しくできたらいいなと思っています。
 よろしくお願いします。

MC: 大阪まで来ました。
S: そうですね。
 朝は福岡にいました。
 そこから徐々に西へ向かってきています。

K,MC: …
S: ?
MC: 東です。
K: 東だね。
S: (ハッとして)ありがとうございます!
 言ってもらわなかったらずっと気付かなかった。
 一旦西に行って、そこから東に来ました。
 ここが7回目ですね。
 元気出すわ。

MC: では、感想など聞きながら進めたいと思います。
 今回は、質問される方に舞台に上がっていただきたいと思います。

(キャーーーーーーーーーーー!!!)
 赤い服の方、舞台の方に。
(女性おふたりです)
S: 何でそういう意地悪すんの?←MCいじりw
MC: ただ単に見やすいっていうことなんですけど。
 (質問者に)こけないようにね。上がって下さい。
S: こんにちは~。
K: こんにちは~。どうも。
MC: 感想からどうぞ。
女子: … … … (パニック状態で声にならないw)
S: (優しく)見てたの?
 うん。そうですよね。
女子: え…もう…どうしよう。すごい…
MC: 落ち着いて。
女子:みなさん、カッコよかったです。
S: ありがと。
女子: 言葉に表せなくて…どうしましょう…
S: そうですね。どうしましょうね。
女子: すごくカッコよかったです。
 ちょっと待って。わからん!

S: ひとつだけ質問できますので。
女子: 何言おう…
S: 何でもいいです。
女子: 関西弁をしゃべっていただけますか。
S: なんでやねん!
K: ○○すぎるわ!(←テンポのいい切り返し。でも覚えてない><)
S: うまいね。何でそんなにうまいの?
K: 埼玉出身です。
S: おかしいなぁ。
 いいんですか?こんなんで。

MC: もう一人の方は?
女子: 好きな音楽は何ですか?
S: いいね。普通で。
K: オレ、ここんとこワンオク聞いてる。
 たけるくんもずっと前から、TAKAくんとか仲よくて、ね?

S: オレはワンオクとラッド。
K: うん。聞いてた聞いてた。
S: ありがとう。

舞台から降りる女子ふたり。
足下があやしいお二人に、MCさん、「巻き込まないで!落ちるから!」と。w

S: 次は、今日誕生日の人!
(会場 一瞬静けさ。でも、一人手が挙がった!舞台に上がったのは男女のふたり)
S: もしよろしければ。
K: おめでとうございます!
S: Happy Birthday!
 こんにちは。
 お誕生日なんですか?

女性: はい。
S: (男性に目をやって)えーっと…
女性: 友だちです!!!!!
S: まだ何も言ってないですよw
 早かった!

女性: 名古屋から来て。
 映画、めちゃくちゃ面白かったです。
 音楽が好きで、サカナクションの音楽で。
 まさか映画を観て縦ノリするとは思いませんでした。
 神木君がアイデアを思いつくところの音楽とか、だんだん盛り上がっていって、鳥肌が立って、どうしようかと思いました。

S: 音楽映画ですよ、これは。
女性: 質問ですが、おしゃれイズムを見ていて、すごく愛を語っていたんですが、グッときたところと可愛いところはどんなところですか?
K: そうですね。
 僕からすると大人のお兄ちゃんて感じで。
 4つか、5つ離れていて。
 頼りがいのあるお兄ちゃんなんだけど、コク、コク、って寝てるところがさらに親近感を増すところがカワイイです。

S: 僕も。寝顔です。
K: お互い見てんじゃん!
S: 無防備に寝る系。
女性: 恋人みたいじゃないですか。
S: 何か問題でも?

な に か も ん だ い で も ?

S: お友だちの方、言いたいことがありましたら。
男性: 小松さんは綺麗でしたか?
K: ヒロインですから。
S: 実際の方が100倍綺麗。
 まつ毛がこんくらい。
(指で示す。5cm以上w)
 おかしいぐらい!
 白いソックスがあんなに似合う子は見たことない。
 大根監督が力を入れて撮ってたから。


次の人!となった時もうみんな必死w
どうしようかとなって、「セーラー服!」という声もあがったけれど、MC氏が選んだのは…

S: 赤い服を着ていたからですね?
MC: つい目について…。次の回は青にします。(会場の青い服の人からブーイング)

舞台に向かって行ったのは女の子二人組。

S: さっきまでの勢いどこにいったの?←
 もうこの際手を挙げてる人全員上がったら?

MC: それは…
S: それともこっちから行く?
MC: え…客席にですか?

いや、大混乱になりますって!

女子: えっと…
 ヤバイ…!
 2回目です。映画見るの。
 あ、ヤバイ…。
 演技が上手って、すごいと思って見てました。
 あ、ムリ!わからん!!!
 脚が…止まらないんですけど…

(脚も声もめっちゃ震えてる!会場から、がんばれ!の声援)
 原作からメチャメチャ好きで、お二人がするってなって、めちゃくちゃ、、、
 あ、あ、

S: ちょっと.こっち来たら?

そう、お二人はとっても遠くに立っていたの。佐藤氏、優しい!

女性: メッチャかっこよかった。(泣いてる!)
S: うん。ありがと。
 聞きたいことがありましたら。

女性: さっきワンオクとラッドが好きって言われたんですが、1番好きな曲はなんですか?

いい質問!

S: ラッドだと、染色体の、24本だっけ?
 ワンオクは…難しい。全部好き。
 それでお願いします。ごめんね。

K: ワンオクは僕たちの映画の。最期編の。ハートエイク。
 ラッドは…謎々とか。
 あめおとこって読むのかな、あれ。雨に男に子って書くの。
 ラッドは学生の時すっごく聴いてたので、すごく好きです!

S: ありがとう。足下気をつけて。

終始脚が震えっぱなしの女子。
MCさんに「生まれたての子鹿のよう」と形容されていました。
佐藤氏は「斬新な降り方」と。

MC: お時間がきてしまいました。
 最後にお二人から。

K: 来て頂いて本当にありがとうございました。
 一生懸命作ったので、見て楽しかったと思ってもらえたらうれしいです。
 さらに、何回でも見て頂けたらと思います。
 ありがとうございました。

S: あっという間ですみません。
 もっとゆっくりしたかったんですけれど。
 映画は自信作と言える作品に仕上がっています。
 みなさんに、たくさんの方々に見て頂きたいと思っています。
 もしよかったと思った方がおられたら、ぜひ周りの方に広めて頂けたらと思います。
 楽しかったです。
 またお会いしましょう。


ステージに上がった方たちはみなさん、おふたりと握手をしていかれました。
うらやましい^^
でも、聞くところによると、このあとのなんばでは、ハグがあったと!!!!!
はぐ!!!!!
なんてこと!!!!!
ああ、でも人がハグされるのを目の前で見るのは辛いかもしれない。
うん。
これでよかった。
楽しい舞台挨拶でした!

全国BAKU走! 1MAN。人舞台挨拶@東浦

バクマン。」大ヒット御礼舞台挨拶。
ちょっと順序が前後しますが、やっぱり地元の名古屋からレポしたいと思います!

名古屋、というか、知多郡にあるTOHOシネマズ東浦の舞台挨拶2回目に行ってきました。
速報的にツイッターにもあげましたが、まとめた方が見やすいかなと思いましてこちらにも掲載しておきますね^^
では、いつものごとく妄想60%増しでよろしく!


この名古屋のMCさんがすっごくフレンドリーな方で、「ねえ、みんな!」的なノリ。
で、ファンの心理をものすごくわかってらっしゃる方だなと思いました。
会場を乗せるのが上手!

MC: 今回の舞台挨拶は、私はほとんどしゃべらないという。
 会場の皆さんからの質問で進めていく形になります。
 覚悟はいいですか?
 では、おふたりに登場して頂きましょう~!

S: こんにちは。佐藤健です。
(会場キャー!)
 ありがとう。元気がいい!
 昨日10回舞台挨拶をして、今日明日と全部で23回なんですが、名古屋はこれが4回目で。他の地区より多めの設定になってますね。
 まだ上映前ということなので、元気もあると思うので楽しんで頂けると嬉しいです。

 (マイクをお手々でポンポンする動作)
K: こんにちは。神木隆之介です。
 今までやってきて、先程言われたように、みなさんとお話ししながらなので、楽し時間になるといいなと思います。

MC: 愛知はここが最後と言うことで。
 どうでしたか?

K: すごい、ぼくらが言ったり答えたりた時の反応がすぐに返って来るのが嬉しいです。
 熱いメッセージを感じるので。

S: 大好きですから!
 本当に好きです。
 サービストークとかじゃなくて。
 名古屋が一番楽しみです。
(たぶん、これ、食べ物的にだとw)エヘヘヘヘ。
MC: それではさっそく質問の方に行きたいと思いますが。
S: そうですね…。
 みなさんの代表で質問してもらうんですからね!
 いいですか?
 じゃー、信用します、あなた!

MC: 男の方ですね。ごめんなさい。

(当てられたのは実質最前列の男性。 この人がスゴかった( ̄O ̄;) )

S: 学生さんですか?
男性A: 社会人2年目です。
 実は神木くんと同じで。22歳です。

K: おお!がんばっていきましょう!
男性A: バラエティよく見てて、しゃべくり見てた時に、カメラがとても好きということで。自分も健くんを撮りたいなと思ってて。
 ホントに撮りたいです!!!

K: でしょ?ほらぁ!
 信じてよかった!
 わかってくれる人がいるんですよ!

男性A: 写真集を絶対に出してください!!!
 モーソーの力で自分が撮った気になるので!!!

S: 自分は撮れないので、せめてりゅうに撮ってもらいたいと、そういう意味ですね?
(冷静に翻訳する佐藤氏お疲れ!)
K: 結構裏で撮ってます。
 昨日寝てたところも撮ってます、ちゃんと。


ち ゃ ん と !!!


(それに答える男性A)
男性A: ヤバいですね!!!

ヤ バ い で す ね !!!

K: (男性Aに)ぜひカメラさんになって。。。
男性A: (かぶせ気味に!)将来ディズニーランドで働きたいんです!
 ディズニーランドで写真を撮りたい。

K: ディズニーの専属カメラマンになりたいんですね?
男性A: キャストさんとかキャラクターとか撮りたくて。
 それがちょうど神木くんとか健くんとかと重なるっていうか…

K: オレと似たような…
S: 一緒だね。
(男性Aに)撮ってるから大丈夫。
 撮ってるから。
 ね。
 こんな感じでいいですか?
 がんばってディズニーランドのカメラマンになってください。


何とかたたんだ佐藤氏お疲れ!
一時はどうなることかと思いましたw
たたんだ後、ちゃんと男性Aにサムアップしてあげる佐藤氏の優しさ!

次は「ど真中」縛り。
二人で会場を見渡しながら、「この辺が真ん中?」「いや、ここが中心じゃない?」って腕をまっすぐ伸ばしながらセンターを見極める。
かわいいw
白い服?で黒髪の女性が選ばれました。

S: 一番いい環境で映画見る方ですね。
(マイクを手渡されて)
女性A: こんにちは。
 キャハハハハ …。
 考えてなかったんですけど…

(て、ハイハイ手挙げて当てられてから考える小学生か!www)
S: 代表してるからね?
 責任重大ですから。

女性A: 高校生で、テストがあるんですけど。
 …あ、間違えた!
←ヲイ!
S: 聞く相手を間違えたの?
 失礼だな!
 勉強なら教えられるぞ!(全然怒ってないw)
女性A: (仕切り直しw)高校の時の夢は何ですか?
S: もう、本当になかった。どこに行って何をしたらいいのかがわからないという悩みを持っている高校生だった。
 ぼんやり役者が好きだな~とぼんやり思っていたら、声をかけてもらって、スカウトされて。

K: 俳優…?
S: て、もう俳優してたよね?
 聞く相手間違えてるわ。
 ちょー間違えてる!
 ごめんな。


そらそうだ!芸歴20年だもんね。

K: でも、学校の中での目標はありました。
 それでいいかな?
 100点取るとか。

S: で、取ったんでしょ?
K: 取った。100点。世界史で。
 よかったです。
 こうやって今でも言えるので。

S: 甲子園に出た、みたいなことね?

さあ、次の人は「後ろの方の人」縛り。
たくさ~ん手が挙がってます。
そこで、さらに、「今月誕生日」追加。
それでも複数いたけど、
「私、明日誕生日!!!」と叫んだ人が勝ち取りました(*^^*)

S: あした?おめでとう!
女性B: えと。
(隣のお友だちと相談してるっぽい)…いい?やっぱさ…いい?
 えと。
S: いいよ。えとー。

佐藤氏にまねされる女子www

女性B: えと、好きな女性のタイプはどんなタイプですか?
S: (りゅうくんに向かって)オレ、りゅうのタイプ、聞きたいな。
 意外と聞いたことない。

K: 甘いものをすごく幸せそうに食べる人。
女性B: 私です!!!(←何度も叫ぶ。でもりゅうくんにはなかなか聞こえないw)
K:甘いものじゃなくても、 いっぱい食べて、「あっ、幸せ〜〜。あ〜〜」みたいな人。
 こぼれそうな笑みを浮かべながら、わーっ!と食べる人。

S: わかる!
 オレはしゃべらないタイプだから、しゃべって欲しい。
 しゃべってくれる人!

女性B:はーい。
S: これでいい?
女性B: はーい。

すごく間延びした「はーい」www
りゅうくんの時の「私です!!!」のテンションどこいった?www

次は「逆の後ろ」縛り。
マイクが届くのを待ちながら、
S: カメラマンになりたい青年がめっちゃ見てくる!
 構図探ってる!www

女性C: 今キュンキュンすることがなくて…
S: 何歳?
女性C: 18歳。
S: ヤバいな。若いのに。
女性C: だから、みんながキュンキュンする言葉を言ってください。

これはナイス質問!

MC: いい質問ですね!
みんな、彼女に感謝しよう!
手合わせよう!


会場のみんなは後ろを振り向いて合掌(^人^)www
一気に高まる連帯感\(^o^)/

S: 神木さん、よろしくお願いします。
 ホント、苦手なんですよ。

K: じゃ…がんばりまーす!
 …
 …
 ホントにオレ、会えてすごくうれしいです。
 ホントに大好きです。
 幸せです!(キャーーー!)
 …
 …
 すみません………

S: 難しい!もうっ!
 ムズイよ、ホントに。
 ちくしょー!
 やだー!
 やんなきゃいけないの?

MC: (会場に)このままでは帰せないですよね?

会場からは「ダメーーー!」の叫び。
MCさん、「私もみなさんの側だから!」と客席側に立って佐藤氏と向かい合う。
りゅうくんまでMCさんの隣りにwww

S: ムリだもん。
 態度で示すタイプだから。
 ちくしよー!
 態度で示したいよ。
 そっちにダイブして行きたいよ。
 …
 …
 …
 愛してるよ。
 …


佐藤氏の、あの声で、
あ い し て る よ。
会場死者多数。

K: いいね。いい一言!
MC: アンコールしたいね!
 やめますけどw

S: ほんとにまったく。
 18歳なのに。
 やられましたよ。
(困惑の演技w)

次に選ばれたのは赤い服の男性。

S: 高校なんじゃない?
男性B: はい。
 えと、あの、2人ともすごいカッコよくて。
 高校の時彼女いたと思うんですけど、エピソードとか教えてください。

S: ホントに恋愛体質じゃなくて、好きな人ずっといなかったんですけど。
 思い出ないんですけど…
ケンタッキーに行ったかな。一緒に。2人で。
 そんな思い出があります。


ちょ、これは初耳だーーー!

MC: みんな~!ケンタッキーに行くって妄想しよー!(←ほんとフォローが上手!)
K: オレはどっちかっていうとモテない人だった。
S: ほんとすか?
K: 人望があったという自信はあったけど。
 人望を取ってモテを捨てたw
 高1とか好きな人いて。
 頭ポンポンしました。
 そしたら「あははー」ってやられた。
(手で払う動作)
S: 照れ隠しなんじゃない?
 高校で、ハードル高いことやったね。

K: 少女マンガとか読みまくってがんばったよ。

りゅうくんの、がんばりの方向性www

MC: ということで、楽しいお時間はすぐに過ぎてしまいますね。
 そろそろお時間です。
 では、最後にお二人から。


ということで、いつものように、「映画を楽しんで下さい。もしいいと思ったら周りに広めて下さい。繰り返し見て下さい。」的なご挨拶でした。

MCさん、ほんとに会場の味方でした!
本当に楽しかった。
昨日はお客さんが舞台に上がる形式だったんですが、どうしても時間のロスが出るんですよね。
上がった人は最高に幸せだけれども。
まだこの先北海道、仙台、埼玉、東京と続くんですね。
がんばって~!
バクマン。最高!!!
プロフィール

ステファニー

Author:ステファニー
プロテスタントのクリスチャンです。
佐藤たけるさんおたくです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザータグ

るろうに剣心 イベントレポ 天皇の料理番 バクマン。 セカネコ PFフライヤーズ 鶴瓶の家族に乾杯! 2010カレンダー 真田丸 何者 懸賞 あさが来た 知多 超ネプの法則 Q10 ピンポン 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
//折りたたみ